エスケープRXEで大阪市内をぶーらぶら。そして驚異の測定値が!

先日、エスケープRX-E+で大阪市内まで行ってきました。

では、輪心出発!
バッテリー残量は97%です。
↓はスイッチ入れた時に選ばれる「ECO」モードですが、、、

今回はそんなに距離も走らないと予測して、
贅沢に最も楽ちんな「SPORT」モードしばりで快適お気楽サイクリング!
うほ~!
信号いったん停止からの加速がたまらん(笑)
気持ちエエ!

新幹線の高架下を走って、猪名川と藻川が合流する中州を通過し、、、

十三大橋を渡り、、、まだ暑かったし!

中之島に侵入、、、

そして味覚糖UHA館に到着。
UHA坊や、、、いつ見てもマヌケな顔してやがるゼ。

ここまでの走行データを確認しましょう!
1時間13分走り~の、

22.8km走ってバッテリー残量が85%でした。

そして用事を済まして大阪市内を軽く徘徊、、、輪心まで帰ってきました!

2時間37分走行り~の、

49.6km走ってバッテリー残量が71%でした。

と、、、いうことでまとめてみましょう。

表「バッテリー消費量と走行距離の関係(SPORTモード縛りで大阪ぶらぶら編)」

走行時間(分) 走行距離(km) バッテリー残量(%)
<消費量(%)>
0 0 97
73 22.8 85 <12>
157 49.6 71 <26>
※予測 185 97 <0>

う~ん?
バッテリー97%を全て使い切るまで走り続けたとしたら、185kmも走れたことになるゾ?!
仮に、、、
バッテリー100%有ったとすれば、最強SPORTモードでも190kmも走れた計算になりますよ?
ちなみにカタログ値は、、、SPORTモードで90km
と、書かれてるんでカタログ値の2倍も優れた燃費だったことになりますね。

実はコレ、今回走った「宝塚~伊丹~尼崎~大阪ルート」は、ほぼ全て平地だったからです。
それに対してカタログに書かれている走行距離は国内メーカーが定めた、
業界統一テスト(勾配7%の坂道有り)での数字だったからです。

特にエスケープRX-E+のように、
シティサイクル系電動アシスト自転車とは比べようもないほどに超・高性能な有り余ったパワーを持つEバイクでは、
平地ならばカタログ値よりも断然に優れた数値をたたき出してくれちゃうワケです。

では今回のバッテリー消費に付いて結論です。
平地・またはSPORTモードに入れてもECOモードに入れても大差ない程度の坂道なら、、、
超・高性能な有り余ったパワーを持つエスケープRX-E+なら、
最も楽チンSPORTモード入れっぱなしがおススメ。

エスケープJr24 レッド

2020年モデルのジュニア用クロスバイク、
エスケープJr24インチのレッドです。
メーカー希望小売価格¥35,000税別

なにげに毎年、春ごろには売り切れてしまう人気モデルです。
少し朱色っぽいレッドが子供っぽくてカワイイですな。

ちなみに、シート下の反射板はずしてぺたぺたまでシート下げたら地面から68~69cmくらいでした。
最近の若者は脚長いんで、身長130cmないお子さんでも普通に乗れるお子さんもおられましたよ。
試しに今お乗りの自転車のシートを68~69cmくらいまで上げてみてイケそうなら大丈夫です。

さらにシートを改造すれば15~20mm下げることも可能です。

ちょいちょいレッドの小物パーツが付いてるとこがカワイイ。

ワイヤーにシリコン塗るついでにワイヤーキャップもレッドにしとこっと!

タイヤのエアバルブも立派なフランス式で高圧まで入れることが出来る、立派なクロスバイクです。
シティサイクルと同じ英式バルブ使ってる自転車なんて、クロスバイクじゃ無いデス!

