エスケープRX-E+(Eバイク)で篠山往復

●●●令和記念●●●
ジャイアントのフルパワーEバイク、ESCAPE(エスケープ)RX-E+が令和記念で

今回もまた、ジャイアントのフルパワーEバイク、ESCAPE(エスケープ)RX-E+の実験に最適なモルモットお客さまが!

え?!
最近ロードも乗って無い?

大丈夫です、そんな時こそカラダに優しい、電気自転車ですよね!

ええ?!
先週カゼで寝込んでた?

大丈夫です、なんてったってフルパワーEバイクですから!
一応、前の晩からお家で充電してもらうとして、、、
はい、いってらっしゃいご安全に~!
それではモルモットお客さまの詳細なレポートは以下っ!

このツーリングもどきを敢行したのは……
休日はTCR Advanced Proに乗っている機械系技術者で,
今も昔も身体都合から軽めのギヤを毎分100回転以上で回す,
若いころは毎月競輪場で高速練習もしていたけど,
今は「無酸素呼吸領域での連続運動は不能」な,中年男性です.

ルートは……実走経験があるという理由から……

・輪心をスタート
・旧国道176経由で川西へ
・国道173に抜けて丹波へ
・国道372で篠山市街地へ
・篠山市街をポタリング
・国道176に抜けて宝塚へ
・県道に抜けて輪心にゴール
ってな感じの約111kmの一筆書き.

難所は,前半の35kmほどだけで……
・川西駅から26kmは「ほぼ休みのない」平均2%の上り
・終盤の約5kmは平均5.5~6.0%で最大11%の上り
※途中に逃げ場の少ないトンネル有!
参考までに……バッテリ総消費量の7割がこの区間でした.

本当のスタートは輪心から約10kn南の自宅ですが,
輪心からGPSログをスタート.
この時点でバッテリ残量は97%(9.5km)でした.

アシストの設定は「ECO以上のみ」として……
・平坦は「ECO~ECO+」
・緩いアップダウンは「ECO+~NORMAL」
・目に見えてキツい登りは「SPORTS」
※下りは「ECO+~NORMAL」で上り返し対策
ということに,川西駅までの道中で決めました.

多田駅を超えたあたりから上りが本格化しますので,
アシストを「SPORTS」にして,乗り手の消耗を最小限に.
この区間の最大勾配,なにげに10%を超えているんで,
ここの超え方が全体を通しての「肝」となります.
シッカリ足具合を確認して,ペース配分決めるのが吉.

一庫ダムの近所の日生中央への道との分岐を超えると
トンネル群を迎えますので,このあたりの信号待ちにて
テールランプの点灯とヘッドライトの準備を忘れずに!

トンネルでは,ペースとラインを安定させることに集中.
距離を取らずに追い越していく自動車が多く
……昔には肘が当たったりしたこともありました……
煽られようとも「こけないこと」が自他のために最重要で,
そのために「ペースとラインの安定が不可欠」という次第.

シッカリはっきり能勢に入ると……空気や景色が変わって,
今の時期だと「路肩に栗」が散乱しています.
自動車で収穫(?)に来ている人もいるので,
いろいろ余裕がある人は休憩を兼ねて収穫に励むのもアリ.
今回は「積載量」に余裕がなかったので,写真撮影のみ.

輪心から25kmを超えたあたりからググっと上り始め,
冒頭に書いた「難所」を超えてしまえば
帰り道の道場まで下り基調となりますので,
このルート一番の「踏ん張りどころ」です.
※電力消費を気にせず,しっかりアシストさせましょ!

国道372号に入ってスグにキツ目の上りがあるので,
ここも迷うことなく「SPORTS」で乗り切って,
案内標識の「篠山市街」の文字を頼りに国道を離れ,
武庫川と関係のとても深い篠山川沿いを走ります.
この篠山川,分水界と絡むので有名だったりします.

ここらでバッテリ残量を確認&帰り道の計画立案.
・距離的には「ほぼ」折り返し
・最後の最後に上りはあるけど勾配はほどほど
・なぜか国道176号での帰り道での昔の記憶があやふや
→時々ダンシングして上っていた昔の記憶は,ある.

