PRE PUSH BIKEを展示してます(そして某キックバイクへの小言)

先日、輪心ホームページにジャイアントのキックバイク、プレプッシュバイクが実によく考えられている!
と、いうお話をさせて頂きましたら、、、
「実物を見てみたい」
と、おっしゃって頂けるお客さまがちょいちょい来てくれたんで、、、店頭にも展示することにしました!
ありがとうございま~す!

今でしたらメーカー希望小売価格¥15,500税別から10%割引させて頂きます。

あいかわらず、↓のバリがひどい。
ゴリゴリに削っときます。

↓サドルをべたべたまで下げてみました。
地面から31.5cmでした。

↓箱から出したら、、、このコもバルブキャップ無くなってるやん!
って思ったら誤食を防ぐために付けてないんだそうです。
保証書に書いてましたワン。

さて、、、

最近ちょいちょい、「30分で自転車デビュー!」とかいう宣伝文句で
キックバイクにペダル等駆動部を後付け出来るのが売りのキックバイクをよく見かけますが、、、
(どこのブランドかは伏せさせて頂きます)
アレが私の好みではないデス。

一度だけ、ペダルの取り付けを作業したことがあります。

ご来店頂いたお客さまが、
「駆動部の取り付けは自転車屋さんで行ってくださいと保証書に書いてあるんで、、、」
と、ご依頼いただいたんで作業しましたが、、、

↓私の好みでなかったのがココ
自転車でいうBB付近全て(左右クランクも全て)が、ボルト1本で留まってるという構造です。

お子さんの全体重とペダリングによるトルクが全て、このボルト1本で支えられている
と、いうのが私は好きではないデス。

もし自分が自転車に乗ってて、、、
いきなり左右のペダルが外れたら、、、
余裕で大転倒する自信が有ります。

ジャイアントのプレプッシュバイクやキッズバイクが
ものすごく安全や乗りやすさを考えて造られてるのを見てしまうと
このジャイアントでは無いキックバイクをお勧めする気にはなりませんし、
構造的に自転車屋として触りたくないデス。

もしジャイアントでは無い、私の好みでないキックバイクをお持ちの方は、
ペダルを取り付けられる時期が来ましたら鉄ゴミとして捨てることをおススメします。

もしくは、GOOGLEで
へんしんバイクのペダル取り付け手順」
と、検索されると取り付け方法が出てきますので自己責任で取り付けされることをおススメします。

TCR ADVANCED 2 KOM SE レッド

TCR ADVANCED 2 KOM SE

T700相当の高級カーボン素材を使ってるお陰で20万の完成車で7.9kgとかなり軽量モデル
軽量モデルなのにフレームには安心の生涯保証付き
R7000系105コンポ
ジャイアント製パワーメーター用のセンサーを内蔵済み(あと必要なのはスマートフォンだけ(または対応メーター))
最初からチューブレスタイヤ装備済み
で、メーカー希望小売価格¥231,000税込です。

今なら15%割引の¥196,350税込

カタログの写真だと、、、朱色かな?
って感じで、まったくカッコ良さを感じませんでしたが、
実物はシャレたツヤ有りのワインレッドでした。
ロゴがオレンジに近い朱色で、暗すぎくなくて実に良い感じです。

後から見るとトップチューブがキュウ~っと細くなっていくのがお分かりいただけますでしょうか。
ここから繋がる細いシートステイで乗り心地がとても良いフレームになってます。

↓キュウ~っと細く!

ワイヤー類は全て内装式。
挿入個所はすべて強度計算されて導き出された位置なのですよん。

KOMは「キング・オブ・マウンテン」です。
なにがキングオブマウンテンやねん?っていうとギヤ比ですね。
フロント50/34T、リア11/34Tというメッチャ軽いギヤ比が最初から装備してくれてます。
え?34Tって軽すぎですと?
なに言ってるんですか!週末ローディーが六甲山上るには必須ですがな!
これなら押して上らずに六甲イケますで。たぶん!

ESCAPE RX 3 イエロー

ジャイアント製クロスバイクの中では真ん中のグレードになりますね、エスケープ RX 3です。

メーカー希望小売価格¥65,000税別。

めちゃめちゃ明るいパリッとしたイエローですね!