GRAVIER DISC グリーン

う~む、

カッコエエ。

2020年モデルから新しく追加された、グラビエのディスクブレーキ仕様です。
GRAVIER DISC メーカー希望小売価格¥62,000税別。

27.5インチの1.75幅スリックタイヤの乗り心地がメチャメチャ良い!
クロスバイクのエスケープR3とはまた違った乗り味がオモシロいですな。

なぜか2020年からカタログ落ちした、シリコン製グリップがいまだにグラビエシリーズには標準装備されてます。
いまになってこのグリップのキモチ良さを知ってしまいました!
このグリップ、めっちゃフワフワで気持ちエエ~!
もう一度パーツ売りしてくれへんかな。。。めっちゃおススメです。

写真はグリーンのSサイズ。

つや消しのシブめなメタリックのグリーンに
タイヤサイドが茶色いオサレなタイヤ。
それに油圧のディスクブレーキ付いたメカメカしさがたまりません。

ちなみに輪心でご購入頂いたディスクブレーキ付きモデルはエア抜き等のメンテナンスが無料です。

この雰囲気がめっちゃエエですな。

GIANTロゴもフレーム同色。

キズちゃいますよ!
アルミ下地の上に厚みのあるステッカーを貼り、
その上からグリーンを塗装してるんちゃいますかね~?

↓の写真はもうお客さまにお渡しした、Mサイズのグリーンです。
お渡し直前だったので、すでにホイールの反射板とリア側ギヤスプロケットの透明プラスチックは取り外しています。
なるべく、、、ホイールの反射板は外した方が安全デス。

Mサイズでかっ!

ハンドル位置を高く設計されてるため、余計にMサイズのハンドル位置が高く見えます。

フレームの前三角が大きいんで、見た目のバランスとしてはSサイズの方がエエかしら?

なんかね~
シリコン製グリップが付いてるからってわけじゃないんでしょうけど、
乗り心地がフワフワなんですわ。
あ~
ちょい段差有る歩道走っててもなんか気持ち良い。
昔からあるような26インチのスリックタイヤ仕様よりも、大きい27.5インチタイヤのスリックってトコがポイントなんでしょうかね?

ブロックタイヤも余裕で入るんで、ちょっとした林道散策仕様にももってこいです。

ちなみにグラビエDISC専用サイドスタンドも新しく発表されてまして、このスタンドもデザインがシンプルでシュッとしてて実にエエ。
ただ、専用スタンドの発売予定は12月になるそうです。
ってコラ。
なんで12月やねん(笑)

ESCAPE R3(写真)

2020年モデルのエスケープR3です。
メーカー希望小売価格¥52,000税別

2020年モデルのエスケープはハンドル周りやシートポストが全てシルバーに統一されています。
このシルバー部分はアルミ製なので茶色くサビません!
(ネジ類は鉄製のためサビる可能性はあります。これはブラックでも同じです)
よくシティサイクルでシルバーな部分が錆びるのは、鉄にメッキものか、安モノのステンレス使ってるからです。
アルミは少し白っぽくなったりしますが、茶色くサビたりはしませんのでご安心ください。

それでは、それぞれのカラーリングを展示会の写真を使って見ていきましょう!

レッドです、今年のレッドはメタリック系レッドですね。
昔あったような、ワインレッドほど深い(暗い?)色合いでは無く、写真そのままくらいの明るさです。
メタリックっぽいアルミの輝きが有ります!

ブルートーンです。
このカラーはブルー単色ではなく、、、薄いブルーから濃いブルーにグラデーションかかってます。

まっ白なツヤ有りのホワイトです。

マットエメラルドという新色です。
つや消しな上にメタリックっぽいアルミの質感が有ります。

ブラックトーンです。
こちらは2019モデルでも発売されていたカラーリングですね。
2019モデルでは一番人気だったそうで、3月くらいには完売してしまったはず。。。
ブラック単色では無く、シルバーからブラックへグラデーションかかってます。

Eバイクで、夜のサイクリング

ふーむ。
店も閉店時間だわい。

すっかり外も真っ暗になり、みなさんライト付けてお家にチャリチャリ。。。

ん?
そういや、電動EバイクのエスケープRX-E+って、
めっさ明るいライト付いてて
バッテリーの容量はハンパ無く有るし

夜のサイクリングには最適なモデルですやん!!

