雪の中、、、KBS和束 3rd Season Part2に行ってきました

もう先週になりますが、、、
1/14に京都のゆぶねMTBランドにて開催された、「KBS和束 3rd Season Part2」というイベントに参加してきました!

前日から既に雪が降り、当日も気温が下がるという情報をもとに、、、
GIANTのFATHOMで、タイヤはMAXXISのマッドタイヤをチューブレスで!

、、、ということで早朝にゆぶねMTBランドに到着!
現地までが既にクルマはスタッドレスで無いとこれない道のりでしたんで期待してましたが、、、
やっぱり白いゼ!

走り出すと汗ダラダラなんであんまし寒くもなく!

皆さん大勢で走りまわるとドロドロっぽくなって来ました(笑)
島田君が撮ってくれた動画は以下↓

http://wagocoro.net/wp-content/uploads/2018/01/img_2511.mov

あざっす!
コースは京都BLANKY DOGの総統閣下が造られてるコースで、
スピードが出すぎちゃうバームの手前に1コブ造ってオーバースピードで吹っ飛んでいかないようにと考えられていたり、、、
スピードが出すぎないよう考えつくされたコースでした。

こういうコース、コース任せに走ると楽しく浮遊感を味わえて楽しいんですが、、、
タイムを競うとなると、ちょいオーバースピードでギャップに侵入、
押し潰すようにプッシュ入れながらバームに突っ込んでいく方向でいくか。。。
と、考えて練習走行をこなしてみました。

ということで上位3人はさすがにタイム別格でしたけど、、、4位でした!

上位3人は20代、
ワタシが40代(笑)
その下が10代が続く。
と、ワカゾーどもの間に割って入ってやったぜ!

1位は貫録のトップエリートライダー様、コメンサル/ブランキードッグのトビー君
2位は輪心ジャージがカッコええ、フレディー!
3位はThinkの、ナオT君!

島田君は転倒(笑)

私はあまりに寒くてチームジャージ着る気になりませんでしたが(笑)
輪心ジャージ着てくれてありがとう!

↓んでレース終わった後は雪遊びしてました。

http://wagocoro.net/wp-content/uploads/2018/01/img_2511.mov

そのあと、天下一品 上朝宮店にてラーメンを食す。
↓待合室

↓店内

ぬあんと、1テーブルで和室1部屋つかいの天下一品ですって!!
すごい、、、

↓ドロレースは、後片付けが大変ですねえ。。。

う~む、WORDPRESSで動画貼り付けるのはリンクしかダメなのかな?!
YOUTUBEに公開せなあかんのかな?

TCR ADVANCED 2 カーボンブラック

2017年モデル TCR ADV 2 XSサイズ ブラック/レッド
定価¥205,200(税込)→現金特価25%割引の¥153,900(税込)

ジャイアントのフルカーボンロードで最も軽量なシリーズがTCR。
その中で105コンポフルキットで組みこまれたモデルが、、、こいつです。

ワイヤーの取り回しはヘッドチューブから出るタイプです。

このタイプはDI2(電動)にしたらキレイになるんですが(笑)
機械式ワイヤーだと取り回しがキレイにならないんすよね。。。

しかもワイヤーの長さに、なが~く、余裕を持たせとかんとイロイロ調子悪くなっちゃうんですよ。
自転車屋的にハンドル周りのワイヤーが長いと、、、ちょっとダサい。

なるべくカッコ悪くならないよう、
変速ワイヤーの取り回し代えて、、、
アウターワイヤーの長さ換えて、、、
と、ワタシの自己満足かもしれませんが手をくわえてからお客さまにはお渡ししていま~す。

フレームの後方に向かうほどすべてのパイプがシュッとしていくデザインです。

シートステイをこれくらい細くできるってコトは、、、

それだけグレードの高いカーボン(東レのT700相当)を使ってるってコトですね。

2017年モデルからものすごい珍しい組み方をしたリアホイールが標準で付いてます。
下の写真では透明のスプロケットカバーは付いたままですが、
整備するときには外して捨てちゃいますよ!

プロペル・アドバンスドと比べてもしなやかなのが、TCRアドバンスドです。
でもコレはVARIANTシートピラーのおかげでそう感じるのかもしれません。

ちなみに、、、

2016 2月号のサイスポで

「これが今のミドルクラスの頂点でしょう」

と、言われたTCR ADVANCED PRO 1(35万円)と、、、

このTCR ADVANCED 2 は、、、

フレームだいたい一緒で~す

 

アドバンスド・プロの方は、ヘッド規格がジャイアントオリジナルに変更されているくらいの差です。

でも35万のに付いてるGIANT製カーボンホイール、だいぶん良さそうなんですよね~!

