ESCAPE RX 2 マットブラック

2020モデル ジャイアントのエスケープRX2、マットブラックです。
メーカー希望小売価格¥79,000税別と、少し高級目なクロスバイクです。

車体重量は10.0kgと、お値段を考えると特別に軽いモデルと言う訳ではございません。
だって同じジャイアントでも¥56,000のCROSTARの方が9.7kgとお安くて軽量ですからね~

エスケープRX2の良いところは軽さではなく、、、
カーボン製フロントフォークと、カーボン製専用シートポストからくる乗り心地の良さなのです!


エスケープRX2の乗り心地の良さに比べたら、
CROSTARのアルミ製フロントフォークと安モノ28Cタイヤの組み合わせから生まれる、
ホネにゴツゴツと路面からの硬い振動は、、、運動不足を嘆くワタシらオッサン連中にはとてもじゃないけど耐えれませ~ん。

CROSTARは、あくまで軽さを売りにするコーダブルームに対抗して造っただけのモデルで
クロスバイクとしての完成度はエスケープRX2の方が断然上です、

ついでにいうとエスケープR3の方が、、、CROSTARやコーダブルームよりも完成度は上かも。。。

さて!
そんなエスケープRX2、
↓ワイヤーも内装式で見た目がスッキリ。
油圧整形されたアルミフレームのデザインも非常に凝ってます。

ブレーキキャリパーはシマノ製。
はげしくトーイン調整しなくともブレーキの調子が良いのはさすがシマノ製ですな。

サドルもクロスバイク用としては高級なサドルが標準装備されてます。
穴あきではありませんが尿道にやさしい溝付きデザインのタイプです。

後ブレーキもシマノ製です。
ワイヤーキャップもブラックに換えたのはワタシの趣味です。

ジャイアント製の28Cスリックタイヤが標準装備。
雨の日はあんまし乗りたくないですが、晴れてれば超・サイコーに転がります。
このタイヤ、CROSTARに標準のタイヤよりも重たいんですが耐パンクベルトが埋め込まれてます。
乗り続けてると黒いゴムがなくなってミドリっぽいゴム(耐パンクベルト)が見えてきます。
それでもすべるけどまだまだ走れます!
タイヤの寿命がメチャメチャ長~い。ジャイアント製のタイヤ、イケてますわ。

そして2020モデルのハイライトは、、、
従来はフロント3速、リア9速でしたが、2020モデルからフロント2速、リア9速化!
フロント側はわざわざ、、、RXシリーズ専用46/30Tクランクを新設計で採用しました。

そしてリア9速は11/34Tとワイドなギヤ比に設定し、クロスバイク専用2×9速コンポを完成させたのです。
エスケープRX1はギヤ比重いまま

じつは、、、
コレを実現できたのはジャイアントの量産フレームとしてはすこぶる精度が良いからなのです。
大抵のクロスバイクブランドは、変速性能に優れているシマノ製クランクを採用していても
フレーム精度の悪さをごまかせるようBB軸を長めなものを採用してたりします。

そのような精度の悪いクロスバイクは、、、
↓エスケープRX2のような、最良の変速調整位置がマネ出来ません。


エスケープRX2はインナー/ローの組み合わせで
フロントディレイラーとチェーンが少し擦れるくらいまで調整をツメることが出来ます。
この状態でもフロント変速の調子はバッチリ。

精度の悪いクロスバイクだとインナー/ローでフロントディレイラーとチェーンが
5ミリくらい離した調整でないとフロント変速が動いてくれなかったりします。
そうなるとチェーンが外れたりのトラブルが起こりやすくなります。

↓スプロケットカバーとホイールの反射板を外すのはワタシの好みです。

エスケープRX2の最大の欠点はココ!
シートポスト・クランプのシマリ具合が悪い。。。

それを補うためにイロイロ細工します。

エスケープRX2にサイドスタンドを取り付ける場合は、、、
必ず専用スタンドをご指定ください!

ちょっとばかし安いからといって汎用スタンドを付けてはダメです!
¥2,800というのはお高い気がするけど
ぜったいデス!

あの駅前のバラがキレイな公園でイベントや気になるお店屋さんまでサイクリング!〜輪心経理部〜

お天気に誘われて久しぶりのサイクリングに行ってきました♪

阪急武庫之荘駅南側の大井戸公園で「いただきマルシェ」というイベントを発見!

ハンドメイド作品やフリマ、飲食店も。見ているだけでも楽しい気分になります。

圧倒的に女性と子供が多かった印象ですが年配の方もチラホラ。

イベント目当てというより近所の方が散歩がてらに寄ってみた、という雰囲気です。

自転車で来られる方も多いですね。子乗せ自転車ママチャリがズラリと。私も自転車ですが(笑)

バラも咲いていてキレイですね。

春先に買った鉢植えのミニバラもこんなに元気に咲いてくれたらなぁ。泣いてなんかない。汗が目に入っただけ!