電力消費のほとんどが「峠越えまで」となるわけで,
残るまとまった上りが「国道176の丸山」だけだし,
天気予報的に降雨が朝の予報より早まるっぽく,
平地は踏み回し(アシスト領域超での巡行),
上りは「SPORTS」一択,に決定.

時間的に余裕があるなら……今回は天気的に余裕なし……
ゆっくり20km/h前後にてアシストしてもらうと楽です.

三田市内に入って,新三田駅の横を抜けていくと,
道場の手前あたりから車線が倍になり舗装もマシになるので
走りやすくなるものの,三木・淡河方面からの合流や
高速道路からの流入が進むごとに交通量が増えることから,
メチャ事故りやすい区間でもあるので,気を抜かずに!

最後のまとまった上りになる丸山の上りを超えれば,
長い下りに入りますが……信号と急な糞図まりに注意!
あと,下りきったら最後に橋の上りが待っています.

宝塚駅を超えたあたりからの国道176号は要注意!
疲れているときは,迷わず武庫川沿いに逃げるべし.
旧国道176にあるカフェに逃げるのも悪くないですね.

で,県道に抜けて南下すると,輪心に到着♪
走行記録としては……スタート前の分は誤差扱い……
・走行距離: 110.8km(STRAVAでのGPS記録)
・走行時間: 約5時間(篠山での散策含む)
・電池残量: 42%(アシスト利用は50km弱)
・想定残距離: 52km
→国道372~176号でアシスト使っていたらギリな雰囲気.

……感想……

アシストがある、、、といっても,自足は必要でした.
約18km/hでアシスト比は1:1っぽいので,出力2倍です.
ただ,言い換えれば,踏めなかったらアシストしてもらえません.
電力消費的には「低ケイデンス」が良いようですが,
エスケープRXEは,100未満なら余裕を持って対応しているように感じました.

参考までに,はらがたわ峠のログを見ると……
「STRAVAの激速KOMの人」のペースから少し遅いぐらいな感じで,
まーったく垂れず走り切れていることがわかります.
途中,信号待ちと撮影停止した分だけ離されていますが,
ハイスピードツーリングな走りで,この記録です♪

下りは,高剛性車体&ディスクブレーキの恩恵アリアリで,
狙ったラインをキチンとトレースできるし,
雨が降ってきてもブレーキそのものは安定して動作するので,
技量にあった速さであれば怖い思いをすることはないハズです.

平地は,明確にアシストを実感できる20km/h以下で体力温存がオススメです.

電池寿命を考慮して,このエスケープでのツーリングは……
・走行平均20km/h → サイコン表示の平均で約12~15km/h
・片道40kmぐらい(上り・下りは無関係な感じ)
・平地はECO+でキツい上りだけSPORTSなアシスト設定
であれば,常時アシストも大丈夫っぽいです.

雰囲気的に「上り下りに強い!」という特徴を生かし,
遠乗りしたいけど「上りが怖い!」って人にオススメです!

そんなこんなで,このエスケープRX-E+(Eバイク)って……
・運動経験値が乏しいけど、、、運動を始めたい
・ふらっと日帰り「小」旅行が好き
・あくまで自転車は、、、「手段」の1つ
と,お考えの人に向いている気がするってことで,レポを終えます.

ESCAPE RX 2 マットブラック

2020モデル ジャイアントのエスケープRX2、マットブラックです。
メーカー希望小売価格¥79,000税別と、少し高級目なクロスバイクです。

車体重量は10.0kgと、お値段を考えると特別に軽いモデルと言う訳ではございません。
だって同じジャイアントでも¥56,000のCROSTARの方が9.7kgとお安くて軽量ですからね~

エスケープRX2の良いところは軽さではなく、、、
カーボン製フロントフォークと、カーボン製専用シートポストからくる乗り心地の良さなのです!


