輪心に女子サイクリング部発足?〜輪心経理部〜

春めいてきたので、サイクリグしたくなります。
先日、Livブランド担当の方と一緒に宝塚をプチサイクリグしてきました!

出発前の写真です。輪心のシャッターが半分閉まっているのは営業時間前だからです(笑)

武庫川沿いのサイクリングロードを快適に走っていたのですが…川が合流するところで道がなくなりました。
坂道を上がって一般道に戻りました。

目的地のルマンへ到着。自転車を止めるのをためらうほどの道幅なので邪魔にならないように寄せて止めました。

たくさんの種類があって迷いに迷ったサンドイッチはフルーツサンドが入っているものにしました。

宝塚大劇場をバックに記念の1枚。この日は風が冷たく橋の上で写真を撮るのは短時間でささっと済ませました。宝塚あいあいパークのベンチで水鳥を眺めながらサンドイッチを食べました。

ゴールは宝塚市と川西市の市境にあるkokoano-hanayaさんでお茶しました。ログハウスにclosedのプレートがかかっていて焦ったのですが、声をかけて営業中か確認すると、すぐにopenに変えてくれました。ログハウスの中はフラワーアレンジメント用の花材やアクセサリーリースなどが展示されていて可愛らしい雰囲気でした。

総移動距離は10キロもないので、お手軽で気楽なサイクリグです。行ってみたいと思われる女性の方がいらっしゃったら、輪心までご連絡くださいね。

2019年3月5日 | Category : お知らせ | Author : 木村 敬

宝塚の週に一度しか開いてないパン屋さんのパンを買いました♪~輪心経理部~

先日、武庫之荘駅近くの住宅街に長い行列ができていたので、なにごと?と思ったら雑貨屋さんが1日限定のマーケットをしていました。
ハンドメイド作家さんのアウトレット品やB級品、資材、アンティークなモノの他にパン屋さんとコーヒー屋さん、植物も並んでいました。
時計を見れば開店10分過ぎでしたが、迷わず並ぶことに。私の後ろにもどんどん行列ができていく。
行列に並ぶこと40分!!
やっとみちみち屋こぐまパンのパンを買えました。

みちみち屋こぐまパン
思い起こせば、1年ほど前…。
フェイスブックの情報を頼りに宝塚市月見山のお店まで自転車で買いに行った私。
電動自転車だから問題ないと思っていたのですが…。甘かった。坂道をなめてました。

目的地のはるか手前で充電切れのランプが点灯しはじめ、半泣きになりながら、ついでに住宅街でさんざん迷いながらたどり着いたパン屋さん。
その時に思いました。
体力の衰え、何より電動自転車の充電をフルにしておけばよかった、と。

坂道なんて平気、坂道大好き♡という方はぜひ、宝塚市月見山の「みちみち屋こぐまパン」のお店をおススメします!
毎週木曜日11:30から売り切れ次第終了なのでお早めに。

ほかにも1日限定マーケットで買ったのはこちら↓

布小物です。生地も充実していました。もっと早く開店前から並んでいればと後悔してしまうほどの品質とリーズナブルな価格!
100円ショップでも生地やハギレは売ってますが品質がそれなりなので(笑)
お客さんの9割は女性でした。年齢層は広くマダムらしき人、抱っこひもで赤ちゃん連れのママ、幼児をつれたママ友のグループなどなど。
ハンドメイドの人気は衰え知らずですね。
次回開催されるなら今度こそ早めの行動で40分待ちは避けたい!

2019年1月19日 | Category : お知らせ | Author : 木村 敬

宝塚ハンドメイド雑貨販売〜輪心経理部〜

JR中山寺駅近くのハンドメイドのイベントに行ってきました。

6cca*さんのブログを読んでイベントの開催を発見。

6周年イベントということでオープン前から行列が!

イベント告知のフライヤーを持参すると、会場入り口でプレゼントをもらえました↓

6cca*さんの布雑貨やアクセサリー、木工作品、皮小物、どれもお手頃価格で既製品にはない手づくりの魅力がいっぱい。

子ども服もありましたよ。

買うか迷ったのですが、娘と服の好みが違うことが増えたのであきらめました(泣)

今回はこちらの作品を買いました↓

アトリエクレアさんのプリザーブドフラワー。

6cca* さんの作品はストールピンにしました↓

以前に買ったキーケースも活躍してます。

エプロンをしたスタッフさんがにこやかに接客されてて、楽しい買い物ができました。

次回は来年春の宝塚あいあいパークのハンドメイドフリマに出店されるのでは?