と、いうことでちょいと行ってきました。

店のシャッター閉めて行ってきま~す。

ものすごい思いつきのため、バッテリーは充電してません。
88%からの出発。

一番近い坂道つったら、中山桜台でしょう。
めっちゃ近場(笑)

暗いとシャッタースピードが遅くなるからかスマホでウマく写真が撮れません。

エネオスのガソリンスタンドとこまで来ました。
エスケープRX-E+のライト明るいぜ~!

でも、、、
この辺の坂道だと、、、「ECOモード」だとスピード7~8キロで登るのがやっとです。
気温も25℃あるんで、汗もポタポタ。
ランニングよりもしんどいやんけ!

お、
思ったより、
ECOモードしんどい。。。
もうダメだぁ。。。

と、いうことでスイッチ3回押して最強「SPORTモード」に。
一気にスピードも上がります!
スバらしい!
なんと!
中山桜台の坂道も19~20キロの巡航速度で上がれます(笑)
まあでもウォーキングよりかは心拍数も上がりますねえ。

ダレや、汗かかずに登れるとか言ってたヤツは!

はい、無事展望台に到着。
自転車は押して入れま~す。
おお、
カップルどもがイチャついとるわ!

はよ帰えれオメーら!

う~む。
夜景がキレイだ。

そうか、場違いなのはオレか。。。

さっさと帰りましょう!
なお、展望台の時点でバッテリーは80%でした。

はい、輪心到着。
夜のサイクリングもなかなか楽しいデスな。

この時点でバッテリーは79%でした。

往復で15.6kmかあ。
思ったよりも距離短かったですな。

そういや、夜の峠の下り坂はスピードが出過ぎてちょっと怖いなあ。
動物とか飛び出してきそうで。。。
もっと明るいライト付けても良いかな?
油圧のDISCブレーキをめいっぱい効かしながら降りてきましたわ。
エスケープRX-E+良く出来てるわ~!

ちなみに夜のサイクリングで行った展望台はコチラです。

FATHOM E+(Eバイク)

遂に発売されました、ジャイアントのマウンテン仕様のEバイク
FATHOM E+です。

メーカー希望小売価格¥380,000税別

MTB用に新開発されたモーターユニットは本当にすごい!


現行市販モデル中、最強のトルク80Nmを実現させただけでなく、、、
(シマノでMAX70Nm、ボッシュでMAX75Nm、パナソニックでMAX66Nm)

マウンテンでダートの上りを登るとき、
やみくもに力いっぱいペダル踏み込んでもタイヤがスリップしてしまい
登るどころか前に進むコトが出来なくなってしまいます。

パナソニックの初期Eバイクは電動シティサイクルのモーターユニットをそのまま流用したため、
ダートでペダルに足を載せた時点でモーターが動き始めてリアタイヤがスリップ、
まったく登れなくなってしまう場合が有りました。

これを解消するためジャイアントのMTB用モーターユニットは、
クランク1回転を12分割し、それぞれの領域を感知するトルクセンサーを装備、
クランクがどれくらいのトルク・スピードで回転しているかを合計12個のトルクセンサーで感知しながら
モーターの出力をコントロールする構造になりました!

よってファゾムE+は、信号待ちでペダルに足を載せただけで進みだすコトも無く、
ボッシュのモーターユニットの用に停止状態から思いっきりペダル踏み込んだらフロントタイヤが「ポン」っと浮くコトも無く、
サドルから伝わるリアタイヤのグリップを、ライダーの「お尻」で感じつつペダルをコントロールしながら踏み込むことにより、
グググッとダートの上りも登りだすのです。

そしてアシストを開始する反応性もシビアにセッティングされました。
クロスバイク仕様のエスケープRX-E+はアシストを始めるタイミングをペダル踏み込んでから0.5秒でモーターが動き始めたのに対し、
マウンテン仕様のファゾムE+はアシストを始めるタイミングをペダル踏み込んでから0.19秒でモーターが動き始めるのです!
なんと反応速度が2.6倍!