エスケープRX2の乗り心地の良さに比べたら、
CROSTARのアルミ製フロントフォークと安モノ28Cタイヤの組み合わせから生まれる、
ホネにゴツゴツと路面からの硬い振動は、、、運動不足を嘆くワタシらオッサン連中にはとてもじゃないけど耐えれませ~ん。

CROSTARは、あくまで軽さを売りにするコーダブルームに対抗して造っただけのモデルで
クロスバイクとしての完成度はエスケープRX2の方が断然上です、

ついでにいうとエスケープR3の方が、、、CROSTARやコーダブルームよりも完成度は上かも。。。

さて!
そんなエスケープRX2、
↓ワイヤーも内装式で見た目がスッキリ。
油圧整形されたアルミフレームのデザインも非常に凝ってます。

ブレーキキャリパーはシマノ製。
はげしくトーイン調整しなくともブレーキの調子が良いのはさすがシマノ製ですな。

サドルもクロスバイク用としては高級なサドルが標準装備されてます。
穴あきではありませんが尿道にやさしい溝付きデザインのタイプです。

後ブレーキもシマノ製です。
ワイヤーキャップもブラックに換えたのはワタシの趣味です。

ジャイアント製の28Cスリックタイヤが標準装備。
雨の日はあんまし乗りたくないですが、晴れてれば超・サイコーに転がります。
このタイヤ、CROSTARに標準のタイヤよりも重たいんですが耐パンクベルトが埋め込まれてます。
乗り続けてると黒いゴムがなくなってミドリっぽいゴム(耐パンクベルト)が見えてきます。
それでもすべるけどまだまだ走れます!
タイヤの寿命がメチャメチャ長~い。ジャイアント製のタイヤ、イケてますわ。

そして2020モデルのハイライトは、、、
従来はフロント3速、リア9速でしたが、2020モデルからフロント2速、リア9速化!
フロント側はわざわざ、、、RXシリーズ専用46/30Tクランクを新設計で採用しました。

そしてリア9速は11/34Tとワイドなギヤ比に設定し、クロスバイク専用2×9速コンポを完成させたのです。
エスケープRX1はギヤ比重いまま

じつは、、、
コレを実現できたのはジャイアントの量産フレームとしてはすこぶる精度が良いからなのです。
大抵のクロスバイクブランドは、変速性能に優れているシマノ製クランクを採用していても
フレーム精度の悪さをごまかせるようBB軸を長めなものを採用してたりします。

そのような精度の悪いクロスバイクは、、、
↓エスケープRX2のような、最良の変速調整位置がマネ出来ません。


エスケープRX2はインナー/ローの組み合わせで
フロントディレイラーとチェーンが少し擦れるくらいまで調整をツメることが出来ます。
この状態でもフロント変速の調子はバッチリ。

精度の悪いクロスバイクだとインナー/ローでフロントディレイラーとチェーンが
5ミリくらい離した調整でないとフロント変速が動いてくれなかったりします。
そうなるとチェーンが外れたりのトラブルが起こりやすくなります。

↓スプロケットカバーとホイールの反射板を外すのはワタシの好みです。

エスケープRX2の最大の欠点はココ!
シートポスト・クランプのシマリ具合が悪い。。。

それを補うためにイロイロ細工します。

エスケープRX2にサイドスタンドを取り付ける場合は、、、
必ず専用スタンドをご指定ください!

ちょっとばかし安いからといって汎用スタンドを付けてはダメです!
¥2,800というのはお高い気がするけど
ぜったいデス!

あの駅前のバラがキレイな公園でイベントや気になるお店屋さんまでサイクリング!〜輪心経理部〜

お天気に誘われて久しぶりのサイクリングに行ってきました♪

阪急武庫之荘駅南側の大井戸公園で「いただきマルシェ」というイベントを発見!

ハンドメイド作品やフリマ、飲食店も。見ているだけでも楽しい気分になります。

圧倒的に女性と子供が多かった印象ですが年配の方もチラホラ。

イベント目当てというより近所の方が散歩がてらに寄ってみた、という雰囲気です。

自転車で来られる方も多いですね。子乗せ自転車ママチャリがズラリと。私も自転車ですが(笑)

バラも咲いていてキレイですね。

春先に買った鉢植えのミニバラもこんなに元気に咲いてくれたらなぁ。泣いてなんかない。汗が目に入っただけ!