とひそかに期待してます(笑)

これからも6cca*さんの活躍を応援してますよ〜!

2018年12月5日 | Category : お知らせ | Author : 木村 敬

パンマグネット〜輪心経理部〜

先日、下鴨神社糺の森で開催された「森の手づくり市」行ってきました♪

2日間で約400ブースのさまざまな手づくり雑貨、焼き菓子や食べ物のブースが並ぶイベントです。

京都の手づくり市は見ごたえがあり、ゆっくり見たいのですが、家から遠い。

だいたい「弾丸ツアー」になってしまいます(笑)

朝早く現地到着して昼過ぎには帰宅。

今回のおめあての作家さんは本物のパンを使って作るパンマグネットのこちら↓

家族がパンの端っこ好きなので、連れて帰ることに。

種類は覚えているだけでも、メロンパン、フランスパン、プレッツェル、コルネ、3色パン、三角形トーストなどなど。

パンマグネットの他にパンブローチもあるので、お出かけのおともにカバンやストールにつけても可愛いですよ!

2018年11月30日 | Category : お知らせ | Author : 木村 敬

菖蒲谷ショートダウンヒル 第2戦で!

現地特派員より速報です!

11/25日曜日に開催された菖蒲谷ショートダウンヒル 第2戦で、、、
優勝 ガッキー(2019シーズンからTRANSITIONのスポンサーを受けることになりました)
2位 なべっち
3位 チャンしま

と、表彰台の全員が輪心関係のライダーで独占されました!

いやあ、ゴイス~

、、、え?
、、、何か写真で気になることでも?

ありがとう、FIVETEN社!

輪心ではFIVETENの商品扱ってないんでご注意ください。
この記事はあくまで個人的な内容で書いたもので~す!
11/19午後追記
11/24キャラバンに注文したついでに質問したら教えてくれたことを加味して修正・追記

さて、、、
今、ワタシがはいてるファイブテンのインパクトは、過去に「重力技研」さんトコで購入したものです。
自腹切ってまで使いたいMTB用シューズがファイブテン!

ファイブテン社は2011年にアディダス社に買収され、最近までアディダス社の子会社として運営されていたんですが、、、
ファイブテン社の創始者、チャールズコールさんが2018年に63歳で亡くなられました。
それを機に?ファイブテン社は本社建屋を売却、アディダス社に完全吸収されました。

今後はアディダスのファイブテン・シリーズというような位置付けでアディダスのロゴが付いたシューズが展開されるらしいんですが、、、

なんと!
ココで気になることが~!

2019モデルとしてアディダスから登山系シューズは、無事に、最近、発表されたようですが、
現時点でMTB系シューズが発表されてないようです。。。

っつ~コトはアレですか?
最低でも1年はファイブテン同様のMTBシューズが買いたくても買えない。
っつ~コトですか?!
ちなみに日本国内のファイブテン総代理店である、CARAVANホームページでは半額セールになってます!

CARAVAN スペシャルセール

CARAVANでも2018 12月でファイブテンの取り扱いは終了するようですね。
なお、ダイアテックはCARAVANから仕入れてますんで運命は同じ。
重ねて申し上げますが、輪心はファイブテン取扱ございません。

ワタシも自腹で予備買ったゼ!
(もちろん半額で)

追記:さらに悪いウワサが!
このブログ見たお客さまが山屋さんの店で聞いた話だと、、、

  • ファイブテン社の技術者達は、ほとんどアディダス社を退社。
  • アディダス社は現時点で、ファイブテン社のソール素材ステルスラバーを再現出来てないらしい。
  • それでも「ファイブテン」ブランドで、アディダス社の商品が発売されるよう
    (元ファイブテンとはもう関係無い)
  • 日本のCARAVANの呼びかけで?元ファイブテンの工場にて、新ブランド「Unparallel(アンパラレル)」を立ち上げ。
  • Unparallel(アンパラレル)で登山系シューズを日本でも発売開始(ただ、生産は安定してない模様)。
  • アプローチシューズ、MTB用シューズの企画は出てることは出てるらしい。