さらに、エスケープRX-E+よりも、、、ケイデンス70~170RPMの範囲でのアシストトルクを数倍に増強させているのです!

また、市販車で最大容量のバッテリーは安全性と放熱性を考えてアルミ製カバーに覆われた上に
アルミフレームのダウンチューブに内装される設計になりました。

え、安全性??
そう、現在市販されているリチウムイオンバッテリーは強い衝撃で爆発する可能性があることはご存じでしょう?

サムスンのスマートフォンが突如燃え出したりしてリコールしまくったことも有ってニュースにもなりましたが、
実はもっと以前からリチウムイオンバッテリーが爆発する動画がYOUTUBEでは公開されてました。

リチウムイオンバッテリーやリポバッテリーを搭載した
ラジコン飛行機が墜落して爆発しまくってる動画です。
そう、リチウムイオンバッテリーやリポバッテリーはもの凄く強い衝撃により爆発する可能性が有るのです。
まあ、サイクリングを楽しむクロスバイクに装備されたバッテリーなら、そんなもの凄く強い衝撃なんて、、、
交通事故で吹っ飛ばされた時くらいでしょうが、、、マウンテンバイクでは?

プラスチック製カバーに入ったのEバイクで、、、
富士見パノラマのBコースとかで滑落したら、、、
爆発するかも。

こわ~!
崖から落ちて爆発するって、、、西部警察ですやん(笑)

そうならない安全まで考えてくれているのが、
ジャイアントのファゾムE+なのです。

FATHOM E+ PRO

サイズ : 405(S)、465(M)mm
重量 : 23.6kg(405mm)
カラー : ブラック

FRAME :ALUXX SL-Grade Aluminum OLD148mm
FORK :SR SUNTOUR RAIDON 32 Boost Air LOR OverDrive Column 120mm Travel 15mm Axle
CRANK SET :PRAXIS WORKS E-CADET 36T 165mm
COMPONENTS :SHIMANO DEORE 10S
BRAKES :SHIMANO MT-200 180mm Rotors
TIRE :MAXXIS FOREKASTER EXO TR 27.5×2.6
MOTOR :GIANT SYNCDRIVE PRO 80Nm
BATTERY :GIANT ENERGYPAK SMART 500, 36V-13.8Ah リチウムイオンバッテリー
CONTROLLER :GIANT RIDECONTROL ONE
SPEED :10 Speed

 


RideControl One
シンプルかつスマートなコントローラー内蔵の操作レバーユニット。アシストモードとバッテリー残量はLEDライトで表示。

SyncDrive Pro
GIANTがYAMAHAと共同開発した新型モーター。全領域でパワフルかつナチュラルなアシストを実現する6センサーテクノロジー搭載、最大ケイデンス170 bpm仕様。

EnergyPak Smart
ダウンチューブ内にスマートに収まる大容量内装バッテリー。安全性の高いアルミケーシング。

Smart Charger (6A)
EnergyPak Smartの急速充電を可能にする6Aチャージャー。

TCR ADVANCED PRO TEAM DISC

2020 限定モデルとして発売されました、
TCR ADVANCED PRO TEAM DISC(TEAM CCC)です!
メーカー希望小売価格¥440,000税別で、
Sサイズ1台のみの販売となります。

いやあ、2019年6月に開催された全日本選手権ロードレース2019でTCRが優勝しましたね!
優勝されたシマノレーシングの入部選手が乗っておられたのはT800カーボン相当のTCR アドバンスド SL DISCでしたが、
今回のTCR アドバンスド PRO TEAM DISCはT700カーボン相当になります。
ソレだけの違いです。

今となってはT1000とか出てきてるんでアドバンスドSLのT800も高弾性というほどでも無いんですけど、
実業団バリバリの選手が集団で走る超ハイスピードな速度域に最適なフレーム剛性をアドバンスドSLのT800で設計したのに対し、
ホビーレーサーが本気で草レースを楽しむのに最適なフレーム剛性をアドバンスド PRO TEAMのT700で設計したわけです。

レーシングカーに乗って速さを楽しむのか?
スポーツカーに乗って運転を楽しむか?
ソレだけの違いです。

レプリカモデルらしからぬマットブラックという地味なカラーリングですが、、、

これはメインスポンサーCCCのオレンジ色を引き立たせるための、まっくろくろすけカラーなのだそうで、
車体の写真を撮る時には必ずCCCオレンジのボトルを突っ込んだ状態で写真撮るように指示されるそうで(笑)

まあワタシら一般ユーザーにとったらマットブラックでフツーにカッコ良いですね!
オレンジのボトルは、、、買わないかな?!

