TCR ADVANCED 2 ネオンレッド

そういえば、、、
2017年のツール・ド・フランスで総合優勝されたのは、、、
ピナレロを駆る、チームスカイのクリス・フルームでしたねえ。
いやあ、サスガです。

ところで、、、
2017年のツール・ド・フランスでポイント賞取ったのは、、、
チームサンウェブのマイケル・マシューズでしたね。TCR ADVANCED SL乗ってた。

でもって、、、
2017年のツール・ド・フランスで山岳賞取ったのは、、、
チームサンウェブのワレン・バルキルでしたね。TCR ADVANCED SL乗ってた。

ジャイアントのフルカーボンロードで最も軽量なシリーズがTCR。
その中で105コンポフルキットで組みこまれたモデルが、、、TCR アドバンスド 2です。
定価は¥195,000です。

ちなみに、ツールドフランスでチームサンウェブが乗ってたTCR ADVANCED SLはT800相当のカーボンを使用し、
UCI規定ギリギリを狙える軽さと、プロも満足させるに十分な剛性を得ていましたが、
SLでない、TCR ADVANCEDはT700相当のカーボンを使用してSLよりも乗りやすさを重視したモデルとなっています。
生産は共にGIANT専用の同じ工場です。

ワイヤーの取り回しはヘッドチューブから出るタイプです。

このタイプはDI2(電動)にしたらキレイになるんですが(笑)
機械式ワイヤーだと取り回しがキレイにならないんすよね。。。

しかもワイヤーの長さに、なが~く、余裕を持たせとかんとイロイロ調子悪くなっちゃうんですよ。
自転車屋的にハンドル周りのワイヤーが長いと、、、ちょっとダサい。

なるべくカッコ悪くならないよう、

いったんバラして
変速ワイヤーの取り回し代えて、、、
アウターワイヤーの長さ換えて、、、
テフロン塗って、、、

お客さまにはお渡ししてま~す。

フレームの後方に向かうほどすべてのパイプがシュッとしていくデザインです。

シートステイをこれ↓くらい細くできるってコトは、、、

それだけグレードの高いカーボン(東レのT700相当)を使ってるってコトですね。

プロペル・アドバンスドと比べてもしなやかなのが、TCRアドバンスドです。
でもコレはVARIANTシートピラーのおかげでそう感じるのかもしれません。

ちなみに、、、

2016 2月号のサイスポで

「これが今のミドルクラスの頂点でしょう」

と、言われたTCR ADVANCED PRO 1(35万円)と、、、

このTCR ADVANCED 2 は、、、

フレームだいたい一緒で~す。

アドバンスド・プロの方は、ヘッド規格がジャイアントオリジナルに変更されているくらいの差です。

でも35万のに付いてるGIANT製カーボンホイール、だいぶん良さそうなんですよね~!

あのホイールは欲しくなるな~

でも値段差みたら20万のTCR ADVANCED 2が良いですよね~

だってこのTCR ADVANCED 2 XSサイズで実測7.9kgなんですよ~!

2018年5月17日 | Category : 2018 GIANT | Author : ishida