あのホイールは欲しくなるな~

 

でも値段差みたら20万のTCR ADVANCED 2が良いですよね~

だってこのTCR ADVANCED 2、実測7.9kgなんですよ~!

 

GIANT製カーボンフレームは優れモノなのですよ

以下、過去記事ですがGIANT製カーボンフレームについて大切なことを書いたものなのでこちらにもコピペしときます。

先日、やっと入荷したTCR ADVANCED 2ですが、

次回入荷は4月、、、
ホントはTCR ADVANCED PRO 1も注文してるんですが、
今だ入荷せず、、、
でも、
専用カタログが来ました(笑)
{FC3AA31C-B6FE-4AC3-A345-382396CEEA13:01}

先にモノを送れや~!

 

とか思いながらも、中を読んでいきます。。。

 

ハイ、

 

必読すべきはテキストの7ページ。

 

GIANTは自社工場にカーボンシートを編むための編み機を持っています。

(下記↓写真参考のこと)

他に、この機械を持っている自転車メーカーで有名なんは、、、

{EAD60ADE-FC68-4BFF-A95F-7755FC8F8ACE:01}

TREKですね~!

1980年代ごろ?にTREKがOCLVカーボンを作成するため、アメリカに専用工場を造ったのが自転車メーカーでは初めてだったと記憶しています。

 

その頃からGIANTがTREKの下請け会社として生産技術を向上させていったと言われていますんで、GIANTもカーボン編み機を手に入れたのはTREKからの流れなのでしょう。

 

あと、他にはBMCも持ってますね。

 

ただ、BMCのは最上級モデルであるインペック専用として作られたため、それ以外のフレームには使用されていません。SLRフレームにも使用されていません。

(でもSLR01はサイコーですよ)

自転車メーカーのカタログをいろいろ見ていると、

良くT700とか、T800とかって書かれていますね。

それは東レが市販しているカーボンシートのグレード名です。

 

普通、一流の自転車メーカーでも東レ製のカーボンシートを購入して

カーボンフレームを成型していきます。

 

んが、

 

TREKとかGIANTは、東レからカーボンの糸を買ってきて自社でカーボンシートを作成し、より優れたカーボンフレームを成型しています。

 

だからこそTREKもGIANTも、カーボンフレームの品質に自信が有り、

カーボンフレームなのに永久保証を付けているんでしょうね~!

 

いやあ、GIANT最高っす!

2017 AVAIL 2 ブラック

2017年モデルLivのAVAIL 2です。
このモデルはロードバイクとして入門用なだけあって、バリバリレーサーなTCRとは異なる部分が有り、
ドロップハンドルが初めての方でも乗りやすいように細工された乗車姿勢になってくれてます。
コイツで定価¥78,000です。

2017 AVAIL 2 XXSサイズ
定価¥84,240(税込)→現金特価25%割引の¥63,180(税込)


生涯保証の付いたアルミフレームに、カーボンフォーク。
これに変速器はシマノのCLARISパーツが付いてます。

ドロップハンドルに慣れてない方には助かる、補助ブレーキレバーが付いてます。
おかげでハンドルのフラット部を握れば、クロスバイクみたいに乗ることが出来ます。
後付けすると結構お金かかりますからねえ。。。

サドルには、後で買うと5000円もする高級品が付いてます。
男性に比べて骨盤が広い女性のために設計されたものなのですよ。

CONTEND 2 ホワイト

2017年モデルGIANTのコンテンド2です。
このモデルはロードバイクとしては入門用なだけあって少々ポジションがTCRとは異なる部分が有ります。
まあ乗りやすさ重視でハンドル位置を高くした感じです。
コイツで定価¥78,000です。

2017 CONTEND 2 XSサイズ ホワイト
2017 CONTEND 2 Mサイズ ホワイト
定価¥84,240(税込)→現金特価25%割引の¥63,180(税込)


フロントフォークはダボ穴ついてますけどカーボン製フォークです。

補助ブレーキレバーが付いてます。

コンテンド2は、買ったら¥5,000もするサドルが最初から付いてくれてます。

さらに車体カラーによってサドルのカラーリングも変更されてます。
センス良いですな。

2017年モデル在庫品を25%割引で!

