ESCAPE R3 ホワイト

2019モデルのジャイアント エスケープR3、ホワイトです。
メーカー希望小売価格で¥52,000(税別)です。

HPに載せるのすっかり忘れてたんで、今さらですけど写真上げときます!
最近のシティサイクルは「ステンレスハンドル」と書いていながらも余裕で錆びたりしますが、
エスケープのハンドル部分はほとんど「アルミハンドル」なので茶色く錆びたりしませんよ~

2019モデルのホワイトは、つや消しのホワイトです。

つや消しホワイトは、汚れたらメラニンスポンジでさっと拭いてあげるとキレイになりますんでお掃除楽ちんです。
ちなみに、ツヤ有りのフレームをメラニンスポンジで磨くと少々ツヤが無くなってきますので。

ジャイアントのクロスバイクは、溶接痕をみると細かくしっかり造られているのが目で見て判ります。
伊達にフレーム生涯保証付いてませんゼ。

写真の現物はもうご注文いただいてる車体なので、ブレーキワイヤーにライナー被せてます。

エスケープR3のタイヤは700*28cと言いながら実寸31mm幅です。
また、最高空気圧は6気圧でこれくらいのタイヤが歩道走りやすいんですよ。

CROSTARとかについてるタイヤは、重量が軽いんですけど最高空気圧8気圧以上もあり
クッション性が悪く、歩道走りにくいんでワタシはあまり好きでは無、、、

フロントブレーキはノーマルではワザと制動力を弱くなるよう造られてます。
それがワタシの好みでは無いので改造してガッツリブレーキが利くようにしてます。
よって、輪心でご購入頂いたエスケープR3の場合、ブレーキレバーは指1本か2本で引くようおススメしてます。

この改造を後で行おうとするとワイヤーを交換しないと出来ないんで新車のときから改造しちゃいます。

後ろのブレーキは、少し強めにトーイン調整つけてます。

エスケープR3のブレーキは、、、残念ながらシマノ製ブレーキに性能面で負けちゃうんですが
トーイン付けて組み立ててあげれば負けてないブレーキに仕上がります。

FORMA フォーマのXSサイズはこんなの

GIANTのクロスバイクというかフラットバーロードに近い、フォーマのXSサイズの写真です。
メーカー希望小売価格で¥74,000税別で、XSサイズで適応身長は155~165cmくらいになります。

エスケープRXシリーズのXSサイズと、トップチューブ長は同じなのでまたがると小さく、
シート高さえあえば女性でも乗りやすいですよ。

さすがにトップチューブは水平とはいかず、少しスローピング(前上がり)してますが
XSサイズながらデザイン的には非常に完成度高めでカッコ良いです。

このFORMAも、リアディレイラーのトコにあるワイヤーが短い気がします。
ワタシの好みで無いため、輪心では組立時にシリコン塗るついでに長いものに交換してます。

そんなフォーマも完売サイズが出てきました。
4/20現在、、、
マットシルバーのXSサイズがごくわずか
マットシルバーのSサイズがごくわずか
マットブラックのMサイズが最後の1台

それ以外の仕様は全て完売です。。。

FORMA(フォーマ)

2019年モデルから新しく発売されたFORMA(フォーマ)です。
希望小売価格は¥74,000(税別)。

フォーマのエアロ形状は効果絶大(?)です。
インパクトがありますね~
ただ、カタログにはフラットバーロードと記載されており、クラリスコンポ使って2×8速なのは確かにフラットバーロードっぽいですが、、、

タイヤにS-R3という耐パンクベルト内蔵の28cタイヤを採用しており、一般的な入門用ロード用タイヤは重量が210~230gなのに対し、、、
なんとS-R3 28cはスリックタイヤながら420g(!!)もあります。
このロード用タイヤとしては重量級なタイヤを採用しているおかげで乗り味は、軽さを感じるフラットバーロードというよりかは、よく走るスポーツ志向なクロスバイクといった方が正しいような。
まあ、この420gのタイヤを採用しながらも車体重量は10.0kgと軽量なのでフォーマ自体はフラットバーロードらしく軽量なのは確かです。

耐パンクベルト内蔵のタイヤを装備しながらも軽量なエアロデザインのクロスバイク、と言った方が正しいですね。

カラーリングは
GIANTロゴがマットホワイトで塗られたマットシルバー↓と、、、

マットブラック↓がラインナップされます。

マットブラックだと横のGIANTロゴはツヤ有りブラック、下に隠れたGIANTロゴはマットホワイトです。
シブい。

レバー系はクラリスコンポですね。

まあ実際のところエアロ形状のフレームは、ホントに風洞実験したわけではなくってエアロ形状に見えるよう机の上でデザインしたもので、本当に空気抵抗が少ないわけではなくって見た目がカッコ良くなるようデザインされたフレームになります。
フォーマのエアロ形状は、カッコ良さが全てです。

「ええ?ハッタリだけかよ?」

と、驚かれるかもしれませんが自転車では良くあることです。

フロントフォークに縦スリットを入れたデザインが激シブなデザインで有名になったブランド(一応断っときますとGIANTではないデス)も、実は風洞実験したことが無いというのは有名なハナシです。

よってエアロ形状のフォーマを見て、、、
「カッコ良い!乗りてえ!」
と、感じた貴方にとってフォーマのエアロ形状は効果絶大だった訳です。

2019年1月26日 | Category : 2019 GIANT | Author : 木村 敬

PROPEL ADVANCED組んでますが、やっぱココは治したい…

2019モデルのPROPEL ADVANCED 1をご注文頂きました、ありがとうございま~す!

