CROSTARにロード用の25Cタイヤをポン付け

クロスターにロードバイクで使われる25Cタイヤを取り付けました!

フロント2速のクロスターにロードバイク用タイヤ付けた仕様はたまにオーダー頂きます。
ちょい前でいう、フラットバーロードというやつですね!

GRAVIER DISC サテンチャコール

GRAVIER DISCのサテンチャコールです。

メーカー希望小売価格は¥68,200税込。
最新の仕様は、タイヤがオールブラックに変更されてます。

ほぼ、マットブラックの見た目で、
タイヤまで真っ黒になったんで、、、ホントに真っ黒になってしまいましたね。

ブラック愛好家の方にはたまりませんな。

GIANTロゴもフレーム塗装と同じカラーでカッティングシートを用いて作られています。

変速レバーはマイクロシフト製、ブレーキはシマノ製となりました。

IDIOM 2 レッド

2021 GIANTの20インチ(451)小径バイク、 IDIOM 2です。
メーカー希望小売価格は¥69,300税込

フラットハンドルで20インチといえども25-451サイズで走行性能を重視したモデルで
9.6kgとなかなかの軽量さ。

直進安定性を求めて全長は長めな設計です。
意外にデカい(長い)んですよね。

フロント・シングルギヤが、たま~にチェーン外れます(笑)

↓ハンドルをたたんで、シートを下げたら、、、GIANT製の輪行バックにスッポリと入ります。
この状態で約、、、153×33×80cmですって。
超・お気楽な輪行サイクリングにもってこいですな。

IDIOM 2 ブラック

2021 GIANTの20インチ(451)小径バイク、 IDIOM 2です。
メーカー希望小売価格は¥69,300税込

フラットハンドルで20インチといえども25-451サイズで走行性能を重視したモデルで
9.6kgとなかなかの軽量さ。

↓ざんねんながら、、、ブラックは本年度完売です。

ESCAPE R DISC フォレストグリーン

2021 GIANTの、ESCAPE R DISC フォレストグリーンです。
メーカー希望小売価格¥67,100税込。

変速レバーがマイクロシフト製、
ブレーキレバーはテクトロ製です。

リア側変速器はシマノ製になってます。

ブレーキキャリパーはテクトロ製ですね。

CROSTAR(クロスター)ブラック

2021 GIANT のCROSTAR(クロスター)です。
メーカー希望小売価格¥61,600税込。

なぜかエスケープRX 5とは呼ばれない、クロスターです。

まあ、乗りやすさ重視のエスケープR3と、
走行性能重視のエスケープRXシリーズとの間を埋めるのが
このクロスターと言えますね。

よく、「エスケープR3とどう違うんですか?」と聞かれますが
どちらかというとエスケープRX3に近い、です。

クロスターの特徴はなんといっても「軽さ」
車体重量は9.9kg!

と、去年モデルよりもタイヤが太くクッション性能ちょい重視になったとはいえ、まだ10kg切ってます。
耐久性も安心の「フレーム生涯保証」がついてて9.9kgというのはスゴいですね!

↓の写真はXSサイズになります。

丸パイプ主体で、デザインも弧を描くのエスケープR3に対して、
クロスターは、角パイプ主体で直線的なデザインになってますね。

フレームは横幅太めで、なかなかゴツゴツしてます。

カラーリングもブラックにレッドのアクセント入れたツートンカラーで、これも去年のエスケープRXシリーズっぽいですね。

フロントはエスケープR3(フロント3段)よりも変速性能を重視した2段変速です。

今回入荷分はシフトレバーがマイクロシフト製になりました。
シマノ製と互換が有るタイプです。

リアディレイラーはシマノ製で、コケたりしてぶっ壊してもシマノ製パーツが取り付け出来ます。

タイヤも30Cと太くなり、
エスケープRXシリーズに比べると、トップチューブが短くなったので、、、
エスケープR3よりも軽量でスピードが出しやすいが、
エスケープRX3よりもハンドルが近く、前傾姿勢がゆるい乗りやすいポジションである。

というのが、クロスターなのです。

エスケープ RX-E+(Eバイク)で道の駅3つ回って帰る

さて、今回は、、、
坂道なんて楽勝のジャイアントのEバイク、ESCAPE(エスケープ)RX-E+に乗って
関西のサイクリングルートとして王道、ぐるっと道の駅めぐりをして来ました。

それでは輪心からスタート!

とりあえずはいちばん近い、「道の駅いながわ」に到着!
輪心から21.4kmと、ちょうど良い足慣らしになりましたね。

バッテリー残量も91%と、ぜ~んぜん減ってません。
まあココまではほとんどが平地でしたからね。

ちなみに今回、平地はECOモード、ケイデンスは80~90回転/分をキープしました。
エスケープ RX-E+には、ケイデンスの表示機能が付いてますのでこの機能を活用。

なお、ケイデンスを90以下で維持としたのは、、、
ケイデンスを100前後で走行してると、まれにポンっと急に1コギだけアシスト力が強くなることがあったからです。
単にワタシのぺダリングが荒いからなのかもしれません。
んが、今回はムダにバッテリーを消費したくなかったのでケイデンスは90以下をキープしました。

で、登り坂にさしかかると、、、
角度がキツくなりケイデンスが70近くまで下がってきたら、
変速、、、せずにパワーモードを順番にECO+ ~ NORMAL ~ SPORTモードとアシストを強くしていきました。
川西あたりは最強のSPORTモード使いまくり!
あ~
坂道がしんどくないってサイコー。