 

 

うう、、、
マズい、またニューモデルが入荷してくるとなると在庫金額が増えてしまう。。。
と、いうことで在庫調整のため(笑)

以下のモデルを、現金特価25%割引にて販売させて頂きます。

ぜひ。
m(_ _)m

  1. 2017 CONTEND 2 Mサイズ ブラック
    定価¥84,240(税込)→現金特価25%割引の¥63,180(税込)
    {F809C54C-45AE-4E8E-BA9B-818439A3F5E9}
    http://wagocoro.net/contend-2%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af/
  2. 2017 CONTEND 2 Sサイズ ブルー
    定価¥84,240(税込)→現金特価25%割引の¥63,180(税込)
    {AD73E405-5E05-4D64-8FF9-781A2173188E}
    http://wagocoro.net/contend-2-%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc/
  3. 2017 CONTEND 2 XSサイズ ホワイト
    2017 CONTEND 2 Mサイズ ホワイト
    定価¥84,240(税込)→現金特価25%割引の¥63,180(税込)
  4. 2017 AVAIL 2 XXSサイズ ブラック
    定価¥84,240(税込)→現金特価25%割引の¥63,180(税込)
  5. 2017 TCR ADV 2 XSサイズ ブラック/レッド
    定価¥205,200(税込)→現金特価25%割引の¥153,900(税込)
    TCR ADVANCED 2
  6. 2017 TCR ADV PRO TEAM Sサイズ
    定価¥367,200(税込)→現金特価25%割引の¥275,400(税込)
    2017 GIANT TCR ADVANCED PRO 1のTEAM
    http://wagocoro.net/2017-giant-tcr-advanced-pro-team%e3%81%af%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%a7%e3%81%99/

 

 

 

 

PROPEL ADVANCED PRO DISCがもうすぐ?

下の写真は去年のGIANT2018年モデル展示会のときに撮った写真です。

2018 GIANT PROPEL ADVANCED PRO DISC
定価は¥648,000(税込)

ついに、Sサイズが輪心にも入荷してくるそうです。
(予定は未定)
(ちなみに今、予約しても納期5月!)

フランスでぺダリングするダミー人形まで造って風洞実験した、新型プロぺル。

新型プロぺルのために専用ステムとハンドルも発売されます。

なんで油圧DISC仕様しか発売されないのかというと、、、
風洞実験の結果、キャリパーブレーキを装備するより
油圧DISC、Di2にして、前面のホース類を全て内蔵にするデザインが最も空気抵抗が少ない、
と、いう結果が出たからだそうで、、、
ブレーキの制動力うんぬんという理由ではなく、
「空気抵抗が少なかったからDISC」
という理由だそうで(笑)

なお、この専用ハンドルとステムを使用して下さいとの事です。

「え?普通のハンドルとステムは使えないの?」

って思ったら、風洞実験によって判ったのは、、、

「普通のハンドルとステムを付けたPROPELは、乗る意味が無い」
んだそうです。

PROPELに限らず、空気抵抗削減を目的とするエアロロードにとってハンドルとステムはもの凄く重要だそうで、
専用ハンドルとステムはディープリムと同じくらい大切な役割があるそうです。

、、、あれ?


2018年モデルで、、、

どっかのアメリカンブランドが、、、

「専用ハンドルとステムを止めてトライアスロンにも使いやすくなりました!」
「専用ハンドルとステムを使わないことによって、¥510,000からとお求めやすくなりました!」

って言われてましたが?!
「すげー!51万でマドン買えるンか!」とビビったけど意味無いんですかね?

ちなみに、PROPEL ADVANCED 「PRO」 DISCのフレームで採用されてる東レのやつと、
51万の普通のハンドルとステム使ってエアロロードっぽく仕上げたモデルで採用されてる東レのやつは同じグレードです。

展示会でちょっと心配になったのは、、、
↓リアホイールを留めるシャフトが、クイックレバー付いてなかったことです。

えっ?!さすがにロードバイクでクイック付いてないのはマズいんじゃ?!

空気抵抗削減のため、消されたそうです。

、、、

あ、六角レンチ持ち歩けば良いそうです!
みなさん、携帯工具くらい持ってるでしょ?

