TCR ADVANCED 2 DISC KOM

ジャイアントのラインナップの中、、、
最近の流行であるカーボンフレーム、クランクまで105コンポ、油圧ディスクブレーキというという特徴を兼ね備えたモデルが、TCR ADVANCED 2 DISC KOMです。
メーカー希望小売価格¥275,000税込。
展示品処分Sサイズ 10%割引の¥247,500税込
ジャイアント製カーボンフレームには、生涯保証ついてます。
そして車体重量がカタログ値8.3kgで実測8.2kg。

従来では105コンポで組まれた完成車フルカーボンのロードといえば、、、
キャリパーブレーキ仕様が車体重量8kg台前半、
DISCブレーキ仕様が車体重量は9kg台前半 、、、
くらいが普通でした。

このTCRでついに105コンポDISC仕様で8.2kgという、キャリパーブレーキ仕様の完成車と変わらないレベルの完成車になりましたね。


フレームのカラーリングは基本グロスブラックですが、、、

部分的に半透明で、カーボン素材が透けて見えます。

タイヤは「最初からチューブレスレディ仕様」。

他ブランドで良くある、、、「チューブレスレディ対応」を後でチューブレスにするには、別料金で専用リムテープ、バルブキット、シーラントが必要となります。
工賃も考えるとなかなかの出費となってしまいますが、、、
TCRなら「最初からチューブレスレディ仕様」。

この標準タイヤ、貫通パンクを防ぐシールドベルトを埋め込んだ375gという、、、なかなかの重量級(ツーリング用、いえ練習用)タイヤです。
ジャイアント純正タイヤでさえ1本あたり100g以上軽いタイヤも販売されています。
それに替えるだけで8kg切れるかも。。。!

サドルはショートノーズデザインに見えますが、ノーズ部分はそれほど短くなく、実際には座骨に当たる部分が長いデザイン。
よって座るとフツーに座り心地良いオーソドックスなサドルです。

変速ワイヤー類はダウンチューブから内装されるデザインです。
これはフレーム側に補強が必要となり、軽量さを求めると不利になるデザインで、代わりにワイヤーへ負担がかかりにくく長く良い状態が維持出来ます。
ただ、気持ちワイヤーの取り回しに余裕を持たせないといけないのでその分ハンドル下にワイヤーが弛んでるように見えてしまうのが見た目でスマートでは、、、ないですね。

見た感じゴツいフレームには見えませんが、測ってみると意外にも太いダウンチューブ。

フレームに埋め込まれた、シートポストを留める金具も新しくなり、より使いやすくなってるんですがカバーで見えないんで説明は省略。

軽量TCRながら、リアホイールに少しだけ削られたエアロデザインがカッコ良いですな。

ブレーキキャリパーも105グレードです。

ハンドルバーテープは最近流行のシリコングリップバーテープで、メチャメチャ滑り止め効いてます。

DISCブレーキ仕様になって前後スルーアクスルとなったため、非常にフレームの剛性感は高くなり安定感も優れたモデルになりました。
ただ、従来のクリンチャータイヤだとどうしても細かい振動が多く手が疲れやすくなってしまうので、、、
それを補うためにもチューブレスレディ仕様で乗られることをおススメします。

TCR ADVANCED 2 DISC KOMカテゴリの最新記事