ESCAPE RX-E+

GIANTのハイパワーe-BIKE、ESCAPE RX-E+の発売予定は2019年1月ですって!
詳細は後述させていただくとして、
性能をモーターが同じと思われる最大のライバル、、、ヤマハ YPJ-ECと比較してみました!

エスケープRX-E+ YPJ-EC
2019/1発売予定 発売中
¥280,000税別 ¥260,000税別
36V-13.8Ahバッテリー
(25.5V-19.5Ahに相当)
36V-13.3Ahバッテリー
(25.5V-18.8Ahに相当)
TIAGRA10速
44T、11-34T
SORA 2×9速
50/34T、11-30T
240Wモーター
最大トルク80Nm
240Wモーター
最大トルク70Nm
シマノ製油圧式
ディスクブレーキ
シマノ製ワイヤー式
ディスクブレーキ
20.0kg 19.6kg

う~む。めっちゃエエ勝負ですな。

バッテリーはエスケープRX-E+の方が大きいんですが、
最大トルクもエスケープRX-E+の方が強力なので電力の消費は大きいと思われます。
まあつまり、、、エスケープRX-E+の方が楽に走れるってことで!

そして車体重量が共に20キロと重いんで、、、
峠の下り坂はドンドンとスピードが出てしまい怖いです!

そんなときに頼れるのは油圧のディスクブレーキ!
油圧のディスクブレーキじゃないと六甲山は下れませんゼ。

ちなみにエスケープRX-E+は変速10速しかないんで、六甲山登れるのか?
と気になるかもしれませんが、、、

●エスケープRX-E+
フロント44Tでリア34Tのギヤ比1.29
脚の回転数70rpmで時速11.7キロ

●YPJ-EC
フロント34Tでリア30Tのギヤ比1.13
脚の回転数70rpmで時速10.2キロ

と、いうことになります。
モーターが助けてくれることを考えるとエスケープRX-E+のギヤ比でも問題無いでしょう。

とりあえず輪心では、、、
ブラックのSサイズ、
アイスグレイのXSサイズ
を、予約しました!

早期ご予約承り中です。
m(_ _)m

早期ご予約特典はナニにしようかしら。。。悩みますなあ。

TCR ADVANCED PRO TEAM 42

ジャイアント TCRアドバンスド・プロ1のSunwebチームカラー仕様です。
T700相当のカーボンフレームに
カーボンチューブレスレディ(クリンチャータイヤにも対応)42mmハイトホイール
R8000アルテグラコンポ

が付いて定価は¥360,000(税別)です!

2018年のツールドフランスでは、このカラーリングでSUNWEBは走るわけですね。
まあ、このまま2019年カタログにも載るそうで、
2019年早期販売モデルみたいなワケですね。

PROグレードのカーボンフォーク、、、
乗り比べると(グレード下の)TCRアドバンスド2のカーボンフォークに比べてだいぶ硬く、
ハンドリングにしっかり感を感じさせてくれます。

でも、TCRアドバンスド2のハンドル持ち上げて地面にたたき落とすと
「ドスン!」
と重たげな音で衝撃を吸収してくれるんですが

TCRアドバンスド・プロ1のハンドル持ち上げて地面にタタき落とすと
「トトン!」
と、やたら軽快な音で衝撃を吸収してくれます。

この音だけを聞くとTCRアドバンスド・プロ1の方が乗り心地良さそうなんですが、、、
完成車として見るとなぜだかお安いTCRアドバンスド2の方が乗り心地だけは宜しかったりします。

42mmハイトのカーボンホイールがカッコええ…

このホイール、カッコエエんですが、、、
チューブレスで使う場合は振れ取りはもちろん、バランス取りもしといた方がエエですよ!
ほんの少しホイールに重りを貼りつけることになりますが効果は絶大。
輪心でご購入いただく場合は無料でやっときますんで!

アルペシンカラーと並べてもカッコええぜ!

IDIOM 2

定価¥65,000税別

2018年9月21日 | Category : 2019 GIANT | Author : 木村 敬