REYNOLDSのAR41とかいうリムに泣かされた、という話。

よく来ていただいてるお客さまが、

「チューブレスタイヤがはまらねえ~」

と、泣きついてこられたんで「ほいほ~い」と、安請け合い。

んで、よくよく見るとコレが最悪。

3日間くらい試行錯誤を繰り返してレース前日のお昼に遂にビートが上がりました。
ふー
マジで焦ったぜ。

さて、、、

このレイノルズのカーボン製リムで、AR41とかってやつ、
なにが最悪かっていうと、、、

リム幅を内側から測って31mm幅
タイヤはIRCのちゃんとしたチューブレスレディでシクロクロス用32c
リム幅とタイヤ幅がほぼツライチでコンプレッサーで空気を入れても全然ビートが出てきませ~ん。

しかもリムの内側にタイヤを保持する凸凹が無いため、
チューブ入れてタイヤをはめても、空気抜いたらビートがすぐに外れてしまうんでチューブ先入れ法も使えませんでした。

このリム、設計間違えてるんちゃいますの。。。

ちなみに32cタイヤはめて、
実測で、、、

35mm

あかんやん(笑)

アウトやんコレ。

(シクロクロスでは基本的にタイヤ幅33mm以下というルールがございます)

まあ、空気圧5キロ入れてたんで、2キロ以下にしたら細くなるんでしょう!
知らんけど。

ちなみに、最終的には、、、
バルブから空気入れつつタイヤとリムの隙間からエアガンでさらに空気を送り込む、、、
という方法で成功しました。

「おお、そうか。エアの流量をもっと増やせば良いのか」
と、言うことが判り、勉強なりました。
m(_ _)m

ついでにモノタロウでエアガンを見てると、モデルによって流量がけっこう違うんですねえ。。。
へ~
流量大きいやつポチっとこっと。

2018年11月11日 | Category : お知らせ | Author : 木村 敬

カーボンフレームの修理も承ります

輪心では、一般的なカーボンフレームの修理もお受けしてます。

ただ、仕上がりはフレーム修理専門業者には到底かないません。
少しの破損は…専門業者よりもお安く…乗れる状態に復帰させることが出来る…程度とお考えください。

例えば、転倒などによりリアディレイラーを巻きこみシートステイをへし折ってしまった下記事例の場合、
カーボン修理・単色塗装・ディレイラーハンガー・変速ワイヤー・RDR7000代で、、、
総額3万円かかりませんでした。

↓パッカリ割れてます。

↓カーボンシートを巻きつけるため、塗装面を全て削りました。

↓裏側が割れてしまったんですね。。。
指で押したらフニャフニャ。

↓輪心で使用する、業務用カーボンシートです。

カーボンシートを巻きつけて硬化させた状態です。
これでガッツリ乗り倒せる状態まで再生出来てますし、
年数経ってもカーボン層が剥離しないよう、可能な限り神経使いました。

 カーボンの場合、経年劣化でカーボン層の剥離が起こります。
 それを抑えるのに、「技術」と「考慮」と「時間(手間)」が必要なのだと実感しました。

ちなみに高級なカーボンシートを採用したとしても、成形に必要な「時間=コスト」を
もの凄く省略すれば、かなり安く造ることも可能だということも、実感しました。
東レのカーボンを採用してるのに、やたら安いブランドは、、、
剥離しやすいのかもしれませんねえ。。。

 改めて、カーボンフレームに生涯保証を付けてるGIANTは凄い、と思いました。

↓さらに永くお乗りいただけるよう紫外線による劣化を防ぐため、塗装します。

↓キズにも耐えられるよう、ウレタン系クリアを20回ほど塗って完成です。

↓カラーが真っ白だったこともあり、わりとキレイに治りましたが、
塗装はあまり得意ではないです。。。スイマセン。

本日は…一応、営業してます

9/4、台風来ますが…

夜には台風も過ぎ去りそうなんで半分シャッター閉めて営業してます。

ただ、間違いなく雨漏れがあると考えられるため商品を避難させており大変お見苦しい店内となっておりますのをご了承ください。

そんな雨漏れする輪心は、、、大東建託でお世話になっております。

2018年9月4日 | Category : お知らせ | Author : 木村 敬