2020年モデルはフロント変速が2速仕様になりました。
ロードの変速系と同じ考えですね!
でもフロント変速46/30T、リア変速は9速11~34Tと一番軽いギヤは1:1よりも軽いんで六甲山は登れます!

ワイヤー類は内装式なんで余計にスッキリしてキレイに見えますね!

トップチューブはメッチャ薄くデザインされてます。
スポーツバイクらしいデザインですな。

この個体はギリギリ、、、チェーン短かったんで2コマだけシマノ製チェーンになりました(笑)

グリップは手のひらが置けるデザインで手のひらがしびれにくくなってます。
コレが100kmとか走るときにめっちゃ助かるんですよね~

サドルは¥6,000もするモデルが付いてます。
だいぶお尻に優しい。

PROPEL ADVANCED 2

2020モデルのプロぺル アドバンスド 2です。

風洞実験を活用して設計されたエアロ系フルカーボンフレームで
フレームに生涯保証付き
R7000系105コンポ
最初からチューブレスタイヤ装備済み
で、メーカー希望小売価格¥225,000税別。

カタログ写真じゃ地味くさいグレーでなんでこんな色したんやろ?
って風にしか見えませんが、、、
実物はマットなグレイ系で激シブですやん!

画面じゃ判りにくいですがGIANTロゴは蛍光イエローです。

2020モデルからワイヤーの取り回しが変更されたんですが、なぜか左右でワイヤーの長さが違う。。。

ので、このようにワイヤーが左右ずれちゃっています。
あまりワタシの好みじゃない。。。

ので、新品ワイヤーを遠慮なく捨てて左右そろうように組みました。
このへんは左右対称がステキですからね!

プロぺル専用のブレーキです。
正しく組むとこのように出っ張りがなくなります。
下の写真はリア側ですが、フロント側も出っ張りが全然無いです。
最近のエアロデザインなロードバイクで、正しく風洞実験も行われてデザインされたロードは、
全て専用ブレーキかディスクブレーキを装備されています。

エアロデザインなロードバイクなのに、フツ~のシマノ製ブレーキキャリパーを装備してるモデルは、
単に設計が古いか、風洞実験されて無い、、、わけです。

ちなみに、過去には「メチャメチャカッコ良い」んだけど、、、
一度も風洞実験せずに市販されたTTバイクがリドレーから発売されてました(笑)
でも、、、メチャメチャカッコ良かったんです(笑)

エアロフレームは、リアホイールのクビレが大切。

変速ワイヤーはライナーを通してます。

プロぺル・アドバンスド2は、最初からチューブレスで組んでます。
このジャイアントオリジナル・チューブレスタイヤ、実はかなりの優れモノでして。
・700×25Cサイズで
・雨天時のグリップも考慮したトレッドデザイン
・耐パンクベルト内蔵でパンクにメチャ強い
・お客さま見てると5000キロ以上は余裕で持ちそう

これで重量330gでメーカー希望小売価格¥4,500税別!
このタイヤめっちゃ使えますわ。

ホイールとくっつくビート部が国産メーカー製チューブレスタイヤに比べてくらいブ厚くなってます。
そのお陰でタイヤ内の空気が抜けにくく、リム打ちに強い!
そして一流タイヤブランドよりもお安い。

決戦用タイヤとしてはこいつらよりもっと優れたチューブレスタイヤも沢山発売されてますが、
練習用タイヤとしては、かなりおススメです。良く出来てます。

パーツ売りでスリック仕様も。

・700×25Cサイズで
・軽さ狙いのスリックデザイン
・耐パンクベルト内蔵でパンクにメチャ強い

スリックになったおかげで重量307gとだいぶ軽量に、
そしてお値段変わらずメーカー希望小売価格¥4,500税別!

PRE PUSH BIKE(キックバイク)(レッド)

なんとビックリ驚異のギミックをもつジャイアントのキックバイク、PRE PUSH BIKEです!
ちなみにメーカー希望小売価格は¥15,500税別。
なぜかジャイアントの海外HPにもPRE PUSH BIKEに秘められた数々のギミックを解説してくれていません。
ネットでさらっと検索しても全然出てこないんで、メンドくさいけど、仕方ないんで、
輪心のホームページで隠された数々の驚異のギミックを解説しましょう。

さて、なにが驚異のギミックかといいますと、、、

↓現物はレッドです。他にブルー、もの凄く淡いスカイブルーがラインナップに有ります。
ところどころに有るブルーがアクセント効いてますね!
、、、ん?

