1/19の日曜日、新稲の森にてGIANT製EバイクMTB2車種の試乗会をおこないます!

さて、来る1月の19日は箕面マウンテンバイク友の会が主宰の、新稲の森無料開放日です!
(開放時間は10:00~15:00)
(新稲の森無料開放日についてはこちら)

その日に便乗して、ジャイアントのマウンテン仕様Eバイクの2車種をご用意して簡単な試乗会を行ないます!
試乗会といいましても、、、

●係員はワタシ一人のみ
●試乗車は2台のみ
●それぞれのバッテリーが無くなるまで

と、いう超・小規模なものです。
それでも試乗車として、

①TRANCE E+ PRO メーカー希望小売価格¥580,000税別

フロント150mmストローク、
リア140mmストロークのフルサスペンション仕様のモデルです。

②FATHOM E+ PRO メーカー希望小売価格¥380,000税別

フロント120mmストロークのフロントサスペンション仕様のモデルです。

それぞれ各1台ずつご用意させて頂きます。

そしてこの2車種を「新稲の森」敷地内なら、、、
好き放題に乗り回して頂いて構いません!

こんなチャンスは滅多に御座いませんゼ。

ただし、、、

・ご試乗頂けるのはマウンテンバイク経験者に限ります
・未成年の方は勝手ながらご試乗出来ません
・身分証明書をお持ち下さい
・携帯電話をお持ち下さい
・試乗車に損害を与えた場合は実費にて弁償して頂きます
・詳細は現地にて!

繰り返しますがバッテリーが無くなり次第、試乗会は終了となりま~す!
ワタシが乗り回してバッテリーがなくなってしまう前に、お早めにご来場下さい。

TRANCE E+ PRO(展示会写真)

まだ日本には届いてないそうですが、ジャイアントのフルサスペンション・マウンテン仕様のEバイク
トランス E+プロです。

メーカー希望小売価格¥580,000税別
とりあえず展示会の写真だけどうぞ。

FATHOM E+ PRO(写真のみ)

遂に発売されました、ジャイアントのマウンテン仕様のEバイク
ファゾム E+です。

メーカー希望小売価格¥380,000税別

ちなみにチューブレス仕様で付属のペダル(440g)を取り付けた状態で、
実測、、、23.0kgでした。
カタログよか軽量やんけ!
とりあえず写真だけどうぞ。

ESCAPE RX 2 マットブラック

2020モデル ジャイアントのエスケープRX2、マットブラックです。
メーカー希望小売価格¥79,000税別と、少し高級目なクロスバイクです。

車体重量は10.0kgと、お値段を考えると特別に軽いモデルと言う訳ではございません。
だって同じジャイアントでも¥56,000のCROSTARの方が9.7kgとお安くて軽量ですからね~

エスケープRX2の良いところは軽さではなく、、、
カーボン製フロントフォークと、カーボン製専用シートポストからくる乗り心地の良さなのです!


エスケープRX2の乗り心地の良さに比べたら、
CROSTARのアルミ製フロントフォークと安モノ28Cタイヤの組み合わせから生まれる、
ホネにゴツゴツと路面からの硬い振動は、、、運動不足を嘆くワタシらオッサン連中にはとてもじゃないけど耐えれませ~ん。

CROSTARは、あくまで軽さを売りにするコーダブルームに対抗して造っただけのモデルで
クロスバイクとしての完成度はエスケープRX2の方が断然上です、

ついでにいうとエスケープR3の方が、、、CROSTARやコーダブルームよりも完成度は上かも。。。

さて!
そんなエスケープRX2、
↓ワイヤーも内装式で見た目がスッキリ。
油圧整形されたアルミフレームのデザインも非常に凝ってます。

ブレーキキャリパーはシマノ製。
はげしくトーイン調整しなくともブレーキの調子が良いのはさすがシマノ製ですな。

サドルもクロスバイク用としては高級なサドルが標準装備されてます。
穴あきではありませんが尿道にやさしい溝付きデザインのタイプです。

後ブレーキもシマノ製です。
ワイヤーキャップもブラックに換えたのはワタシの趣味です。

ジャイアント製の28Cスリックタイヤが標準装備。
雨の日はあんまし乗りたくないですが、晴れてれば超・サイコーに転がります。
このタイヤ、CROSTARに標準のタイヤよりも重たいんですが耐パンクベルトが埋め込まれてます。
乗り続けてると黒いゴムがなくなってミドリっぽいゴム(耐パンクベルト)が見えてきます。
それでもすべるけどまだまだ走れます!
タイヤの寿命がメチャメチャ長~い。ジャイアント製のタイヤ、イケてますわ。

そして2020モデルのハイライトは、、、
従来はフロント3速、リア9速でしたが、2020モデルからフロント2速、リア9速化!
フロント側はわざわざ、、、RXシリーズ専用46/30Tクランクを新設計で採用しました。

そしてリア9速は11/34Tとワイドなギヤ比に設定し、クロスバイク専用2×9速コンポを完成させたのです。
エスケープRX1はギヤ比重いまま

じつは、、、
コレを実現できたのはジャイアントの量産フレームとしてはすこぶる精度が良いからなのです。
大抵のクロスバイクブランドは、変速性能に優れているシマノ製クランクを採用していても
フレーム精度の悪さをごまかせるようBB軸を長めなものを採用してたりします。

