SUMMUM PROとりあえず写真を

店頭に置いてあるのはSUMMUM PROだけですが、
それ以外のMONDRAKERもお取り寄せ出来ます!

2018モデル モンドレーカー完成車在庫表はこちら

2018モデル モンドレーカーフレームセットはこちら

フレームセットの場合、付属する最新2019フォークがブースト規格のものばかりです。
FOX 40もブーストの20mm規格なのでご注意ください。
2019FOX 40 29erはブースト20*110mmですが、、、
2019FOX 40 27.5はブーストでない20*110mmでした!

さて、、、
以下はサマム・プロについて。

定価は¥678,000(税別)です。

トップチューブは油圧整形でMONDRAKERらしいアクセントを付けてますが、
GIANTの油圧整形がハンパ無くスゴいんで、大したことないようにしか見えません。。。
すいません。。。

コイツの一番の特徴となるのは、フォアードジオメトリーという変わったフレーム設計にあります。
ココ数年で、ワールドカップで走るあらゆるブランドのダウンヒルバイク・ブランドがフォアードジオメトリーをパクりまくってます。
正直なところ、ワタシもフォアードジオメトリーを味わいたくってMONDRAKERの取り扱いを決めました。

続きは後日、、、

https://wagocoro.net/wp-content/uploads/2018/09/img_4463.mov

11月はお買い得です

11月はちょっと肌寒いですが

走り出せばちょうど良い、自転車乗るには絶好の季節ですなあ〜

さあ、乗りましょう!

そんな11月は…

最新の2019モデルは

輪心の2018モデル在庫分だけお安くさせていただきます。

在庫モデルは店頭にてご確認ください。
倉庫に隠してるモデルもございます!

スルガ銀行のロードバイク・ローンでのご購入も同じ特典付でご紹介させていただきます。

くわしくは、店頭にて!

DedaのカーボンDHバーが特価で

DedaのFASTBLACK 2っていうDHバーです。
定価¥29,700(税込)もするだけあって、、、カーボンバー!
軽いぜ~

コレが限定1セットのみ、、、
なんと64%割引の、、、
¥10,800(税込)です。

普通のドロップハンドルに付けても高低差が少ない、使いやすいデザインのDHバーですね。

この前FBでカーボンパイプ自作した記事書いてましたけど、、、コレちゃいますからね!

半額どころちゃいますで。。。

シャレでDHバーに挑戦してみたいな~!
ってローディー様いかがですか?

お化粧しないオッサン共は、スポーツするなら日焼け止めを!

ケミカルで有名なWAKO’S(ワコーズ)の子会社が開発した、スポーツする人のための日焼け止めってのが、、、
コレです!

スポーツする人のための日焼け止めって、、、
ナニが違うんや?と、お思いでしょう。
それは、、、肌に塗って30分置いたら、水でも汗でも落ちない。
というのがポイントなのです。

でも、、、

そもそも、、、

ワタシらおっさんに日焼け止めって必要なの?

だってお肌には、、、シミも、シワも、ソバカスもすでに有るし。
っていうか気にしないし~

と、

我らおっさんにはピンと来ないかもしれませんが、
この気温40度とかいう灼熱地獄の中走り回るためには
お化粧しないオッサンにこそ日焼け止めを塗るメリットが高いのです。
それは、、、

オッサン共にとって日焼け止めを塗る、一番のメリットは、、、
炎天下の灼熱地獄の太陽の下でも、疲れにくくなる
コレです。
そう、限られたスタミナを少しでも温存するためには、日焼け止めがかなり効きます。

さらに一般的な日焼け止めだと、、、

  • 1時間に一回塗り直しが必要
  • 汗で落ちやすい(水に強いウォータープルーフってやつも、実と汗で落ちる)

の、です。

毎日ファンデーションお使いのご婦人方には常識なのでしょうが、
そんなん、ワタシらおっさんは知らないことばっかし。

つまり、一般的な日焼け止めをロード乗る前に塗りたくっても、
汗っかきなオッサンだと30分後には効果ゼロ。

そのために開発された、水でも汗でも落ちない日焼け止めがコイツなのです。

ちなみに、無知なオッサン共に教えたげますけど、セッケンでも落ちませんから。
(ワタシ知らなんだ)
走り終わった後は、専用のクレンジングオイルを軽く塗り塗りしてやっと落ちます。

そこで専用のクレンジングオイルも必要なんですってさ~

と、いうわけで

オッサンのためのスポーツする人のための日焼け止め ¥3,780
専用クレンジングオイル ¥3,564
総額 ¥7,344(税込)
が、
7セットのみ¥6,000(税込)で!

IDIOM 1

IDIOM の中でもちょっと良い方の、、、イディオム 1です!
定価で¥75,000(税込)と。
それが今なら、、、

安いほうのIDIOM 2(定価¥63,000税別)と比べて、、、結構違いますやん!!
IDIOM 1の方が、だいぶ完成度高いです。

お値段的に¥12,000違うんですが、
安いIDIOM 2はフロントシングルするんに、
ギヤ板はシングル用でなく、ダブル用アウターギヤを流用しているため、
たま~にチェーンが外れちゃうんですよね。。。
さらに、、、
フロントシングルなのを補うため、リア変速はMTB用のACERAを8速で使っています。

それが¥12,000お高いIDIOM 1はフロント2段変速なんで、
リア変速はロード用のSORAを9速で使ってます。
ロード用のSORAの方が断然に変速がスムーズで、レバー操作も軽い!
普通のクロスバイクよりも変速スムーズですやん。

2018モデルからワイヤー中通しになりました。

IDIOM 1のSORAコンポ。
やっぱ普通のクロスバイクに比べて、断然に変速がスムーズで操作も軽い!
全然違いますねえ。。。

ちなみにIDIOMシリーズは、折りたたみ自転車では有りません。
単に、、、
ハンドルを倒せる。
シートを下げれる。
だけです。

シートも良く上げ下げする前提で、シートポストに傷が行きにくいよう
フレーム内側の角を、「ゴーリゴリ」と削ります。

シートクランプの「しまり」も良くなります。

あ、
すいません、
ライトは付属しません。

ライトは付属しませんので、、、
↓今ならこのサル、¥1,000円で売ってますんで!

気のせいかしら、、、
IDIOMシリーズのやつらはかなりの確率で、、、
↓ボトルケージのネジんとこがおかしいです。