景色のエエ、田んぼのど真ん中を走りつつ、、、

県道12号線から国道173号線に合流。

そして2つめ「道の駅 瑞穂の里・さらびき」に到着。
コロナのご時世、中でごはん食べれるトコはお休みでした。。。
まあ、そうだろなとは思ってましたんで。
美味しいモノ食べれないのはそんなにショックではありませぬ。
ぬぬ。

と、いうことで近くのコンビニに移動。
ミニストップ 瑞穂町和田店で、、、

ものすごく無難な昼飯。
ちなみにこの時、走行距離66.5kmでバッテリー残量は64%。
もうココからはUターンして帰路にさしかかるので電池切れの心配は無いと。

そして帰路につきつつ、
はらがたわ峠を越えたあたりでバッテリーの残量が50%に!
この時点で走行距離は86.9km。
もうはらがたわ峠は越えたし、残りは下り坂メインだし輪心までは余裕の楽勝だぜ~

な~んて、バッテリーの心配もせずプラプラ走ってると、
パラパラと小雨が~!

そんななか3つめの、、、
「道の駅 能勢(くりの郷)」に到着。
でも雨ふってるし通り過ぎるだけ~
ちなみにこの時点で走行距離103.2km、バッテリー残量37%でした。

なおここまでの最高速度は61.2kmでした。
おそらくはらがたわ峠からの下り坂でしょうね。
大きなトレーラーが1台いてたんでブレーキはず~っとかけながら降りて来ましたが、
それでも60キロは超えましたね。
まあ、ESCAPE(エスケープ)RX-E+は下り坂の安定感がものすんごい有るんでぜんぜん怖くないです。
超・安心でした!
車体のシッカリ感と、
油圧ディスクブレーキが指一本の操作でガッチリ効いてくれるんで
いくら下り坂飛ばしても怖く無いんですよね~

ほなさいなら~

一庫ダムで写真でも撮りたかったんですが、
雨も降ってるし通り過ぎるだけ。。。

トンネルが続くんで少しでも雨はしのげるかと!

って最後は普通に雨に降られましたけど。

と、いうことで輪心に到着。
走行距離128.8kmでバッテリー残量は25%でした。

では総括を。

走行距離(km) バッテリー残量(%)
道の駅いながわ 21.4 91
ミニストップ 瑞穂町和田店 66.5 64
はらがたわ峠のあたり 86.9 50
道の駅 能勢(くりの郷) 103.2 37
輪心ゴール 128.8 25

うむむ。
と、いうことは全ルートでの燃費は、、、
1.717km  /  %となりますね。

と、いうことは、、、
ソコソコのアップダウンをこなす山岳ルートでも、
バッテリー100%使い切ったら171.7kmも走れちゃうと。

なかなかの長距離も走れるということですね。

うむむ。
だがしかし、、、

もうひとつ日本海側の道の駅、
「道の駅 舞鶴港とれとれセンター」までの距離をGOOGLE先生に聞くと、
206kmとのこと。

うわ~
さすがにバッテリー満充電でも足りませんね。
今回の燃費で計算しても120%のバッテリーが必要という計算になりますね。
どこかで20%分、つまり(過去の実験によれば)1時間の追加充電をすれば日本海に行って帰れると。。。
(20%分をECOモードで自分が頑張るというのはハナから考えてない)
(だってEバイクだし)

実は今回のサイクリング道中、目に付いたコンビニを全てで、充電できるかをチェックしてました。
残念ながらイートイン・スペースが有るところでも、充電出来るコンセントは有りませんでした。

まあ、最悪の場合は店員さんに「コンセント貸して下さい」とお願いしたら貸してくれるとは思います。
↓コンビニの外には大抵お掃除用にコンセント有りますからね。

でもそれは最後の手段としましょう。

そうなると、、、
頼れるのは、、、
マクドナルド?

TCR ADVANCED 2 DISC SE

TCR ADVANCED 2 DISC SEです。
メーカー希望小売価格¥291,500税込

カーボンフレームに
105コンポ
油圧ディスクブレーキ
パワーメーター付き
フレーム生涯保証付き
の、
ロードバイクがカタログ値8.3kgで
なんと実測8.2kg!!

遂に、実用的なディスクロードバイクが出てきました。
従来(っていうかジャイアント以外のブランド)だと、、、
フルカーボン、105コンポ、キャリパーブレーキ、28万で8.3kgとか、
フルカーボン、カーボンホイール、ULTコンポ、ディスクブレーキ、50万で8.3kgとか。

「やっぱディスクブレーキは、高いか重いかだな~(笑)」

って笑われてたのに、、、
フルカーボン、105コンポ、ディスクブレーキ、¥265,000で8.2kg。
という買える価格帯で実用的なスペックのディスク・ロードが発売されました!

スゴいぞ、TCR!

ツヤ消しブラックに、マジョーラカラーのロゴ

↓ココにモデル名が

残念ながらポピュラーなワイヤーの取り回しとなってしまいました。
ついでにDi2化でEW-RS910 ジャンクションAが内蔵出来そう!
、、、
に、見えて内蔵出来ませんでした(笑)
これだけとても残念。

ダウンチューブはめっさ太い。

専用のカーボンシートポスト

ショートノーズデザインの新型サドル。
(実は実測するとそんなにショートノーズでは無かったという)

ジャイアント製チューブレスタイヤは耐パンクベルト内蔵で、
ビートが他社の倍くらいブ厚いのです。

パワーメーターが付いてる!
一応、識別番号は隠しときます。

ATX ブラック

2021モデルジャイアントのATX ブラックです。

メーカー希望小売価格¥59,400税込