大井戸公園のイベントとバラを楽しんだあとはこちらへ↓

楽emon…(らくえもん)さんへ!古典的な和菓子というより洋菓子と和菓子どっち?と不思議な感覚になる和菓子です。(あくまで個人的感想)

今日は和菓子のみ臨時休業で冷蔵の大福だけ販売されてました。期間限定のさつまいも味の大福を買いました。

楽emon…さんのすぐ近くのお花屋さん「GARRET」(ギャレット)さんはお手頃価格の花苗や鉢植えがたくさんあります。

看板にめちゃくちゃ自転車がカブってますね(汗)すみません。写真を撮るのに手間どったのに…構図が下手すぎて気絶しそうです。

輪心と同じ水曜日が定休日なので、ゆっくり店内を見られないのが残念。また花苗が入荷されるタイミングで行きたいなぁ。

今回は武庫之荘周辺をさくっとサイクリングしました。次はどこに行こうかな♪

輪心ホームページも見てね♪

ESCAPE R DISC ブラックトーン

エスケープRディスクです。
エスケープR3の油圧式ディスクブレーキ仕様ですね。
メーカー希望小売価格¥62,000税別。

シルバーからブラックにグラデーションが入るカラーリングです。
前後のアルミホイールがオールブラックなのでノーマルエスケープR3とはまた違った雰囲気になりますね。

普通のエスケープR3と同じく、よく見るとただの丸パイプでない、複雑なデザインのフレームになっています。
このフレームにも生涯保証が付いてくれてます。

シマノ製油圧ディスクブレーキ!
輪心でご購入頂いた場合はエア抜き等のメンテナンスを無料で対応させて頂きます。

グリップもエルゴノミックデザインで手が疲れにくくなっとります!

サドルもスカスカな柔らかいだけのスポンジでは無く、
コシのある手触りでさらに座り心地が良くなりました。

タイヤ幅は実測33ミリ。
最大空気圧は7気圧指定の溝付きタイヤです。
5気圧くらいにすれば歩道も快適に走れます。

ESCAPE R3 レッド 写真

エスケープR3のレッドです。
メーカー希望小売価格¥52,000税別。
レッドと言ってもワインレッドですね。実に大人っぽいカラーリングですな。

写真撮るためとりあえず形にしてみましたのでどうぞ!

グリップは手のひらが痛くなりにくい、疲れにくいタイプでワタシ好みですね。
ただ、手がものすご~く小さい方には握りにくいと感じられるかもしれません。

サドルも手触りがさらに良くなり、スポンジもコシのあるやつになりました。

タイヤは700*30Cの溝ありですが、最大指定空気圧7BARとなかなか高圧。
でも5BARくらいで乗るのが乗りやすいかな?

ESCAPE R3 ブラックトーン

エスケープR3のブラックトーンです。
ブラックトーンというのは、ブラック~シルバーのグラデーションカラーになります。
メーカー希望小売価格¥52,000税別。

¥52,000で10.7kgてのはかなり軽い方なんですが、、、
エスケープR3、クロスバイクとしては珍しくクロモリ製フロントフォークが付いてます。
最近のクロスバイクは軽い代わりに乗り心地が悪い、アルミ製フロントフォークが主流になってきましたが、
エスケープR3は重い代わりに乗り心地バツグンな、クロモリ製フロントフォークにこだわってます。

今はアルミ製よりもクロモリ製フロントフォークの方がお高いんですよ?

そういや、2020モデルはワイヤー類がブラックに変更されましたね。
あと、写真のエスケープは純正オプションのサイドスタンドを取り付けてます。

上の方がシルバーで、だんだんとブラックに変化していくカラーです。
あと、フレームパイプが油圧整形で加工されており、丸パイプではない珍しいデザインになってます。
エスケープのフレームも生涯保証ついてます。

グリップがエルゴノミックデザインのグリップになってます。
柔らかくてキモチ良いですな。

サドルも安っぽいスポンジクッションでなく、腰の有るクッションに変わりました。
なかなか快適。D

タイヤは実測33mmです。最大空気圧が7気圧指定ですが5気圧くらいにして乗り心地良くして乗られた方がおススメです!
これくらいのタイヤ幅が有れば歩道も快適ですね。

