ESCAPE R3W サファイアブラック とりあえず写真を

Livブランドのクロスバイク、エスケープR3のXXSサイズです。
定価は¥52,000(税別)

カタログ上で適正身長は140cm~となっております。

そういえば、、、以前にお客さまが。。。

「ハンドルがシルバーって錆びたら目立つからあんまり好きじゃないの、、、」

ご安心ください。
このコのハンドルは、、、

このコのハンドルは、アルミ製なんで錆びません

ママチャリに付いてるような安モノとは違いますんでご安心ください。

ブラックにラメが入ってます。
ロゴはブルーです。

とりあえず、無改造のままでシート下げて、、、地面から70cmの高さになりました。

見た目をある程度保ったまま改造したら、、、地面から68cmくらいまで下げれるかな?

見た目を気にせず(笑)目一杯ガン下まで下げれるよう改造したら、、、地面から65cmくらいまでイケますかね?

ESCAPE RX 3 レッド

2019年モデルのエスケープ RX 3です。
レッドのXSサイズ!

定価で¥67,000(税別)のモデルですね。。。

やたら真っ赤なレッドです!
このカラー渋いな!

油圧整形されたアルミフレームに、ワイヤーは内蔵式となってますんで実にスッキリとしたデザインですね。

フロントフォークはアルミ製です。
車体重量で言うとアルミフォークを採用すると、とても軽くなるんですが、、、
乗り心地でいうと、、、実はエスケープR3の方が優れてたりします。
最近、Khodaabloom(コーダブルーム)のRAIL(レイル)とか、
ジャイアントからもCROSTARとか、軽さ狙いでアルミフォークを採用してきているモデルが増えてますね~!
、、、でも一番乗りやすいのはエスケープR3なんですよね。。。

グリップは疲れにくいエルゴデザインなタイプ、変速系は3×9速のアルタスで組まれています。
下位モデルのエスケープR3(3×8速)に比べると、変速レバーがやたらスムーズに感じますね!
変速の段数うんぬんよりも、このスムーズな変速動作は実に魅力的ですな。。。

サドルは¥5,000もする高密度フォームを内蔵した高級品が付いてます。
さらに純正オプションでサドルと一体化できるデザインで自動点灯機能付きのテールライトが発売されてます。
このテールライト、モーションセンサーと光センサーを内蔵した優れ物でしておススメです。

タイヤは8.3気圧まで対応する完全スリックタイヤです。
なんとこのタイヤ、、、

↓パンク防止のケプラー入りゴムベルトを内蔵してます!
タイヤ単体は激重なんですがパンクに強い上に耐久性もバツグン。
タイヤがすり減ると緑のゴムが出てくるんですが、その時点でまだ半分。
ま、でも緑のゴムは雨の日にメッチャ滑るようなりますんでご注意ください(笑)

さすが、エスケープR3(¥52,000)の上位機種としてラインナップされれている、
エスケープRX3(¥67,000)です!
CROSTAR(¥56,000)はアウト・オブ・眼中

エスケープR3よか¥15,000もお高くなりますが、

  • 見た目シュッとしてるワイヤー内蔵式
  • 後で買うと¥5,000もする高級サドル付き
  • 後で買うと¥2,000もする高級グリップ付き
  • 3×8速のに比べるとやたら変速スムーズになる3×9速のアルタス
  • パンクに強いスリックタイヤ

こうして相違点を比べると¥15,000お高いだけのことは有るかと。