PROPEL ADVANCED PRO DISCが出来ました その①

PROPEL ADVANCED PRO DISCが遂に完成しました!

2018年モデルGIANTの中でもっとも気合いの入ったニューモデルといったら新型PROPEL DISCでしょう!

その中でもこのグリーンのモデルはセカンドグレードの「PRO」です。
完成車のみの販売で定価は¥648,000(税込)。

油圧ディスクブレーキでDI2コンポ前提のロードバイクなんで、
最高級DURAACE仕様と、このULTEGRA仕様との2グレードしかないという、、、
もの凄く割り切った仕様ですねえ。。。

実は新型PROPEL DISC、機械式のワイヤー引きコンポでも組めることは組めるんです。
海外では機械式ULTEGRA仕様の完成車も発売されています。
しかし、ど~しても機械式ワイヤーだと取り回しが特殊過ぎて変速の調子が新品でもイマイチだったんで
日本では割り切ってDI2コンポ仕様のみでの発売となったようです。

過去の記事で組み立て途中の内容はご確認頂くとして、、、

PROPEL DISCの過去記事まとめページはこちら

横から見てケーブル類が見えるのは油圧ディスクブレーキのホイール側末端と、リアディレイラーのコード末端のみです。
(シートポスト後にペロンと見えてるコードは、輪心のレジスターのものです。紛らわしくてスイマセン)

前から見たら、、、こんな感じ。

クイックレバーと、、、クランクがはみ出てますね。
クイックレバーはオプションで外せます。

クランクは、、、外せません!

フロント周りから後になるにつれ、だんだんと細くなっていくでざいんはTCRと同じですね。

ハンドル回りはホント、なんもないです。
あまりに何もなくて、、、なんかロードバイクっぽくないな~
って思ってたら、昔っからピスト乗っておられたお客様に
「実に良いっ!」
と、大絶賛でした。

ピスト乗りから言わすと、ロードはケーブル類がゴテゴテしてるのが美しくないそうで(笑)
そりゃそうですね、なるほど。
「ホントはブレーキレバーも要らな、、、」
すいません、ソレは無理です!

前から見えるワイヤーは、ホントここだけです。
ワイヤー自体の表面積は小さいものの、乱気流をつくりだし表面積以上の空気抵抗をつくりだしてしまうのです。

↓新型PROPEL DISC専用に新しく開発された、
フロント42mm高ディスクブレーキ専用のカーボンチューブレスホイールです。
横から見ても判りませんけど、横風にフラれにくい断面になってます。

そういえば今度、GIANTから42mm高のキャリパーブレーキ用カーボンホイールが発売されるらしいですね。
断面はコレみたいになってるのかな?

ちなみに、下の写真はホイールバランスを調整した後で、、、
バルブの正反対から少しずれて、バランス用ウェイト貼ってますけどコレは間違えたんちゃいますよ~!

↓リアもこれまた、新型PROPEL DISC専用に新しく開発された、
65mm高ディスクブレーキ専用のカーボンチューブレスホイールです。
横から見ても判りませんけど、もの凄いリム幅ブ厚いです。
25Cの太いタイヤはめたら、リムサイドと「ツライチ」です。
フロントホイールも太いですが、リアほどではありません。

ちなみに、下の写真はホイールバランスを調整した後で、、、
これもバルブの正反対から少しずれて、バランス用ウェイト貼ってます。

輪心にある、最高級(?)最新式(?)のデジタル式(ホント)ホイールバランサーは
理論的には、0.05gまで計測することが出来る、、、はずです。

(長いんで続く)
PROPEL ADVANCED PRO DISCが出来ました その②