 

NEOS TRACKって、、、

さて、、、

現在、輪心では¥23,760(税込)で
スピード/ケイデンスセンサーがオマケで付いてる!
NEOS TRACK GPSサイクルコンピューター

ですが、、、

現時点で判明している、他GPSサイクルコンピューターとの相違点です。
・GARMIN EDGE520J
・bryton RIDER 530
・bryton RIDER 310
・GIANT NEOS TRACK
以上4モデルを比較してみると、、、

GIANT NEOS TRACKの特徴

●良いとこ

1.液晶がデカい(EDGE520J、RIDER310Cよりも)
(白黒だけど解像度も高くて見やすい)
2.シマノDI2のギヤ位置・バッテリー残量表示ができる
(何気にシマノDI2の残量表示が%で表示されるのは助かります)
(RIDER310Cが表示出来無い)
2.限りなくシンプルな、ルートナビ機能は付いてる
(RIDER310Cが無い)
3.データー転送にWifiが使える
(EDGE520J、RIDER310はbluetoohのみでデーター転送が死ぬほど遅い)
4.スピード/ケイデンスセンサーがほぼ全てのロードバイクに取り付け出来る
(EDGE520J、RIDERシリーズのケイデンスセンサーがフレームに当たって使えない場合がある
5.バッテリー駆動時間最大33時間とものすごく永い
6.ボタンが使いやすい
(bryton RIDER 530は乗車中にOK(進む)/No(戻る)のボタンが、、、信号待ちでも押せない)
7.輪心でご購入いただくとと、、、安い
GIANT NEOS TRACK+スピード/ケイデンスセンサーセットで¥23,760(税込)
ハートレートセンサー(¥5,940)加えても¥29,700(税込)

●悪いとこ

1.液晶がカラーでない
(とはいうものの地図表示がないので白黒の方が見やすい)
2.オープンストリートマップが使えない
(NEOSTRACK、bryton RIDER 530はメモリ約16MBしかないので物理的に不可能)
(GARMINシリーズの中でメモリ少ないとバカにされてるEDGE520でも実はメモリ約100MB有る)
3.給電使用が出来ない
(なぜかRIDER 530は給電使用出来る)
(でも33時間は、持つ)
4.スピード/ケイデンスセンサーの見た目が古い
(EDGE520、RIDERシリーズのスピードセンサーはハブに巻きつけるタイプ)
(でもGIANTの上級機種には、もっとカッコ良いRIDESENSEセンサーが使える)

なお、一見とりあえずお安いbryton RIDER 310ですが、、、
付属品何もない本体のみで¥12,744(税込)
ケイデンス用センサーとのセットで¥15,444
さらにスピードセンサー(¥4,860)を加えると¥20,304
しかし、、、エクステンションマウント(¥3,132)まで買っちゃうと¥23,436!
さらに、、、ハートレートセンサー(¥7,452)まで買っちゃうと¥30,888!!
と、ハートレートセンサー使わないとしてもエクステンションマウント別売りだし、
なんだかんだでお金かかっちゃうんですよね。

ご参考までに、
↓GIANTのスピード/ケイデンスセンサーです。


そういえば、以前、、、
GARMIN EDGE 520Jのセンサーセット買ったんだけど
クランクに付けるセンサーキットがフレームのチェーンステイに接触して使えず、、、

BLUETOOTHとANT+両方に対応するケイデンスセンサー探したら、、、
GIANTのスピード/ケイデンスセンサーが一番安かったんで買いに来たっていう、
イチバンかわいそうな、最悪パターンのお客さまがおられました。

それは泣けますなあ。

1/14はお休みさせていただきますm(_ _)m

ふ〜

準備完了です。

明日は京都のゆぶねMTBコースにて行われる、雪中レースごっこに行ってまいります。

タイヤはウェットスクリームでええやろ。

ぐふふ。

ブロックもカットして完璧ですわん。

SAINTグレードのSPDペダルがやっと入荷しました

去年の11月から納期がのびにのびて…

ついにセイントペダルが入荷しました!

内側の肉抜きに芸がないんで見た目イマイチ…

ですが、実物はそんなに悪くないです!

あくまでもそんなに(笑)

だいぶ薄くなりました!

シマノは社内基準がものすごい厳しくて、激薄ペダルは頑なに発売しなかったんですが、この薄さ大丈夫なのでしょうか?!

クランク兄弟のペダルみたいに、ある一点を突かれると美しい程にパッカリ割れたりしねえだろうなぁ…

信じてますシマノ!

クリートには、シューズとの隙間を広げるクリートスペーサーが付いてます。

ピンは例によって高さが選べる2段式!

このピンはシューズに食い付くんすよねえ…

さよならポップアップゲージ!

アレはホントに意味あったのでしょうか…