大井戸公園のイベントとバラを楽しんだあとはこちらへ↓

楽emon…(らくえもん)さんへ!古典的な和菓子というより洋菓子と和菓子どっち?と不思議な感覚になる和菓子です。(あくまで個人的感想)

今日は和菓子のみ臨時休業で冷蔵の大福だけ販売されてました。期間限定のさつまいも味の大福を買いました。

楽emon…さんのすぐ近くのお花屋さん「GARRET」(ギャレット)さんはお手頃価格の花苗や鉢植えがたくさんあります。

看板にめちゃくちゃ自転車がカブってますね(汗)すみません。写真を撮るのに手間どったのに…構図が下手すぎて気絶しそうです。

輪心と同じ水曜日が定休日なので、ゆっくり店内を見られないのが残念。また花苗が入荷されるタイミングで行きたいなぁ。

今回は武庫之荘周辺をさくっとサイクリングしました。次はどこに行こうかな♪

輪心ホームページも見てね♪

ESCAPE R DISC ブラックトーン

エスケープRディスクです。
エスケープR3の油圧式ディスクブレーキ仕様ですね。
メーカー希望小売価格¥62,000税別。

シルバーからブラックにグラデーションが入るカラーリングです。
前後のアルミホイールがオールブラックなのでノーマルエスケープR3とはまた違った雰囲気になりますね。

普通のエスケープR3と同じく、よく見るとただの丸パイプでない、複雑なデザインのフレームになっています。
このフレームにも生涯保証が付いてくれてます。

シマノ製油圧ディスクブレーキ!
輪心でご購入頂いた場合はエア抜き等のメンテナンスを無料で対応させて頂きます。

グリップもエルゴノミックデザインで手が疲れにくくなっとります!

サドルもスカスカな柔らかいだけのスポンジでは無く、
コシのある手触りでさらに座り心地が良くなりました。

タイヤ幅は実測33ミリ。
最大空気圧は7気圧指定の溝付きタイヤです。
5気圧くらいにすれば歩道も快適に走れます。

ESCAPE R3 レッド 写真

エスケープR3のレッドです。
メーカー希望小売価格¥52,000税別。
レッドと言ってもワインレッドですね。実に大人っぽいカラーリングですな。

写真撮るためとりあえず形にしてみましたのでどうぞ!

グリップは手のひらが痛くなりにくい、疲れにくいタイプでワタシ好みですね。
ただ、手がものすご~く小さい方には握りにくいと感じられるかもしれません。

サドルも手触りがさらに良くなり、スポンジもコシのあるやつになりました。

タイヤは700*30Cの溝ありですが、最大指定空気圧7BARとなかなか高圧。
でも5BARくらいで乗るのが乗りやすいかな?

ESCAPE R3 ブラックトーン

エスケープR3のブラックトーンです。
ブラックトーンというのは、ブラック~シルバーのグラデーションカラーになります。
メーカー希望小売価格¥52,000税別。

¥52,000で10.7kgてのはかなり軽い方なんですが、、、
エスケープR3、クロスバイクとしては珍しくクロモリ製フロントフォークが付いてます。
最近のクロスバイクは軽い代わりに乗り心地が悪い、アルミ製フロントフォークが主流になってきましたが、
エスケープR3は重い代わりに乗り心地バツグンな、クロモリ製フロントフォークにこだわってます。

今はアルミ製よりもクロモリ製フロントフォークの方がお高いんですよ?

そういや、2020モデルはワイヤー類がブラックに変更されましたね。
あと、写真のエスケープは純正オプションのサイドスタンドを取り付けてます。

上の方がシルバーで、だんだんとブラックに変化していくカラーです。
あと、フレームパイプが油圧整形で加工されており、丸パイプではない珍しいデザインになってます。
エスケープのフレームも生涯保証ついてます。

グリップがエルゴノミックデザインのグリップになってます。
柔らかくてキモチ良いですな。

サドルも安っぽいスポンジクッションでなく、腰の有るクッションに変わりました。
なかなか快適。D

タイヤは実測33mmです。最大空気圧が7気圧指定ですが5気圧くらいにして乗り心地良くして乗られた方がおススメです!
これくらいのタイヤ幅が有れば歩道も快適ですね。

