REYNOLDSのAR41とかいうリムに泣かされた、という話。

よく来ていただいてるお客さまが、

「チューブレスタイヤがはまらねえ~」

と、泣きついてこられたんで「ほいほ~い」と、安請け合い。

んで、よくよく見るとコレが最悪。

3日間くらい試行錯誤を繰り返してレース前日のお昼に遂にビートが上がりました。
ふー
マジで焦ったぜ。

さて、、、

このレイノルズのカーボン製リムで、AR41とかってやつ、
なにが最悪かっていうと、、、

リム幅を内側から測って31mm幅
タイヤはIRCのちゃんとしたチューブレスレディでシクロクロス用32c
リム幅とタイヤ幅がほぼツライチでコンプレッサーで空気を入れても全然ビートが出てきませ~ん。

しかもリムの内側にタイヤを保持する凸凹が無いため、
チューブ入れてタイヤをはめても、空気抜いたらビートがすぐに外れてしまうんでチューブ先入れ法も使えませんでした。

このリム、設計間違えてるんちゃいますの。。。

ちなみに32cタイヤはめて、
実測で、、、

35mm

あかんやん(笑)

アウトやんコレ。

(シクロクロスでは基本的にタイヤ幅33mm以下というルールがございます)

まあ、空気圧5キロ入れてたんで、2キロ以下にしたら細くなるんでしょう!
知らんけど。

ちなみに、最終的には、、、
バルブから空気入れつつタイヤとリムの隙間からエアガンでさらに空気を送り込む、、、
という方法で成功しました。

「おお、そうか。エアの流量をもっと増やせば良いのか」
と、言うことが判り、勉強なりました。
m(_ _)m

ついでにモノタロウでエアガンを見てると、モデルによって流量がけっこう違うんですねえ。。。
へ~
流量大きいやつポチっとこっと。

2018年11月11日 | Category : お知らせ | Author : 木村 敬

PROPEL ADVANCED PRO 1

PROPEL ADVANCED PRO 1

定価で400,000円税別のモデルです。

2018モデルから新型フレームとなった、PROPEL DISCの、、、
DISCブレーキじゃないキャリパーブレーキ
機械式R8000コンポ
仕様の完成車になります。

このカラーリングも激シブですな。

この最先端のエアロロードはDISCブレーキを装備することにより最良の性能を発揮するんですが、、、
DISCブレーキにDI2コンポだとやはり、、、お高い。

お客様の中には、、、

「このフレームデザインが気に入っただけなんで、DISCブレーキは妥協するぜ!」

と、おっしゃって頂ける方々も意外に多かったんで、、、
(専用)キャリパーブレーキ、機械式R8000コンポ仕様でPROPEL ADVANCED PRO 1は発売されたのです。

油圧DISCブレーキ、DI2 R8000コンポ仕様のPROPEL ADVANCED PRO DISCが定価63万なのに対し、
PROPEL ADVANCED PRO 1は定価40万。。。

40万でこのエアロロードに乗れるのは安い。
と、考えた方は想像以上に多かったようで、、、GIANTメーカー側も2019年度の在庫が残り少なくなってます。

ESCAPE RX-E+

GIANTのハイパワーe-BIKE、ESCAPE RX-E+の発売予定は2019年1月ですって!
詳細は後述させていただくとして、
性能をモーターが同じと思われる最大のライバル、、、ヤマハ YPJ-ECと比較してみました!

エスケープRX-E+ YPJ-EC
2019/1発売予定 発売中
¥280,000税別 ¥260,000税別
36V-13.8Ahバッテリー
(25.5V-19.5Ahに相当)
36V-13.3Ahバッテリー
(25.5V-18.8Ahに相当)
TIAGRA10速
44T、11-34T
SORA 2×9速
50/34T、11-30T
240Wモーター
最大トルク80Nm
240Wモーター
最大トルク70Nm
シマノ製油圧式
ディスクブレーキ
シマノ製ワイヤー式
ディスクブレーキ
20.0kg 19.6kg

う~む。めっちゃエエ勝負ですな。

バッテリーはエスケープRX-E+の方が大きいんですが、
最大トルクもエスケープRX-E+の方が強力なので電力の消費は大きいと思われます。
まあつまり、、、エスケープRX-E+の方が楽に走れるってことで!

そして車体重量が共に20キロと重いんで、、、
峠の下り坂はドンドンとスピードが出てしまい怖いです!

そんなときに頼れるのは油圧のディスクブレーキ!
油圧のディスクブレーキじゃないと六甲山は下れませんゼ。

ちなみにエスケープRX-E+は変速10速しかないんで、六甲山登れるのか?
と気になるかもしれませんが、、、

●エスケープRX-E+
フロント44Tでリア34Tのギヤ比1.29
脚の回転数70rpmで時速11.7キロ

●YPJ-EC
フロント34Tでリア30Tのギヤ比1.13
脚の回転数70rpmで時速10.2キロ

と、いうことになります。
モーターが助けてくれることを考えるとエスケープRX-E+のギヤ比でも問題無いでしょう。

とりあえず輪心では、、、
ブラックのSサイズ、
アイスグレイのXSサイズ
を、予約しました!

早期ご予約承り中です。
m(_ _)m

早期ご予約特典はナニにしようかしら。。。悩みますなあ。