TCR ADVANCED 2 DISC KOM

ジャイアントのラインナップの中、、、
最近の流行であるカーボンフレーム、クランクまで105コンポ、油圧ディスクブレーキという
という特徴を兼ね備えたモデルが、
TCR ADVANCED 2 DISC KOMです。
メーカー希望小売価格¥352,000税込み。
2022年度モデルとして発表されましたが生産台数が少なく、
2023年度も全くそのままで継続販売が決定されてます。
(いやでももっと円安なると2023モデルは値上がりするかもしれませんぜ。。。)
(2023モデルで値下がりすることは100%無いですからね(笑))

さらにフレームには、生涯保証までついてます。
そして車体重量がカタログ値8.3kgで実測8.2kg!!

従来だと105コンポで組まれた完成車ロードといえば、
キャリパーブレーキ仕様が車体重量は8kg台前半、
DISCブレーキ仕様が車体重量は9kg台前半 、、、
が普通でしたが、
やっとDISC仕様で8.2kgという実用的な軽量さの完成車が出てきましたね。


フレームのカラーリングは接合部周りは艶ありのブラックに、、、

フレーム中央部分は透明で、カーボン素材が透けて見えます。
(塗装ムラじゃないです)

タイヤは最初からチューブレス仕様。

サドルはショートノーズデザインに見えますが、
ノーズ部分はそれほど短くなく、実際には座骨に当たる部分が長くなっていますね。

変速ワイヤー類はダウンチューブから内装されるデザインです。
これはフレーム側に多少の補強が必要となり、どうしても軽量さを求めると不利になるデザインです。
(過去モデルでヘッドチューブからワイヤーが内装されるデザインがあり、
そのデザインの方がもっと軽量にデザイン出来るものでした)

(ただ、この過去モデルだと変速ワイヤーへの負担が大きかったようで、
リアディレイラー側のインナーワイヤーが切れやすかったように思います)

シートポストを留める金具も新しいデザインに代わり、
より使いやすくなってるんですがカバーで見えないんで説明は省略。

軽量TCRながら、リアホイールに少しだけ削られたエアロデザインが
カッコ良いですな。

ブレーキキャリパーも105グレードです。

ハンドルバーテープは最近流行のシリコングリップバーテープで、
メチャメチャ滑り止め効いてます。

DISCブレーキ仕様になって前後スルーアクスルとなったため、
非常にフレームの剛性感は高くなり安定感も優れたモデルになりました。
ただ、従来のクリンチャータイヤだとどうしても細かい振動が多く
手が疲れやすくなってしまうので、、、
それを補うためにもチューブレスレディ仕様で乗られることをおススメします。
最初からチューブレス用バルブキットも、シーラント液も付属してますので助かりますね!

TCR ADVANCED 2 DISC KOMカテゴリの最新記事