ESCAPE RX W レタスグリーン

ジャイアントの女性用ラインナップ、Liv仕様のエスケープRX Wです。
レタスグリーンという名前がカワイイですな。
メーカー希望小売価格¥65,000税別。

「エスケープR3と、エスケープRXってたいして代わんないんでしょうか?」
というご質問をよく頂きます。
けっこう違います。
ぜひご来店頂いて、その違いをご確認下さい。

カタログ写真で見ると、パール系かしら?と思わす写真ですが、
実際はとても明るいライムグリーンですね。


↑純正オプションのエスケープ専用サイドスタンドを追加で取り付けています。
ジャイアントのクロスバイク全てに言えることですが、
スタンドとフェンダーセット(泥よけ)は必ずジャイアント純正をお選びください。
安いけど立て付け悪い、、、汎用部品を付けるなんて絶対あとで後悔しますよ!

↓ワイヤーは内装式でシュッとしてますね。

でも、メーカーから送られてきた時点でリアブレーキのワイヤーが短かったやんけ~!
ココだけシマノ製になっちゃいました。最高級デュラエースグレードのワイヤーでございます。
見た目は別に変わんないですケド。

↓リアブレーキの取り回しはジャイアント エスケープRXシリーズとも異なるデザインです。
LivブランドのXXSサイズででもスムーズに動くよう設計変更された、特別なデザインなのです。

この辺がLivモデルの良く考えられているトコロですわね。
エラいぞ!
たぶん組み立てた自転車屋にしか気付いてくれないでしょうけど。

後で買うと5,000円もする高級女性用サドルが付いてます。
柔らかいけどスカスカのスポンジ、では無く腰の有るしっとりしたスポンジ?が使われてます。

エスケープRX-Wには完全スリック、最大8.5気圧まで対応したタイヤが装備されます。
ちなみにこのタイヤ、耐パンクベルト内蔵でなかなか優れモノのタイヤなのですわ。

2020モデルからフロント2速になりました。
これはリア9速のギヤ比が、軽いギヤが増えて、より広範囲なギヤ比になるような設計になったためで、
従来のフロント3速-リア9速のモデルよりも使いやすく、チェーントラブルが少なくなる設計になりました。
この辺は文章で説明するのがタイヘンなんで、電卓もって輪心にご来店ください。

ジャイアント純正のワイヤーキャップ、ダサいデザインなんでいつも捨ててます。
今回はレタスグリーンの色に合わせてグリーンにしてみました。

エスケープRXシリーズは、エスケープR3の上位機種という訳ではございません。
とりあえず高いエスケープRXの方を買えば幸せになれるんでないの??
と、いう訳ではございません。
その違いを詳しくご理解いただくには、、、電卓もって輪心に来るのが一番の近道デス。

ESCAPE R3 W パールホワイト

2020年早期販売モデルのエスケープR3の「W」仕様、女性向けモデルが入荷しました!
2020年モデルのメーカー希望小売価格は¥52,000税別と、2019モデルからお値段据え置き。
2020年モデルでもちょい勉強させて頂きま~す。

ブラウンカラーのタイヤとサドル、グリップはフレーム色をパールホワイトかマットチャコールをお選びいただくと付いてきます。
下の写真は140cmくらいの方から乗れる最小サイズ、XXSサイズですね。

カタログ上はパールホワイトとなってますが、、、
パール入ってるようには見えず、
クルマのLEXUSで青白く見える白、「ホワイトクリスタルシャイン~」とかいうホワイトにみえますね。

う~ん、WEB上ではどう見てもまっ白にしか見えませんけど。

拡大して写真を見ても判りませんね、まあ青白いんです。
ロゴはブロンズカラーで、ホワイトと実にお似合いですね。

女性用モデルは、サドルが最初から幅広タイプになってます。

グリップはネジ留めで手がしびれにくいエルゴノミックデザインになりました。
とっても柔らかでキモチ良さげです。