ブレーキワイヤーも黒くなったし、露出部分も黒いライナー通して見た目スマートにしてみました。

ESCAPE R3 ブルートーン

2020年早期販売モデルのエスケープR3が入荷しました!
2020年モデルのメーカー希望小売価格は¥52,000税別と、2019モデルからお値段据え置き。
2020年モデルでもちょい勉強させて頂きま~す。

入荷第一弾はブルートーン・カラーです。
濃いブルーから淡いブルーにグラデーションかかったカラーですね。

2020年モデルから、フレームのデザインが前三角と後三角とで段差が出来るようなデザインになりました。
「え?どこが?!」
たぶん2019モデルと2020モデルとを横に並べてみないと判らないデザイン変更です。
あまり気にしなくても問題無いです。

写真のエスケープは、別売りの専用スタンドが取り付けられた状態です。
エスケープ買ったらこのスタンドが「絶対」おススメ!
めっちゃ良く出来たスタンドですわん。

そういや、タイヤが700×30cと太めながらタイヤの指定最大空気圧が
5.9気圧(2019モデル)から7.0気圧(2020モデル)になりました!

旧モデルよりも軽くなってスピードの乗りが良くなりましたね!

2018年モデルでも同じカラーリングが出てましたが、
ちょいブルーが濃くなったような?

サドルがグレードアップしました。
旧モデルはふんわり柔らか系サドルでしたが、
新型はちょい固め、というか腰の有る座り心地ですね。

エスケープR3のサドルにも、専用テールライトがネジ留め出来るようになりました!
他のオプションでサドルバックとかも出てます。

グリップはエルゴデザインになり手のひらを置きやすくなりました。
めっちゃ柔らかくてキモチ良い。。。

リアブレーキワイヤーにはカバー掛けて組みました。
フレームに傷が付きにくくなりますんで。

ペダルは裏から6mmレンチで回せるものになってまして、専用バックにほりこんで輪行される時は便利です。

後スプロケットのカバーと、ホイールに付いた反射板は外すのが最近のトレンド。

シートポスト差し込むところは、ゴーリゴリと削ります。

そういや、フロントホイールはネジ留め(スキュアー式)になりましたね。
メネジ側のコイルスプリングはわざと外すのがおススメ。

業務スーパーの人気商品は入荷されているのか?探し求めて西宮までサイクリング♪~輪心経理部~

秋晴れの気持ちいい日に久しぶりにクロスバイクに乗りました。
前回サイクリングしたのは3月。宝塚近辺を満喫しましたが今回は西宮!

武庫川を越えるために土手の坂道を上がるときもクロスバイクは変速器あるから楽勝です。
甲武橋で写真を撮ってみました。穏やかな流れの武庫川が見えます。

今日はサイクリングを楽しむのはもちろんですが、業務スーパーのタピオカミルクティーが人気商品らしく、
ひょっとしたら西宮の業務スーパーにはあるかも?と淡い期待をしつつ・・・。

やってきました業務スーパー西宮薬師店。駐車場はほぼ満車状態です。
平日のお昼前という時間もあってか、お客さんが次々と店内へ入っていきます。
ドキドキしつつ店内へ。お目当ての冷凍食品のワゴンを見たら、

タピオカミルクティー入荷未定のラベルがありました。
やっぱりそうなるよね。ちょっとだけ期待してたけど見事に撃沈。
商品が入荷されるタイミングで買えたらラッキーぐらいの気持ちでいようっと。

気を取り直して阪神西宮駅近くの生地屋さんを目指します。

フレンテ西宮にやってきました。車で来ると171号線の渋滞や駐車料金を気にしながらの買い物で落ち着かないのですが、
今日はクロスバイク。駐輪場もうれしいことに2時間無料。素晴らしい!
駐輪場も満車に見えますが、入れ替わりが激しいので待たずに駐輪できました。

手芸の丸十はさすが専門店。見ているだけでも楽しく時間が経つのがあっという間。
イオン・ダイエー・イズミヤなどは手芸売り場の縮小や撤退があり、欲しい物がなくて残念な気持ちになることも。

サイクリングしながら好きなお店を見てすっかりリフレッシュできました。
また気ままなサイクリングに出かけようっと♪

 

ESCAPE R3(写真)

2020年モデルのエスケープR3です。
メーカー希望小売価格¥52,000税別

2020年モデルのエスケープはハンドル周りやシートポストが全てシルバーに統一されています。
このシルバー部分はアルミ製なので茶色くサビません!
(ネジ類は鉄製のためサビる可能性はあります。これはブラックでも同じです)
よくシティサイクルでシルバーな部分が錆びるのは、鉄にメッキものか、安モノのステンレス使ってるからです。
アルミは少し白っぽくなったりしますが、茶色くサビたりはしませんのでご安心ください。

それでは、それぞれのカラーリングを展示会の写真を使って見ていきましょう!

