TCR SLR 1(現時点で最高のアルミ製ロードバイクをどっぷり味わいたい編)

店主の妄想(シリーズ全3回)

第3回:現時点で最高のアルミ製ロードバイクをどっぷり味わいたい編

いまさら何ですけど、2018年モデルのご紹介です。
2018 GIANT TCR SLR 1 R8000系アルテグラの完成車なのでコンポは現行モデルと同じです。
これがメーカー希望小売価格¥225,000(税別)と、
(よくよく見たら2019モデルのメーカー希望小売価格より1万円お安い)

さらに現金特価で販売価格が、、、40%割引の¥135,000(税別)
税込なら、、、¥145,800(税込)です。

残念ながらSサイズが1台のみ。

うーむシブいカラーリングですな。
カラーリングと言っていいのか?

カタログ上では「アルミニウム」と記載されてます。
アルミの「ロウカラー」とも言われます。

クリア塗装される前に、表面ちょいと磨かれてあるんで、
昔だと、、、「スコッチブライト」と言われたりもしてましたね!

あと、フロントフォークは
TCR ADVANCED PROグレード(35万以上)のものを流用しています。
なかなかお金かかってます。

TCR SLRの現行アルミフレームは、溶接後のビートが少し見ることが出来ます。
実は、旧式の2016モデルのTCR SLRフレームは溶接後のビートがまったく見えなくなるまでスムージングされ
一見、カーボンフレームなのかアルミフレームなのか判断出来なくなるほどにスバらしいアルミフレームなのでした。

それが現行TCR SLRフレームでは溶接後のビートが少し残っているので、
はじめて見た時は、、、

「改悪か??」
と、思いましたがそうでは無く、、、

技術革新により、スムージング加工する余裕が無いほどに溶接後に残るビートが削り取る余裕も無いほどに
薄く・軽く溶接できるようになったからなのだそうです。

現行ジャイアントは、基本フレームに生涯保証をつけており、
もちろんこのTCR SLR 1も超軽量アルミフレームなのに生涯保証が付いてます。
(一般的に、、、軽量アルミフレームが最もクラック入りやすい)
その辺も理由の一つなのかもしれませんね。

確かにそう言われると、、、
ヘッド周りは割とフツーですがそれ以外の部分は溶接後のビートがとても薄いですね。

アルミフレームですが、リアタイヤとのクリアランス確保のため
「くびれ」があります。
クビレ最高。

そしてホイール・タイヤはチューブレス仕様です。
残念ながら特別に軽いホイールではなく、チューブレスが使えるってコトが売りのホイールです。
まあいうて、、、このSサイズを重量測って7.8kgやったんで文句は無いです。

また、ワイヤー類は全て内装なのはもちろん、
プラスチック製でインナーワイヤーがスムーズに通るようガイドを造ってフレーム内部に配線されています。
そのお陰でブレーキも変速もワイヤーの引きがスムーズなのです。
この辺の細かいところも、後々のメンテナンスでとても助かるのです。
ジャイアント最高。

輪心「わごころ」
輪心のHPもよろしくお願いしま~す!

輪心facebook

TCR ADVANCED 1 SE(とりあえずパワーメーターで遊んでみたい編)

店主の妄想(シリーズ全3回)

第2回:とりあえずパワーメーターで遊んでみたい編

みなさまこんにちは、以前にFTPテストしたら150wだった木村です。
えっと、、、一般的な男性ロード乗りはだいたい200wくらい有るんでしたっけ?
ま、別にエエんですけど。

まあ最近はワタシ、通勤もランですからね。
3+3kmでトータル6kmだけですけど。

まあアレですよ。
ワタシも本気だしたらですね、
本気出したらFTP値くらいもっと上げれるんですよ?
例えばヒルクライムのイベント出るとかってなったら真面目に練習しますよ。
パワーメーターも買ってね?
オギノ式、、、あ、ちがったタバタ式インターバルでも気合い入れてやりますよ。
ただ、いま残念ながら忙しくて時間が無いんですよね~
いや、残念。

さて、ヒルクライムを楽しみたいロード乗りにはほぼ必須アイテムになってしまったパワーメーター、、、
ドラゴンボールのスカウターごとく乗り手の性能を数値化してくれるという、めっちゃ面白い機械なのです。
ただ、、、いかんせんお高い。
とりあえずパワーをワット数で表示してくれるだけのパワーメーターでも数万円。
ホントはやっぱし左右の脚それぞれでワット数見たいんですけど一気に十数万円。。。
おおう。。。

が、
ジャイアントには、
このパワーメーターがオマケで付いてくる、恐ろしい完成車が存在します。
それがこの、TCR ADVANCED 1 SE メーカー希望小売価格¥280,000(税別)です。

一応、フレームはブラックが基調で、ハンドル周りもブラックでまとめられてますが、

ブルーがアクセントで入ってたり、、、

蛍光グリーンもアクセントで入ってたり、、、

ダウンチューブの大きな「GIANT」ロゴはただのシルバーではなく、

アルミのような金属的なシルバーをしてます。
このフレームはカーボンフレームなので、アルミのステッカーを貼ったんでしょうか?