ブレーキワイヤーも黒くなったし、露出部分も黒いライナー通して見た目スマートにしてみました。

ESCAPE R3 ブルートーン

2020年早期販売モデルのエスケープR3が入荷しました!
2020年モデルのメーカー希望小売価格は¥52,000税別と、2019モデルからお値段据え置き。
2020年モデルでもちょい勉強させて頂きま~す。

入荷第一弾はブルートーン・カラーです。
濃いブルーから淡いブルーにグラデーションかかったカラーですね。

2020年モデルから、フレームのデザインが前三角と後三角とで段差が出来るようなデザインになりました。
「え?どこが?!」
たぶん2019モデルと2020モデルとを横に並べてみないと判らないデザイン変更です。
あまり気にしなくても問題無いです。

写真のエスケープは、別売りの専用スタンドが取り付けられた状態です。
エスケープ買ったらこのスタンドが「絶対」おススメ!
めっちゃ良く出来たスタンドですわん。

そういや、タイヤが700×30cと太めながらタイヤの指定最大空気圧が
5.9気圧(2019モデル)から7.0気圧(2020モデル)になりました!

旧モデルよりも軽くなってスピードの乗りが良くなりましたね!

2018年モデルでも同じカラーリングが出てましたが、
ちょいブルーが濃くなったような?

サドルがグレードアップしました。
旧モデルはふんわり柔らか系サドルでしたが、
新型はちょい固め、というか腰の有る座り心地ですね。

エスケープR3のサドルにも、専用テールライトがネジ留め出来るようになりました!
他のオプションでサドルバックとかも出てます。

グリップはエルゴデザインになり手のひらを置きやすくなりました。
めっちゃ柔らかくてキモチ良い。。。

リアブレーキワイヤーにはカバー掛けて組みました。
フレームに傷が付きにくくなりますんで。

ペダルは裏から6mmレンチで回せるものになってまして、専用バックにほりこんで輪行される時は便利です。

後スプロケットのカバーと、ホイールに付いた反射板は外すのが最近のトレンド。

シートポスト差し込むところは、ゴーリゴリと削ります。

そういや、フロントホイールはネジ留め(スキュアー式)になりましたね。
メネジ側のコイルスプリングはわざと外すのがおススメ。

エスケープRXEで大阪市内をぶーらぶら。そして驚異の測定値が!

先日、エスケープRX-E+で大阪市内まで行ってきました。

では、さっそく輪心を出発!
バッテリー残量は97%です。
↓はスイッチ入れた時に選ばれる「ECO」モードですが、、、

今回はそんなに距離も走らないと予測して、
贅沢に最も楽ちんな「SPORT」モードしばりで快適お気楽サイクリング!
うほ~!
信号いったん停止からの加速がたまらん(笑)
気持ちエエ!

新幹線の高架下を走って、猪名川と藻川が合流する中州を通過し、、、

十三大橋を渡り、、、まだ暑かったし!

中之島に侵入、、、

そして味覚糖UHA館に到着。
UHA坊や、、、いつ見てもマヌケな顔してやがるゼ。

ここまでの走行データを確認しましょう!
1時間13分走り~の、

22.8km走ってバッテリー残量が85%でした。

そして用事を済まして大阪市内を軽く徘徊、、、輪心まで帰ってきました!

2時間37分走行り~の、

49.6km走ってバッテリー残量が71%でした。

と、、、いうことでまとめてみましょう。

表「バッテリー消費量と走行距離の関係(SPORTモード縛りで大阪ぶらぶら編)」

走行時間(分) 走行距離(km) バッテリー残量
<消費量>
0 0 97%
73 22.8 85% <12%>
157 49.6 71% <26%>
※予測 185 97% <0%>

う~ん?
バッテリー97%を全て使い切るまで走り続けたとしたら、185kmも走れたことになるゾ?!
仮に、、、
バッテリー100%有ったとすれば、最強SPORTモードでも190kmも走れた計算になりますよ?
ちなみにカタログ値は、、、SPORTモードで90km
と、書かれてるんでカタログ値の2倍も優れた燃費だったことになりますね。

