GIANT製カーボンフレームは優れモノなのですよ

以下、過去記事ですがGIANT製カーボンフレームについて大切なことを書いたものなのでこちらにもコピペしときます。

先日、やっと入荷したTCR ADVANCED 2ですが、

次回入荷は4月、、、
ホントはTCR ADVANCED PRO 1も注文してるんですが、
今だ入荷せず、、、
でも、
専用カタログが来ました(笑)
{FC3AA31C-B6FE-4AC3-A345-382396CEEA13:01}

先にモノを送れや~!

 

とか思いながらも、中を読んでいきます。。。

 

ハイ、

 

必読すべきはテキストの7ページ。

 

GIANTは自社工場にカーボンシートを編むための編み機を持っています。

(下記↓写真参考のこと)

他に、この機械を持っている自転車メーカーで有名なんは、、、

{EAD60ADE-FC68-4BFF-A95F-7755FC8F8ACE:01}

TREKですね~!

1980年代ごろ?にTREKがOCLVカーボンを作成するため、アメリカに専用工場を造ったのが自転車メーカーでは初めてだったと記憶しています。

 

その頃からGIANTがTREKの下請け会社として生産技術を向上させていったと言われていますんで、GIANTもカーボン編み機を手に入れたのはTREKからの流れなのでしょう。

 

あと、他にはBMCも持ってますね。

 

ただ、BMCのは最上級モデルであるインペック専用として作られたため、それ以外のフレームには使用されていません。SLRフレームにも使用されていません。

(でもSLR01はサイコーですよ)

自転車メーカーのカタログをいろいろ見ていると、

良くT700とか、T800とかって書かれていますね。

それは東レが市販しているカーボンシートのグレード名です。

 

普通、一流の自転車メーカーでも東レ製のカーボンシートを購入して

カーボンフレームを成型していきます。

 

んが、

 

TREKとかGIANTは、東レからカーボンの糸を買ってきて自社でカーボンシートを作成し、より優れたカーボンフレームを成型しています。

 

だからこそTREKもGIANTも、カーボンフレームの品質に自信が有り、

カーボンフレームなのに永久保証を付けているんでしょうね~!

 

いやあ、GIANT最高っす!