と、いうことでバーテープ剥がしてワイヤーの取り回し代えてます。
ワタシ個人の趣味としては、ココは治したいトコですからねえ、、、

2019モデルから、フロントディレイラーのワイヤーアジャスターを付けなくとも組めるようになりましたんで外します!
プロぺルに限らず、最新のエアロロードではステム後にワイヤーが通ってるデザインが多いんですけど、ココでアウターワイヤーが折れちゃうトラブルがタマにあるんすよね~。
んが、ワイヤーアジャスターを外すと取り回しがだいぶスッキリしてトラブルの可能性を減らすことが出来ます!

ので、2019モデル以降のプロぺルに限らず、TCRアドバンスドもフロントディレイラーのワイヤーアジャスターは外して組むのがワタシの好みで~す。
ついでにワイヤーには、シリコンをたっぷり塗りこんでやるゼ!
(ホントは塗り過ぎは良く有りません)

2019年1月21日 | Category : 2019 GIANT | Author : 木村 敬

TCR ADVANCED PRO TEAM

イクルベースあさひさん70周年記念おめでとうございます便乗記念
TCR ADVANCED PRO 1のノーマルカタログ仕様が
¥299,980(税込)で!

TCR ADVANCED PRO 1であさひ70周年特別記念モデルっていうのが発売されたんですね!

ジャイアント TCRアドバンスド・プロ1のSunwebチームカラー仕様です。
●T700相当の生涯保証付きカーボンフレーム
●カーボンチューブレスレディ(クリンチャータイヤにも対応)42mmハイトホイール
●R8000アルテグラコンポ
●専用Bluetooth対応スピード/ケイデンスセンサーキット
●車体重量 7.1kg
これで希望小売価格は¥360,000(税別)
カーボンフレームとカーボンホイールを自社工場にて生産するGIANTにしか出来ないお値段設定ですな。

さらに今なら

TEAM SUNWEB ありがとう(そしてさようなら(笑))セール
現金特価20%割引の¥288,000(税込¥311,040)
TEMAレプリカモデルは全サイズ完売しました。
m(_ _)m

2018年のツールドフランスでは、このカラーリングのTCRでチームSUNWEBは大活躍でしたね。
総合で2位!

PROグレードのカーボンフォーク、、、
乗り比べると(グレード下の)TCRアドバンスド2のカーボンフォークに比べてだいぶ硬く、
ハンドリングにしっかり感を感じさせてくれます。

でも、TCRアドバンスド2のハンドル持ち上げて地面にたたき落とすと
「ドスン!」
と重たげな音で衝撃を吸収してくれるんですが

TCRアドバンスド・プロ1のハンドル持ち上げて地面にタタき落とすと
「トトン!」
と、やたら軽快な音で衝撃を吸収してくれます。

この音だけを聞くとTCRアドバンスド・プロ1の方が乗り心地良さそうなんですが、、、
完成車として見るとなぜだかお安いTCRアドバンスド2の方が乗り心地だけは宜しかったりします。

42mmハイトのカーボンホイールがカッコええ…

このホイール、カッコエエんですが、、、
チューブレスで使う場合は振れ取りはもちろん、バランス取りもしといた方がエエですよ!
ほんの少しホイールに重りを貼りつけることになりますが効果は絶大。
輪心でご購入いただく場合は無料でやっときますんで!

アルペシンカラーと並べてもカッコええぜ!

TCR ADVANCED PRO 1 DISC とりあえず写真

TCR ADVANCED PRO 1 DISCです。

機械式アルテグラコンポ
油圧DISCブレーキ
42mmハイトのカーボンホイール
生涯保証のフルカーボンフレーム

で、定価¥410,000(税別)のモデルです。

太陽の下で見ると、つや消しのシルバーに見えますが、、、
室内で見ると青っぽいシルバーに見えます。
ウルトラマンに使われてそうなシルバーと言いましょうか。。。

今までずっとホリゾンタルのロードしか乗ったことが無い、、、
と、いうお客さまのためにポジション出して組んでみまして、
「え?こんなにレーシーなポジションなるの?!」
「めっちゃカッコ良いやん!」

と、スローピング初めてなお客さまは大喜びされてました(笑)
やっぱシートポスト出てるとカッコよろしいですわね!

2018年11月24日 | Category : 2019 GIANT | Author : 木村 敬

PROPEL ADVANCED PRO 1

PROPEL ADVANCED PRO 1

定価で400,000円税別のモデルです。

2018モデルから新型フレームとなった、PROPEL DISCの、、、
DISCブレーキじゃないキャリパーブレーキ
機械式R8000コンポ
仕様の完成車になります。

このカラーリングも激シブですな。

この最先端のエアロロードはDISCブレーキを装備することにより最良の性能を発揮するんですが、、、
DISCブレーキにDI2コンポだとやはり、、、お高い。

お客様の中には、、、

「このフレームデザインが気に入っただけなんで、DISCブレーキは妥協するぜ!」

と、おっしゃって頂ける方々も意外に多かったんで、、、
(専用)キャリパーブレーキ、機械式R8000コンポ仕様でPROPEL ADVANCED PRO 1は発売されたのです。

油圧DISCブレーキ、DI2 R8000コンポ仕様のPROPEL ADVANCED PRO DISCが定価63万なのに対し、
PROPEL ADVANCED PRO 1は定価40万。。。

40万でこのエアロロードに乗れるのは安い。
と、考えた方は想像以上に多かったようで、、、GIANTメーカー側も2019年度の在庫が残り少なくなってます。

2018年11月2日 | Category : 2019 GIANT | Author : 木村 敬

IDIOM 2

定価¥65,000税別

2018年9月21日 | Category : 2019 GIANT | Author : 木村 敬