そのような精度の悪いクロスバイクは、、、
↓エスケープRX2のような、最良の変速調整位置がマネ出来ません。


エスケープRX2はインナー/ローの組み合わせで
フロントディレイラーとチェーンが少し擦れるくらいまで調整をツメることが出来ます。
この状態でもフロント変速の調子はバッチリ。

精度の悪いクロスバイクだとインナー/ローでフロントディレイラーとチェーンが
5ミリくらい離した調整でないとフロント変速が動いてくれなかったりします。
そうなるとチェーンが外れたりのトラブルが起こりやすくなります。

↓スプロケットカバーとホイールの反射板を外すのはワタシの好みです。

エスケープRX2の最大の欠点はココ!
シートポスト・クランプのシマリ具合が悪い。。。

それを補うためにイロイロ細工します。

エスケープRX2にサイドスタンドを取り付ける場合は、、、
必ず専用スタンドをご指定ください!

ちょっとばかし安いからといって汎用スタンドを付けてはダメです!
¥2,800というのはお高い気がするけど
ぜったいデス!

PROPEL ADVANCED 2(展示会にて)

2020モデルのPROPEL ADVANCED 2です。

エアロ系フルカーボンフレームで生涯保証付き
R7000系105コンポ
チューブレスタイヤ装備済み
で、
メーカー希望小売価格¥225,000税別です。

つや消しグレイ系のミリタリー風カラーになりましたね。

TCR ADVANCED 2 KOM SE ブラック(写真)

TCR ADVANCED 2 KOM SE

メーカー希望小売価格¥231,000税込です。
今なら15%割引の¥196,350税込

とりあえず写真をお見せしたかったんで、細かいご説明は後日。

う~ん。
カタログには、ただのブラックって書いてるけど。。。

コレ、ふつ~のブラックじゃ、ないなあ。。。

そうですよねえ?

コレ、って

これガンメタですやん!
ガンメタリック。

ただのブラックちゃいますやん!

カタログに味気なく「フツ~のブラック」って書くなよ!
「激しぶイケてる、ガンメタリック」って書いた方がええのに。。。
↓の写真は光が反射してグレーっぽく見えますが、実物は限りなく黒いガンメタです。

この専用エアロ・カーボン・シートピラーがカッコエエですわ。

ヘッドチューブからワイヤーが通るという珍しいデザインです。
このデザインはCADが無いとデザイン出来ないんで、技術力のないしょぼいブランドにはマネが出来ません。

最初っからチューブレスレディー。

完成車に付いてるホイールの割にはスポークが少なすぎて心配な、攻めた設計のノーマルホイール

↓そして、なんといってもパワーメーター付き!

やば~い!
21万の完成車にパワーメーターが付いてるなんて。。。

リアブレーキのワイヤーは、かならず一度抜きます。
内装ワイヤーめんどくさいなんて一度も思ったこと無いデス。

そして細工をするの写真。

TCRのBBは大抵ユルい。

フロントディレイラー用のワイヤーアジャスターは外すのがワタシの好み。
(現行コンポだけです)

フロントディレイラーの台座。
写真では外してますけど、ココでディレイラーの角度を換えれます。

ワイヤーの保護もしっかり。

インナーワイヤーキャップはブルーにしてみました。

リアディレイラーのワイヤー、、、ココは捨てます(笑)

ESCAPE R DISC ブラックトーン

エスケープRディスクです。
エスケープR3の油圧式ディスクブレーキ仕様ですね。
メーカー希望小売価格¥62,000税別。

シルバーからブラックにグラデーションが入るカラーリングです。
前後のアルミホイールがオールブラックなのでノーマルエスケープR3とはまた違った雰囲気になりますね。

普通のエスケープR3と同じく、よく見るとただの丸パイプでない、複雑なデザインのフレームになっています。
このフレームにも生涯保証が付いてくれてます。

シマノ製油圧ディスクブレーキ!
輪心でご購入頂いた場合はエア抜き等のメンテナンスを無料で対応させて頂きます。

グリップもエルゴノミックデザインで手が疲れにくくなっとります!

サドルもスカスカな柔らかいだけのスポンジでは無く、
コシのある手触りでさらに座り心地が良くなりました。

タイヤ幅は実測33ミリ。
最大空気圧は7気圧指定の溝付きタイヤです。
5気圧くらいにすれば歩道も快適に走れます。

ESCAPE R3 レッド 写真

エスケープR3のレッドです。
メーカー希望小売価格¥52,000税別。
レッドと言ってもワインレッドですね。実に大人っぽいカラーリングですな。

写真撮るためとりあえず形にしてみましたのでどうぞ!

グリップは手のひらが痛くなりにくい、疲れにくいタイプでワタシ好みですね。
ただ、手がものすご~く小さい方には握りにくいと感じられるかもしれません。

サドルも手触りがさらに良くなり、スポンジもコシのあるやつになりました。

タイヤは700*30Cの溝ありですが、最大指定空気圧7BARとなかなか高圧。
でも5BARくらいで乗るのが乗りやすいかな?