カタログで見るよりも、わりと目立つカラーリングですねえ。

↓そしてコレがパワーメーター用センサーです。
ちゃんと左右それぞれにセンサーが付属しているタイプで、

専用アプリで見ると、ちゃんと左右それぞれのパワーをワット数で表示されている上に
ペダルがどの位置で強く踏まれているかを「フォースアングル」の図で判りやすく表示してくれます。

そう!
実はこのパワーメーター、表示にスマートフォンを活用しているのです!!

なんせ他ブランドのパワーメーターだと、お高い機械を買った上に、
それを表示するための専用メーターや、ガーミン等のサイクルコンピューターを別途買わないとダメですからね。。。

それがこのジャイアントのパワーメーター(GIANT POWER PROっていう名前ついてます)だと、
お気軽にスマートフォンを使うので余計な出費が不要なのです。
ガーミンとか既にお持ちの方もご安心ください、ANT+の電波も同時に発信しておりますので
ガーミンとスマホを横に並べて同時に表示させることも可能です。

ご参考までに、充電も簡単で、
↓専用充電コードをマグネットでクランクに貼り付けるだけです。

えっ?
赤札??
赤札がどうかされましたか?!

ジャイアントのパワーメーター(GIANT POWER PRO)、、、
正直、細かいぺダリング出力のベクトル等の表示機能は無く、
日本製の超高級ブランドのものには負けるかもしれませんが、
POWER PROで見える情報でも、十分にご自身のぺダリング能力を確認することが出来ます。

それが28万の完成車にオマケで付いてるんですからスゴいです。
しかも今回、写真のSサイズだけ赤札付いてます。
ワタシが勝手にFTPテストしたから赤札付いてるわけちゃいますよ!
だれも乗って無い新車です。
ただ、、、ちょっと訳あって赤札付いてるんです。
ぜひ赤札見に輪心までご来店ください!

TCR ADVANCED PRO 1であさひ70周年特別記念モデルっていうのが発売されたんですね!

サイクルベースあさひさんが70周年記念モデルとして、すごい限定車出してますね!
なんとTCR ADVANCED PRO 1のオリジナルカラー仕様が
¥299,980(税込)ですって!
すごっ!

TCR ADVANCED PRO 1のノーマルだと、希望小売価格で¥378,000(税込)ですからね。。。
悔しいからリンクは貼りません(笑)
(↓画像だけどうぞ)

それにしても、、、70周年とはスゴいです。おめでとうございます!

じゃあせっかくなんで、、、
勝手に「あさひさん、70周年おめでとうございます」記念

ノーマルTCR ADVANCED PRO 1を輪心の在庫分のみ、
販売価格¥299,980(税込)
輪心にて販売させて頂きます。
(当店は通信販売に対応しておりません)
(7/5時点でS、M、MLサイズが在庫ございま~す)

うわ~
安っ
これウチ、儲かりませんわ。

でも、あさひさんが70周年ですからねえ。

ブラックにグリーンのラインが入ってます。

この辺のロゴは、、、

反射プリントになってます。
ちょっと擦れただけで剥がれちゃいますが気にしないで下さい。

ハンドル周りは、ワイヤーの取り回しを変更してからお渡しとなります。

このホイールは超軽量カーボンリムな上にチューブレスバルブを使用しているため、
バランス取りされることをお勧めします。

輪心では、専用デジタル機器にて調整してからのお渡しとなります。

あさひさんも70周年記念モデルを出すのはエエねんけど、
メーカー希望小売価格よか遥かに安いって!
すごいなあ、、、上場企業はお金持ってんなあ。。。

くっそ~

あ、
いや、
あさひさん、70周年おめでとうございます!

なお、輪心はあさひさんとはまったく関係ございません(笑)

FATHOM 2(試乗(私情)車のFATHOMをサイズ替えてみたい編)

店主の妄想(シリーズ全3回)

第1回:試乗私情車のFATHOMをサイズ替えてみたい編

先日、箕面市で開催されたMTBの大会、楽しかったな~
ワタシは2017モデルのFATHOM1 XSサイズで走りました。


photo by フッチーさん

この私情車を手に入れた時はジャンプでも遊んでみたいな、、、
と、XSサイズをオーダーしましたが
こういうコースだともっと大きいフレームサイズの方がエエやろな。。。と思いながら走ってました。

そんなことを思い出したのは↓コイツ組んでたからです。

2019モデルFATHOM 2 Mサイズです。
メーカー希望小売価格は¥140,000税別

輪心の販売価格はお問い合わせください

クランクは流行りのシングル30T、
リアは11-42Tのデオーレ10速。
ジャイアントのMTBとしては珍しくフロントフォークもチョッパー気味
ホイールベース長めで後乗りポジションにも対応
ノーマルタイヤ2.4インチ幅ですが2.6インチ幅にも対応
ドロッパーポストも最初から付いてます。

実は、、、
それが、、、

なんと、、、

↓キズが有ったんです。
え?
見えませんか??