フロントフォークは左右非対称のDISCモデル専用設計です。
単に従来のキャリパーブレーキ用フォークにポンとDISC台座付けただけじゃあ無いんです。

フレームのリア周りも左右非対称のDISCモデル専用設計です。
単に従来のキャリパーブレーキ用フレームにポンとDISC台座付けただけじゃあ無いんです。

そしてマイナーチェンジされたジャイアント製パワーメーター、POWER PRO。
試作品だとクランクアームからチラッと見えてたようにも見えましたが、、、
市販品は表から、まったく何も見えなくなりました!
すげえ!
GIANT最高!
フレームにマグネット貼りつける必要もないんで校正ずれにくいし!!

そしてGIANTオリジナルのチューブレスレディ用タイヤ。
700-25Cで耐パンクベルト内蔵なのに330gと、完成車に付いてるタイヤの割に良く出来てます!
さらに現在お乗りのユーザー様を見てると6000kmも余裕っぽく、
10,000kmくらい持ちそうな雰囲気。
こりゃスゴい。

横風も考慮されたミドルハイトな42mmカーボンホイールまで装備された
TCR ADVANCED PRO TEAM DISCの完成車としての完成度はホントにスゴい。

っていうかこんなに完成された完成車は他には無いデス。

CONTEND SL 1(写真のみ)

2020年モデルのコンテンド SL 1です。
メインコンポは105コンポ、
生涯保証のアルミフレームにカーボンフォーク、
28cのチューブレスレディ仕様で
メーカー希望小売価格¥155,000税別。
2019モデルに比べてより軽量になりました!

ESCAPE R3 ブルートーン

2020年早期販売モデルのエスケープR3が入荷しました!
2020年モデルのメーカー希望小売価格は¥52,000税別と、2019モデルからお値段据え置き。
2020年モデルでもちょい勉強させて頂きま~す。

入荷第一弾はブルートーン・カラーです。
濃いブルーから淡いブルーにグラデーションかかったカラーですね。

2020年モデルから、フレームのデザインが前三角と後三角とで段差が出来るようなデザインになりました。
「え?どこが?!」
たぶん2019モデルと2020モデルとを横に並べてみないと判らないデザイン変更です。
あまり気にしなくても問題無いです。

写真のエスケープは、別売りの専用スタンドが取り付けられた状態です。
エスケープ買ったらこのスタンドが「絶対」おススメ!
めっちゃ良く出来たスタンドですわん。

そういや、タイヤが700×30cと太めながらタイヤの指定最大空気圧が
5.9気圧(2019モデル)から7.0気圧(2020モデル)になりました!

旧モデルよりも軽くなってスピードの乗りが良くなりましたね!

2018年モデルでも同じカラーリングが出てましたが、
ちょいブルーが濃くなったような?