あら?良く見るとこの青いフロントフォーク、、、

なんかこの青いフロントフォーク、真っ赤なアルミ製メインフレームと質感が違いますねえ。。。

なんとこの青いフロントフォークに隠されたギミックが!
こいつPRE PUSH BIKE専用に開発された、強化樹脂製なのです!
さらにフロントホイールを専用のスキュアーボルト留めにして、
強化樹脂製フォークの振動吸収性能(しなり)を妨げない設計になってます。

軽さではカーボン製フロントフォーク(ストライダーで¥91,000(笑)であった)に劣りますが、
乗り心地の良さを生む、振動吸収の性能ではカーボン製フロントフォークにも負けません。

そしてタイヤはしっかり空気を入れて乗るチューブ入り仕様です。
ここも非常に大切なギミック

チューブ入りタイヤは、ノーマルストライダーで採用されているエラストマー系スポンジタイヤに比べると
前後タイヤで1kg近く重たくなるという欠点が有りますが、
段差を乗り越える能力がチューブ入りタイヤの方が断然に優れています。

↓公園で小石や段差を踏んでしまった場合でも、タイヤが凹んで衝撃を吸収してくれます。
(写真は目で見て判りやすいよう、タイヤの空気圧を下げています)

ので、小石や段差でタイヤが弾かれずに乗り越えてくれるのです。

↓このタイヤが変形してくれる特性が、エラストマー系スポンジタイヤだとほぼ「ゼロ」です。
このおかげでPRE PUSH BIKEは、ストライダーに比べて断然に転倒しにくいのです。
(ちなみにストライダー用チューブ入りタイヤ&専用ホイールセットは¥8,000前後で別売り)

そして、シートの高さ調整は工具不要で可能なクイックレバー式です。
なお、たま~にグリスを塗ってあげないとシマリが悪くなります。

このクイックレバー式シートのお陰で、シート高をタイヤまでクリアランス数ミリのギリギリ・カツカツまで下げることが可能です。

そしてこのPRE PUSH BIKE専用シートに隠されたギミックが!
なんと付属のスペーサーを入れ替えることにより、
シート取り付け角度を微調整することが可能なのです!

2歳のガキんちょが「シートの角度ちょっと悪いなあ」とか気にスンのか?!
(シートを前下がりにすると地面をキックしやすくなります)

さらにハンドルにも隠されたギミックが。
左にハンドルを回そうとすると、90度くらいで止まります。

右にハンドルを回そうとすると、90度くらいで止まります。
そう、ハンドルストッパーがヘッドパーツの中に内蔵されています。

このお蔭でハンドルがくるっとまわり過ぎてコケちゃう事を防げるのです。

さて、大人が乗るようなGIANT製スポーツバイクでも、、、

たとえ100万オーバーの超ハイエンド・ロードバイクや超ハイエンド・マウンテンバイクであっても
「乗りやすさ・コントロールしやすさ」を軸に、フレーム剛性やサスペンションのセッティングを考えて
設計しているモデルばかりだったりするのがジャイアントの大好きなトコなのですが、
この2歳以上から乗るようなキックバイクにも「乗りやすさ・コントロールしやすさ」を考えた驚異のギミックが備わっていたとは。

さすがジャイアント。
ちなみに輪心ではPRE PUSH BIKEは1週間ほどでお取り寄せ可能です。

ところで大人用のジャイアントはフレーム生涯保証なんですが、コイツもフレーム生涯保証なのかしら?

CROSTAR ホワイト(写真)

ジャイアントのクロスバイク、CROSTAR(クロスター)です。
メーカー希望小売価格¥56,000税別。

ジャイアントのクロスバイクといえばエスケープR3が有名ですね。
エスケープR3が、、、定価¥52,000で、車体重量10.7キロ。
クロスターが、、、定価¥56,000で、車体重量9.7キロ。

ま、詳しくは「CROSTAR ブラック」のページをご確認下さい。

あと、このホワイト、、、パールが入ってますね!
キレイなパールホワイトですわ。

CROSTAR ブラック

ジャイアントのクロスバイク、CROSTAR(クロスター)です。
メーカー希望小売価格¥56,000税別。

ジャイアントのクロスバイクといえばエスケープR3が有名ですね。
エスケープR3が、、、定価¥52,000で、車体重量10.7キロ。
クロスターが、、、定価¥56,000で、車体重量9.7キロ。

まあ、速いはなしがエスケープR3の軽量版です!