↓ホラ!

キズだああ~!

速効GIANTに電話して値切り交渉(笑)

無事にちょっとだけマケてくれました。

現品限りMサイズちょっとキズ有り特価はお問い合わせください

ジャイアント有り難うございま~す!

さて、
とりあえず店頭に展示してますがそのうち私情、、、
いえ、試乗車になっちゃうかも!

店主の妄想(シリーズ全3回)

第2回:とりあえずパワーメーターで遊んでみたい編(予定)
第3回:現時点で最高のアルミ製ロードバイクをどっぷり味わいたい編(予定)

ESCAPE(エスケープ)RX-E+のって六甲山最高峰で記念撮影

●●●令和記念●●●
ジャイアントのフルパワーEバイク、ESCAPE(エスケープ)RX-E+が令和記念で

と、いうことは、、、エスケープRX-E+が定価¥302,400(税込)から
3万円お値引きの¥272,400(税込)で!

またまたジャイアントのフルパワーEバイク、ESCAPE(エスケープ)RX-E+の実験に最適なモルモットお客さまが!

え?!
今日はヒザがイタい?

大丈夫です、そんな時こそ電気自転車ですよね!

ええ?!
ヒザに先週ヒアルロン酸打った?

大丈夫です、なんてったってフルパワーEバイクですから!

と、いうことで六甲山頂まで行ってらっしゃいませ!
ロードバイクはちゃんとお預かりしときますんで。

ただ、今回バッテリーの充電時に判ったことがありました。

前の晩に、バッテリー残量98%だったので100%にしとこうと充電器つなげておいたら、、、
次の朝は、バッテリー残量98%のままでした。

なんと、エスケープ専用充電器の電圧測定が正確すぎて、
98%も残量が残ってれば過充電をふせぐ安全装置が働いて充電出来ないようになっているのです。

さらに、一晩つなぎっ放しでも残量がまったく増えてないということは待機電流もほとんど流れていないのでしょう。
すばらしくバッテリーのコンディションに気を使っている充電器です。
さすがパナソニック製ですな!

武庫川沿いに北上中です。
すでにバッテリー残量98%なのが確認出来ます。
この辺の平地区間で感じられたのは、、、
「スピードが出ない(笑)」

そう、平地では時速22~23キロで巡行するのが最も快適で、30キロで巡行するのはもの凄くシンドいのです。

ただ、今回ついでに調べて判ったんですが海外仕様のEバイクでも、、、
ヨーロッパ仕様で時速25キロくらいで巡行するのが最も快適で、
北米仕様で速いモデルでも時速32キロくらいで巡行するのが最も快適なのだそうです。

あ、そうなんだ。
海外仕様なら時速50キロとか出せるのかと思ってました。

さて、
そしてエデンの園を時速14キロで抜けて、、、

芦屋の有料道路入り口を時速14キロで通り過ぎ、、、

はい、六甲山最高峰でパシャリ!

なんと直前のグレーなコンクリート敷き道路でも
時速14キロで登れたそうです!すごい!
距離だと30mくらいしか無いかも知れませんがあの斜度は何度あるのでしょうか?!
20度くらい??

と、いうことで輪心に無事帰ってこられました。
有り難うございます、お疲れさまでした!

あ、全然疲れてないそうです。

輪心に帰ってきた時点で走行距離バッテリー残量は58%でした。
走行距離は33.4kmと。

今回わかった大切なことは以下です。
「エスケープRX-E+なら、登り坂の傾斜に関係なく時速14キロで上れる」

まあ、時速14キロというスピードは個人差が有るのでしょうが、一定のスピードで激坂でも登っちゃうのはスゴいですな。
ちなみに今回のモルモットお客さまは軽いほうのギヤ3枚は全く使わなかったそうです。
つまり六甲山程度ならフロント50T-リア23Tで登れると。。。

↓過去の記事もご参考下さい。

ESCAPE(エスケープ)RX-E+で六甲山の一軒茶屋まで

7月はお買い得です

7は暑すぎるほどでも無いサイクリングの季節ですね。

台風がくる前に新しいバイク買って乗りまくりましょう!