アンパラレルからMTB用シューズが発売されるのを、、、期待するしか無いようです。

2018年11月19日 | Category : お知らせ | Author : 木村 敬

REYNOLDSのAR41とかいうリムに泣かされた、という話。

よく来ていただいてるお客さまが、

「チューブレスタイヤがはまらねえ~」

と、泣きついてこられたんで「ほいほ~い」と、安請け合い。

んで、よくよく見るとコレが最悪。

3日間くらい試行錯誤を繰り返してレース前日のお昼に遂にビートが上がりました。
ふー
マジで焦ったぜ。

さて、、、

このレイノルズのカーボン製リムで、AR41とかってやつ、
なにが最悪かっていうと、、、

リム幅を内側から測って31mm幅
タイヤはIRCのちゃんとしたチューブレスレディでシクロクロス用32c
リム幅とタイヤ幅がほぼツライチでコンプレッサーで空気を入れても全然ビートが出てきませ~ん。

しかもリムの内側にタイヤを保持する凸凹が無いため、
チューブ入れてタイヤをはめても、空気抜いたらビートがすぐに外れてしまうんでチューブ先入れ法も使えませんでした。

このリム、設計間違えてるんちゃいますの。。。

ちなみに32cタイヤはめて、
実測で、、、

35mm

あかんやん(笑)

アウトやんコレ。

(シクロクロスでは基本的にタイヤ幅33mm以下というルールがございます)

まあ、空気圧5キロ入れてたんで、2キロ以下にしたら細くなるんでしょう!
知らんけど。

ちなみに、最終的には、、、
バルブから空気入れつつタイヤとリムの隙間からエアガンでさらに空気を送り込む、、、
という方法で成功しました。

「おお、そうか。エアの流量をもっと増やせば良いのか」
と、言うことが判り、勉強なりました。
m(_ _)m

ついでにモノタロウでエアガンを見てると、モデルによって流量がけっこう違うんですねえ。。。
へ~
流量大きいやつポチっとこっと。

2018年11月11日 | Category : お知らせ | Author : 木村 敬

カーボンフレームの修理も承ります

輪心では、一般的なカーボンフレームの修理もお受けしてます。

ただ、仕上がりはフレーム修理専門業者には到底かないません。
少しの破損は…専門業者よりもお安く…乗れる状態に復帰させることが出来る…程度とお考えください。

例えば、転倒などによりリアディレイラーを巻きこみシートステイをへし折ってしまった下記事例の場合、
カーボン修理・単色塗装・ディレイラーハンガー・変速ワイヤー・RDR7000代で、、、
総額3万円かかりませんでした。

↓パッカリ割れてます。

↓カーボンシートを巻きつけるため、塗装面を全て削りました。

↓裏側が割れてしまったんですね。。。
指で押したらフニャフニャ。

↓輪心で使用する、業務用カーボンシートです。

カーボンシートを巻きつけて硬化させた状態です。
これでガッツリ乗り倒せる状態まで再生出来てますし、
年数経ってもカーボン層が剥離しないよう、可能な限り神経使いました。

 カーボンの場合、経年劣化でカーボン層の剥離が起こります。
 それを抑えるのに、「技術」と「考慮」と「時間(手間)」が必要なのだと実感しました。

ちなみに高級なカーボンシートを採用したとしても、成形に必要な「時間=コスト」を
もの凄く省略すれば、かなり安く造ることも可能だということも、実感しました。
東レのカーボンを採用してるのに、やたら安いブランドは、、、
剥離しやすいのかもしれませんねえ。。。

 改めて、カーボンフレームに生涯保証を付けてるGIANTは凄い、と思いました。

↓さらに永くお乗りいただけるよう紫外線による劣化を防ぐため、塗装します。

↓キズにも耐えられるよう、ウレタン系クリアを20回ほど塗って完成です。

↓カラーが真っ白だったこともあり、わりとキレイに治りましたが、
塗装はあまり得意ではないです。。。スイマセン。