実はコレ、今回走った「宝塚~伊丹~尼崎~大阪ルート」は、ほぼ全て平地だったからです。
それに対してカタログに書かれている走行距離は国内メーカーが定めた、
業界統一テスト(勾配7%の坂道有り)での数字だったからです。

特にエスケープRX-E+のように、
シティサイクル系電動アシスト自転車とは比べようもないほどに超・高性能な有り余ったパワーを持つEバイクでは、
平地ならばカタログ値よりも断然に優れた数値をたたき出してくれちゃうワケです。

では今回のバッテリー消費に付いて結論です。
平地・またはSPORTモードに入れてもECOモードに入れても大差ない程度の坂道なら、、、
超・高性能な有り余ったパワーを持つエスケープRX-E+なら、
最も楽チンSPORTモード入れっぱなしがおススメ。

業務スーパーの人気商品は入荷されているのか?探し求めて西宮までサイクリング♪~輪心経理部~

秋晴れの気持ちいい日に久しぶりにクロスバイクに乗りました。
前回サイクリングしたのは3月。宝塚近辺を満喫しましたが今回は西宮!

武庫川を越えるために土手の坂道を上がるときもクロスバイクは変速器あるから楽勝です。
甲武橋で写真を撮ってみました。穏やかな流れの武庫川が見えます。

今日はサイクリングを楽しむのはもちろんですが、業務スーパーのタピオカミルクティーが人気商品らしく、
ひょっとしたら西宮の業務スーパーにはあるかも?と淡い期待をしつつ・・・。

やってきました業務スーパー西宮薬師店。駐車場はほぼ満車状態です。
平日のお昼前という時間もあってか、お客さんが次々と店内へ入っていきます。
ドキドキしつつ店内へ。お目当ての冷凍食品のワゴンを見たら、

タピオカミルクティー入荷未定のラベルがありました。
やっぱりそうなるよね。ちょっとだけ期待してたけど見事に撃沈。
商品が入荷されるタイミングで買えたらラッキーぐらいの気持ちでいようっと。

気を取り直して阪神西宮駅近くの生地屋さんを目指します。

フレンテ西宮にやってきました。車で来ると171号線の渋滞や駐車料金を気にしながらの買い物で落ち着かないのですが、
今日はクロスバイク。駐輪場もうれしいことに2時間無料。素晴らしい!
駐輪場も満車に見えますが、入れ替わりが激しいので待たずに駐輪できました。

手芸の丸十はさすが専門店。見ているだけでも楽しく時間が経つのがあっという間。
イオン・ダイエー・イズミヤなどは手芸売り場の縮小や撤退があり、欲しい物がなくて残念な気持ちになることも。

サイクリングしながら好きなお店を見てすっかりリフレッシュできました。
また気ままなサイクリングに出かけようっと♪

 

ESCAPE R3(写真)

2020年モデルのエスケープR3です。
メーカー希望小売価格¥52,000税別

2020年モデルのエスケープはハンドル周りやシートポストが全てシルバーに統一されています。
このシルバー部分はアルミ製なので茶色くサビません!
(ネジ類は鉄製のためサビる可能性はあります。これはブラックでも同じです)
よくシティサイクルでシルバーな部分が錆びるのは、鉄にメッキものか、安モノのステンレス使ってるからです。
アルミは少し白っぽくなったりしますが、茶色くサビたりはしませんのでご安心ください。

それでは、それぞれのカラーリングを展示会の写真を使って見ていきましょう!

レッドです、今年のレッドはメタリック系レッドですね。
昔あったような、ワインレッドほど深い(暗い?)色合いでは無く、写真そのままくらいの明るさです。
メタリックっぽいアルミの輝きが有ります!

ブルートーンです。
このカラーはブルー単色ではなく、、、薄いブルーから濃いブルーにグラデーションかかってます。

まっ白なツヤ有りのホワイトです。

マットエメラルドという新色です。
つや消しな上にメタリックっぽいアルミの質感が有ります。

ブラックトーンです。
こちらは2019モデルでも発売されていたカラーリングですね。
2019モデルでは一番人気だったそうで、3月くらいには完売してしまったはず。。。
ブラック単色では無く、シルバーからブラックへグラデーションかかってます。