レッドです、今年のレッドはメタリック系レッドですね。
昔あったような、ワインレッドほど深い(暗い?)色合いでは無く、写真そのままくらいの明るさです。
メタリックっぽいアルミの輝きが有ります!

ブルートーンです。
このカラーはブルー単色ではなく、、、薄いブルーから濃いブルーにグラデーションかかってます。

まっ白なツヤ有りのホワイトです。

マットエメラルドという新色です。
つや消しな上にメタリックっぽいアルミの質感が有ります。

ブラックトーンです。
こちらは2019モデルでも発売されていたカラーリングですね。
2019モデルでは一番人気だったそうで、3月くらいには完売してしまったはず。。。
ブラック単色では無く、シルバーからブラックへグラデーションかかってます。

エスケープRX-E+のMサイズです

2020モデルから追加されました、ESCAPE RX-E+のMサイズです。
メーカー希望小売価格で¥280,000(税別)です。

それにしてもデカい。。。

バッテリーをカバーする部分がサイズによって形状が異なっています。

以下は、組み立て途中の写真です。
ココのバリは結構有りますんで、ガッツリと削り落したいところですね。
ノーマルでカーボン製シートポスト付いてきますし!

このシートポスト、マウンテンバイクにも使われてまして、、、
ちょっと細工しとかないと激しいダートを走るときシートの角度がずれてきたりします。

エスケープRX-E+は、前後とも中空のスルーアクスルシャフトでホイールを留めています。
むかーし、何年もホイール外さずにスルーアクスルのMTB乗り続けてたら、、、
もの凄い固着してたお客様がおられたのでグリス大盛りで組みます。
DISCブレーキの熱とかも関係有るのかしら?!

ステアリングヘッドもグリスアップしときます。

新品のバッテリーは、必ず最初に「満」充電させます。
最初の充電を90%とかで適当に済まして使い続けるとバッテリーの寿命が短くなってしまうそうです!
ラジコンやってる人に教えてもらいましたんで間違いないです。

、、、たぶん!

ちなみに写真は納車前なのでバッテリーに保護シールを貼ったままですが、
このまま乗り続けるとギシギシ音の原因になったりしますので
乗る時は、保護シールをはがすことをおススメします。

油圧のディスクブレーキは、組みつけた状態でもう一度エア抜きしてあげた方が
ブレーキレバーのタッチが良くなります。

エスケープRX-E+で採用されている2ポットキャリパーはごく僅かな差にしかなりませんが
4ポットのディスクブレーキとかは絶対必要な作業だったりします。

まだカタログにも載って無い、2020年度から新規ラインナップされる、
MIKシステムに対応した、リアキャリア(¥7,000税別)とパニアバック(¥10,000税別)です。
これ、メッチャ便利ですよ!

パニアバック(左右一体型の自転車用カバン)は、防水ではないですけど非常にシッカリした生地で
中に予備のバッテリーをしまえるポケットが付いてます。
よって左右にそれぞれ予備バッテリーを持つと、225km×3=675km走行できる計算になりますね。

ちなみに正確には、225km走行後、バッテリーの残量が3%になって一度スイッチが切れます。
その状態でもう一度電源入れると、ECOモードのみですが0%になるまで走行できます。

そうなると、、、232km×3=696km走れる計算になりますね!

、、、って誰がそんだけ走るねん!
使わんやろ、このポケット(笑)
まあでも、通勤経路がもの凄い山岳地帯だったりする方だと使うのかな?

そしてカタログにも載って無い、ジャイアントオリジナルのMIKシステムは、
↓このキー(?)を、、、

ココにブチ込むとパニアバックの取り付けフックが外れます。
(パニアバックの場合、左右にゴム製フックが各一ヶ所ずつ外す必要が有ります)

↓取扱説明書です!

いやあ、便利!
ただし、このキー(?)は、、、マイナスドライバーでも代用出来ます(笑)
あくまでも持ち逃げを防ぐ程度とお考えくださ~い。

そいでもって、エスケープRX-E+の最大の欠点は以下の写真をご覧ください。
ハンドルを90度以上回すと、かならずブレーキレバーがフレームに当たります。
MサイズとSサイズは必ず当たります。XSサイズ以下なら当たらないです。

あと、コレは普段カンケーは無いかもしれませんが、、、

駐輪時に倒された時などに想像以上の悲劇をひきおこすかも知れません。
ピスト乗りの方にはアルアルなトラブルですな。

ワタシは怖いんでお気に入りのバンパーを取り付けることにしました。
(輪心からの無料サービスです)

ご購入有り難うございました、ステキな電気自転車ライフを!