ただそれぞれに良いところ・悪いところがありましてねえ、、、

↓写真はブラックのMサイズ。

ツヤ有りブラックに、赤のアクセントが入っててカッコ良いです。

実は、、、エスケープR3よりもフレームを軽く造るために、
少しシンプルなデザインに戻ってます。
特にヘッド周りとかはエスケープR3の造りの方がデザイン的にシュッとしててキレイ。

まあそれでも、単に丸パイプを溶接しただけの他ブランドよりかは凝ったデザインしてますね!

ハンドル周りはブラックで統一。

↓エスケープとの一番の違いは、フロントフォークがアルミ製なこと。

サドルはエスケープR3よりもショボいやつ(笑)

でも、エスケープR3のサドルはママチャリっぽいブ厚いやつで見た目がやぼったい。。。
シュッとしたデザインを優先したのだろうと考えられます。

変速はフロント2速仕様になりました!
でもリア8速が11~34Tとめっちゃワイドなギヤ比のお陰で街中ではクロスターの方が変速良い感じ。

タイヤが細いっ!
実測で26mmしかないですやん。
まあ新品タイヤって、1カ月ほどしたらもう少し膨らむんですけどね。

このエルゴグリップ、エスケープR3と同じものです。
組み立ててると、、、このグリップいつも奥まで差し込まれてないんですけど。

たいてい5~10ミリほどハンドルにしっかり刺さって無いなあ。。。

それにしても9.7キロは軽いですね!
タイヤが思ったよりも細いんで、そこをご注意くださ~い!

DEFY ADVANCED PRO 2(写真)

ジャイアント 2020モデルの中で、、、
最も地味ながら最も先進的なのが、、、実はDEFYシリーズなのです。
さらに、ロングライド系ハイスペックロードに必要とされる性能を全部のせしたのが、
このDEFY ADVANCED PRO 2です。
メーカー希望小売価格¥450,000税別で、

●700*32C(なんと周長2,165mm)極太チューブレスタイヤ
●最初からチューブレス仕様のカーボン・ホイール
●ブラケット握ったポジションからもガッツリ効くシマノ製油圧ディスクブレーキ
●生涯保証の付いたカーボン・フレーム
●50/34Tに11/34Tというギヤ比

という、これからのロードバイクとしてスタンダードとなるスペックが、全てついてます。

「32Cタイヤでロードってどうよ?!」
という嫌悪感バリバリな意見が出てくるかもしれませんが、、、

くり返し申し上げます。

今後、
ロングライド系ハイスペックロードはこうあるべきという
最終形態が、、、
DEFY ADVANCED PRO 2なのです。

そしてなんと恐ろしいことに、
この700×32Cタイヤ、、、
最高指定空気圧が5.1 BAR、75 PSIです。
すげえ。
低すぎる。。。
コレでロード?!

いえ、驚いてはいけません。
5.1 BARのタイヤが、今後のロードバイクでは主流になるのですから。
これからのロードバイクはDEFY ADVANCED PRO 2のようになるのです。

たぶん。

TRANCE E+ PRO(とりあえず写真)

ジャイアントの電動アシストマウンテンバイク、トランス E+ プロです!
メーカー希望小売価格¥580,000税別

ちなみにペダル無しSサイズ実測、、、24.0kg

こいつの登坂力がすげえ!
パナソニックやメリダのEバイクがリアタイヤ滑って登れなくなるような激坂シングルトラックを、、、
トランス君はゴリゴリと登っちゃいます。
試乗されたバイク乗りの方々が、

「50ccのトライアル車と同じくらい登れる」
「ノーマルのセローより登れる」

と、言えばバイク乗りにはわかる。とおっしゃってました!

そう、もはや人力100%のMTBよりもシングルトラック登っちゃう。
ただ、リアタイヤが滑っちゃうともう登れないんで、
人力100%MTBみたいにペダルでトラクションを感じながらコントロールする必要が有ります。
コレがまたオモシロ~い。

きっとトライアルとか出来る人なら、もっとトランス E+ プロですげえコト出来るんでしょうね。
続きは後日かきます!

