PRE PUSH BIKEを展示してます(そして某キックバイクへの小言)

先日、輪心ホームページにジャイアントのキックバイク、プレプッシュバイクが実によく考えられている!
と、いうお話をさせて頂きましたら、、、
「実物を見てみたい」
と、おっしゃって頂けるお客さまがちょいちょい来てくれたんで、、、店頭にも展示することにしました!
ありがとうございま~す!

今でしたらメーカー希望小売価格¥15,500税別から10%割引させて頂きます。

あいかわらず、↓のバリがひどい。
ゴリゴリに削っときます。

↓サドルをべたべたまで下げてみました。
地面から31.5cmでした。

↓箱から出したら、、、このコもバルブキャップ無くなってるやん!
って思ったら誤食を防ぐために付けてないんだそうです。
保証書に書いてましたワン。

さて、、、

最近ちょいちょい、「30分で自転車デビュー!」とかいう宣伝文句で
キックバイクにペダル等駆動部を後付け出来るのが売りのキックバイクをよく見かけますが、、、
(どこのブランドかは伏せさせて頂きます)
アレが私の好みではないデス。

一度だけ、ペダルの取り付けを作業したことがあります。

ご来店頂いたお客さまが、
「駆動部の取り付けは自転車屋さんで行ってくださいと保証書に書いてあるんで、、、」
と、ご依頼いただいたんで作業しましたが、、、

↓私の好みでなかったのがココ
自転車でいうBB付近全て(左右クランクも全て)が、ボルト1本で留まってるという構造です。

お子さんの全体重とペダリングによるトルクが全て、このボルト1本で支えられている
と、いうのが私は好きではないデス。

もし自分が自転車に乗ってて、、、
いきなり左右のペダルが外れたら、、、
余裕で大転倒する自信が有ります。

ジャイアントのプレプッシュバイクやキッズバイクが
ものすごく安全や乗りやすさを考えて造られてるのを見てしまうと
このジャイアントでは無いキックバイクをお勧めする気にはなりませんし、
構造的に自転車屋として触りたくないデス。

もしジャイアントでは無い、私の好みでないキックバイクをお持ちの方は、
ペダルを取り付けられる時期が来ましたら鉄ゴミとして捨てることをおススメします。

もしくは、GOOGLEで
へんしんバイクのペダル取り付け手順」
と、検索されると取り付け方法が出てきますので自己責任で取り付けされることをおススメします。

PRE PUSH BIKE(キックバイク)(レッド)

なんとビックリ驚異のギミックをもつジャイアントのキックバイク、PRE PUSH BIKEです!
ちなみにメーカー希望小売価格は¥15,500税別。
なぜかジャイアントの海外HPにもPRE PUSH BIKEに秘められた数々のギミックを解説してくれていません。
ネットでさらっと検索しても全然出てこないんで、メンドくさいけど、仕方ないんで、
輪心のホームページで隠された数々の驚異のギミックを解説しましょう。

さて、なにが驚異のギミックかといいますと、、、

↓現物はレッドです。他にブルー、もの凄く淡いスカイブルーがラインナップに有ります。
ところどころに有るブルーがアクセント効いてますね!
、、、ん?

あら?良く見るとこの青いフロントフォーク、、、

なんかこの青いフロントフォーク、真っ赤なアルミ製メインフレームと質感が違いますねえ。。。

なんとこの青いフロントフォークに隠されたギミックが!
こいつPRE PUSH BIKE専用に開発された、強化樹脂製なのです!
さらにフロントホイールを専用のスキュアーボルト留めにして、
強化樹脂製フォークの振動吸収性能(しなり)を妨げない設計になってます。

軽さではカーボン製フロントフォーク(ストライダーで¥91,000(笑)であった)に劣りますが、
乗り心地の良さを生む、振動吸収の性能ではカーボン製フロントフォークにも負けません。

そしてタイヤはしっかり空気を入れて乗るチューブ入り仕様です。
ここも非常に大切なギミック

チューブ入りタイヤは、ノーマルストライダーで採用されているエラストマー系スポンジタイヤに比べると
前後タイヤで1kg近く重たくなるという欠点が有りますが、
段差を乗り越える能力がチューブ入りタイヤの方が断然に優れています。

↓公園で小石や段差を踏んでしまった場合でも、タイヤが凹んで衝撃を吸収してくれます。
(写真は目で見て判りやすいよう、タイヤの空気圧を下げています)

ので、小石や段差でタイヤが弾かれずに乗り越えてくれるのです。

↓このタイヤが変形してくれる特性が、エラストマー系スポンジタイヤだとほぼ「ゼロ」です。
このおかげでPRE PUSH BIKEは、ストライダーに比べて断然に転倒しにくいのです。
(ちなみにストライダー用チューブ入りタイヤ&専用ホイールセットは¥8,000前後で別売り)

そして、シートの高さ調整は工具不要で可能なクイックレバー式です。
なお、たま~にグリスを塗ってあげないとシマリが悪くなります。

このクイックレバー式シートのお陰で、シート高をタイヤまでクリアランス数ミリのギリギリ・カツカツまで下げることが可能です。

そしてこのPRE PUSH BIKE専用シートに隠されたギミックが!
なんと付属のスペーサーを入れ替えることにより、
シート取り付け角度を微調整することが可能なのです!

2歳のガキんちょが「シートの角度ちょっと悪いなあ」とか気にスンのか?!
(シートを前下がりにすると地面をキックしやすくなります)

さらにハンドルにも隠されたギミックが。
左にハンドルを回そうとすると、90度くらいで止まります。

右にハンドルを回そうとすると、90度くらいで止まります。
そう、ハンドルストッパーがヘッドパーツの中に内蔵されています。

このお蔭でハンドルがくるっとまわり過ぎてコケちゃう事を防げるのです。

さて、大人が乗るようなGIANT製スポーツバイクでも、、、

たとえ100万オーバーの超ハイエンド・ロードバイクや超ハイエンド・マウンテンバイクであっても
「乗りやすさ・コントロールしやすさ」を軸に、フレーム剛性やサスペンションのセッティングを考えて
設計しているモデルばかりだったりするのがジャイアントの大好きなトコなのですが、
この2歳以上から乗るようなキックバイクにも「乗りやすさ・コントロールしやすさ」を考えた驚異のギミックが備わっていたとは。

さすがジャイアント。
ちなみに輪心ではPRE PUSH BIKEは1週間ほどでお取り寄せ可能です。

ところで大人用のジャイアントはフレーム生涯保証なんですが、コイツもフレーム生涯保証なのかしら?