●●●Aパターン●●●
(自転車本体のみをご購入される場合)

例えば、、、
車両本体価格が¥56,160のモデルだと、お支払総額は10%割引の¥50,544となります。
また、PAYPAYにクレジットカードを登録してのお支払ならこのお値段で販売させていただけます。

 

●●●Bパターン●●●
(自転車本体と一緒にパーツもご購入される場合)
例えば、、、
車両本体価格が¥56,160のモデルだと、お支払総額は¥56,160のまま。
そこに、、、お支払金額の15%分(¥8,424)のパーツをプレゼント!

事実上、自転車本体が15%割引になるわけです!

ポンプでもヘルメットでもなんでも構いませんよ!

●●●令和記念●●●
ジャイアントのフルパワーEバイク、ESCAPE(エスケープ)RX-E+が令和記念で

と、いうことは、、、エスケープRX-E+が定価¥302,400(税込)から
3万円お値引きの272,400(税込)で!


今なら以下の在庫ございます。
シルバーのXSサイズ
ブラックのSサイズ

スルガ銀行のロードバイク・ローンでのご購入も同じ特典付でご紹介させていただきます。

くわしくは、店頭にて!

 

PIVOT POINTフレーム

最近、ダウンヒルフレームで有名なPIVOTですが、「POINT」というクロモリハードテールも発売してます。
ホイールサイズは26インチで、ダートジャンプ系というよりかは、、、
今となっては珍しい4X系フレームといった造りですね!

●テーパードフォーク用ヘッドパーツ
●変速機用フレームエンド
●シングルギヤ用フレームエンド
付属で、

リアエンド 26インチ、135mm×10mm
BB幅 73mm
ISCG05台座付

販売価格 ¥62,300税込です!

付属品はこんだけ

↓ヘッドチューブには製造元DMR BIKESの刻印が!

2018年モデルのLIV ESCAPE R3 W ブルー

コラ
コラ

コラ

コラ~!

またやで。。。
またLIVやりおったわ。。。
2017年モデルんときもそうやったけど、
{A56FA2EE-3ECC-4631-9513-A502E5723507}

なにオマエ、LIVの方だけでオサレな色だしとんねん。

 

しかも、サドルとグリップとタイヤにブラウンカラーとかでアクセント付けとるし。

{3163B81C-9D5A-44CC-B846-EDF8D23FC7F4}

 

GIANTブランドのフツーなエスケープR3より、えらいお金かけとるやないけ~!

 

(↓下の写真は、フレーム本体のカラーが実物っぽく見えるよう色彩変えてみました。難しい発色してるんで、普通に写真撮ったらイマイチ色合いが合いませんで。もしくは輪心にご来店くださいm(__)m )

 

{CC62EFCA-EF9B-4E9C-AE88-5508EA37F4EB}

 

このカラーやったら、GIANTブランドで出したら、男性でも乗ると思うねんけどな~

 

ぜったいセコいわ~

 

このカラーリング、オレ好みや~

TCR ADVANCED Di2仕様を¥328,000(税込)で!

走行性能よりも快適性を求める方におススメなDi2仕様を考えてみました!

ジャイアントで生涯保証付いたカーボンフレーム、
そして軽量、、、
といえばTCR ADVANCEDグレードなのですが、

TCR ADVANCED 2の完成車(定価¥216,000税込でR7000仕様)を元に、

↓ノーマル時の写真

このコンポを丸ごと(クランクもブレーキもスプロケットにチェーンも)
R8050 Di2に入れ替える仕様をなるべくお安く出来るよう考えて、、、

 

TCR ADVANCED R8050Di2コンポ仕様で¥328,000(税込)
(¥303,704税別)
にて販売させて頂きます!
(フロント50/34、リアスプロケット11-30tの仕様にて計算)
(セール等が有った場合でもこの商品は対象外とさせていただきます)

元のR7000コンポを輪心で下取りする計算でお安く計算しとります。
(元のR7000コンポは当方の所有となります)

まあ、ジャイアントで30万ちょいといえば
TCR ADVANCED PRO 1(35万)(機械式R8000コンポ)(カーボンホイール)
が有りますね。
走行性能でいうとカーボンホイール付いた方がエエんでしょうが、
楽に、より快適に走りたいとなるとDi2ついてた方がエエですからねえ。

ぜひ、ご検討下さい。

 

 

 

DedaのカーボンDHバーが特価で

DedaのFASTBLACK 2っていうDHバーです。
定価¥29,700(税込)もするだけあって、、、カーボンバー!
軽いぜ~

コレが限定1セットのみ、、、
なんと64%割引の、、、
¥10,800(税込)です。

普通のドロップハンドルに付けても高低差が少ない、使いやすいデザインのDHバーですね。

この前FBでカーボンパイプ自作した記事書いてましたけど、、、コレちゃいますからね!

半額どころちゃいますで。。。

シャレでDHバーに挑戦してみたいな~!
ってローディー様いかがですか?