PROPEL ADVANCED 2

2020モデル ジャイアントのフルカーボンに105コンポでエアロロード、PROPEL ADVANCED 2です。
メーカー希望小売価格¥225,000税別です。

ワタシ的には、、、
2020年度ジャイアント・ラインナップの中で、もっとも「写真写りが悪かったモデル」だと思ってます。

だって、、、ねえ?(笑)

↓実物コレで、、、
(プロぺルがツヤ消しのチャコールで、背景がちょい明るいグレイです)

2019モデルでフルモデルチェンジしてまして、フロントフォークもめっさ太い。

↓カタログがコレですわ。

まあ、見比べるとカタログの写真も間違ってはないですけど、
プロぺルのカッコ良さが伝わってきませんねえ。。。
カタログよりもミリタリーっぽい雰囲気なんですよね~
カッコ良いですわ。

ブレーキはジャイアントオリジナルのV型キャリパーブレーキで、
フロントフォークの後側に取り付けられています。
性能的には105ブレーキには勝って、アルテグラには負けてるかな~?

現在のエアロロードと呼ばれる空気抵抗軽減を目的としたロードバイクは、
全てフロントフォークの後に専用のブレーキキャリパーを取り付けるか、
ディスクブレーキ仕様になっています。

エアロっぽいロードバイクで普通のキャリパーブレーキ付いてるモデルは、
風洞実験してないか設計がもの凄く古い、と言われています。

ジャイアントは1コ前のプロぺルから積極的に風洞実験とCAD解析を使って設計し、
最終的にプロぺル専用のブレーキを開発したのでした。

シートポストも旧世代のプロぺルとは互換性のないものです。
そして、、、
エアロロードと言えばリアホイールからのクビレ!

このシートチューブのクビレがエアロロードの醍醐味ですな。
やっぱクビレっしょ!

ジャイアントのロードバイクん中では最もボリュームのあるBB周りですね。
BBは安心のシマノ製BB86規格です。
どっかのギシギシとすぐ鳴るフレームとは違います。

↓なんと!
いま大人気の高級ポリウレタン製バーテープが最初から付いてますね!
ポリウレタン製は、スパカズが流行らした素材で、滑り止めが効きながらも薄いのにクッション性に優れるという
最高なバーテープです。

スパカズのポリウレタン製バーテープは¥3,600で、
ジャイアントのポリウレタン製バーテープは、たった¥2,400。
ホントは「GIANT」ロゴが刻印されてるんですが、

↑この写真のように隠して巻くことも可能でして、輪心ではジャイアント製以外のロードバイクにも大人気で大好評です。

ってコラ!

ジャイアントのロードバイクやねんからロゴ出す方向で巻かんかい!
なんでロゴ隠しとんねん。。。
この記事書いてる今、気が付いたわ。。。

ダウンチューブ、かなりボリューム有ります。

タイヤは、最初からチューブレス仕様の25Cタイヤが付いてます。
チューブレスのお陰で実に乗り心地がよろしい。
そして耐パンクベルトが中に埋め込まれてます。
さらに点検でご来店いただくお客さまのタイヤを見てると、けっこう耐久性がありそうです。
こういうタイヤはたいてい雨の日にメッチャ滑ったりするんですけど、、、未確認で~す。

ツールドフランスでは、、、
ガタイがデカい選手や、スプリンターの選手が好んでプロぺル駆ってましたね!

メーカー希望小売価格は¥225,000税別なのに

T700「相当」のフルカーボンフレーム
しかも、風洞実験された最先端エアロデザイン
さらに、105コンポ仕様でクランクも52/36の男前仕様
そして、専用のブレーキキャリパー
からの、フレーム生涯保証

と、、、

なお、T700「相当」と記載したのは、
東レからカーボン繊維だけ買ってきて、TREKに教えてもらったカーボン生産技術で造られたオリジナルカーボンシートを使用してるからです。
写真のSサイズでバーテープ巻いた状態で実測8.5kgというエアロロードとして軽量なのは、
この高品質なカーボンを使用しているお蔭なのです。

そんな優れたプロぺル・アドバンスドをこのお値段で量産できるのはジャイアントだけです。