サドルがグレードアップしました。
旧モデルはふんわり柔らか系サドルでしたが、
新型はちょい固め、というか腰の有る座り心地ですね。

エスケープR3のサドルにも、専用テールライトがネジ留め出来るようになりました!
他のオプションでサドルバックとかも出てます。

グリップはエルゴデザインになり手のひらを置きやすくなりました。
めっちゃ柔らかくてキモチ良い。。。

リアブレーキワイヤーにはカバー掛けて組みました。
フレームに傷が付きにくくなりますんで。

ペダルは裏から6mmレンチで回せるものになってまして、専用バックにほりこんで輪行される時は便利です。

後スプロケットのカバーと、ホイールに付いた反射板は外すのが最近のトレンド。

シートポスト差し込むところは、ゴーリゴリと削ります。

そういや、フロントホイールはネジ留め(スキュアー式)になりましたね。
メネジ側のコイルスプリングはわざと外すのがおススメ。

エスケープRX-E+のMサイズです

2020モデルから追加されました、ESCAPE RX-E+のMサイズです。
メーカー希望小売価格で¥280,000(税別)です。

それにしてもデカい。。。

バッテリーをカバーする部分がサイズによって形状が異なっています。

以下は、組み立て途中の写真です。
ココのバリは結構有りますんで、ガッツリと削り落したいところですね。
ノーマルでカーボン製シートポスト付いてきますし!

このシートポスト、マウンテンバイクにも使われてまして、、、
ちょっと細工しとかないと激しいダートを走るときシートの角度がずれてきたりします。

エスケープRX-E+は、前後とも中空のスルーアクスルシャフトでホイールを留めています。
むかーし、何年もホイール外さずにスルーアクスルのMTB乗り続けてたら、、、
もの凄い固着してたお客様がおられたのでグリス大盛りで組みます。
DISCブレーキの熱とかも関係有るのかしら?!

ステアリングヘッドもグリスアップしときます。

新品のバッテリーは、必ず最初に「満」充電させます。
最初の充電を90%とかで適当に済まして使い続けるとバッテリーの寿命が短くなってしまうそうです!
ラジコンやってる人に教えてもらいましたんで間違いないです。

、、、たぶん!

ちなみに写真は納車前なのでバッテリーに保護シールを貼ったままですが、
このまま乗り続けるとギシギシ音の原因になったりしますので
乗る時は、保護シールをはがすことをおススメします。

油圧のディスクブレーキは、組みつけた状態でもう一度エア抜きしてあげた方が
ブレーキレバーのタッチが良くなります。

エスケープRX-E+で採用されている2ポットキャリパーはごく僅かな差にしかなりませんが
4ポットのディスクブレーキとかは絶対必要な作業だったりします。

まだカタログにも載って無い、2020年度から新規ラインナップされる、
MIKシステムに対応した、リアキャリア(¥7,000税別)とパニアバック(¥10,000税別)です。
これ、メッチャ便利ですよ!

パニアバック(左右一体型の自転車用カバン)は、防水ではないですけど非常にシッカリした生地で
中に予備のバッテリーをしまえるポケットが付いてます。
よって左右にそれぞれ予備バッテリーを持つと、225km×3=675km走行できる計算になりますね。

ちなみに正確には、225km走行後、バッテリーの残量が3%になって一度スイッチが切れます。
その状態でもう一度電源入れると、ECOモードのみですが0%になるまで走行できます。

そうなると、、、232km×3=696km走れる計算になりますね!

、、、って誰がそんだけ走るねん!
使わんやろ、このポケット(笑)
まあでも、通勤経路がもの凄い山岳地帯だったりする方だと使うのかな?

そしてカタログにも載って無い、ジャイアントオリジナルのMIKシステムは、
↓このキー(?)を、、、

ココにブチ込むとパニアバックの取り付けフックが外れます。
(パニアバックの場合、左右にゴム製フックが各一ヶ所ずつ外す必要が有ります)

↓取扱説明書です!

いやあ、便利!
ただし、このキー(?)は、、、マイナスドライバーでも代用出来ます(笑)
あくまでも持ち逃げを防ぐ程度とお考えくださ~い。

そいでもって、エスケープRX-E+の最大の欠点は以下の写真をご覧ください。
ハンドルを90度以上回すと、かならずブレーキレバーがフレームに当たります。
MサイズとSサイズは必ず当たります。XSサイズ以下なら当たらないです。

あと、コレは普段カンケーは無いかもしれませんが、、、

駐輪時に倒された時などに想像以上の悲劇をひきおこすかも知れません。
ピスト乗りの方にはアルアルなトラブルですな。

ワタシは怖いんでお気に入りのバンパーを取り付けることにしました。
(輪心からの無料サービスです)

ご購入有り難うございました、ステキな電気自転車ライフを!