エスケープRX-E+のMサイズです

2020モデルから追加されました、ESCAPE RX-E+のMサイズです。
メーカー希望小売価格で¥280,000(税別)です。

それにしてもデカい。。。

バッテリーをカバーする部分がサイズによって形状が異なっています。

以下は、組み立て途中の写真です。
ココのバリは結構有りますんで、ガッツリと削り落したいところですね。
ノーマルでカーボン製シートポスト付いてきますし!

このシートポスト、マウンテンバイクにも使われてまして、、、
ちょっと細工しとかないと激しいダートを走るときシートの角度がずれてきたりします。

エスケープRX-E+は、前後とも中空のスルーアクスルシャフトでホイールを留めています。
むかーし、何年もホイール外さずにスルーアクスルのMTB乗り続けてたら、、、
もの凄い固着してたお客様がおられたのでグリス大盛りで組みます。
DISCブレーキの熱とかも関係有るのかしら?!

ステアリングヘッドもグリスアップしときます。

新品のバッテリーは、必ず最初に「満」充電させます。
最初の充電を90%とかで適当に済まして使い続けるとバッテリーの寿命が短くなってしまうそうです!
ラジコンやってる人に教えてもらいましたんで間違いないです。

、、、しらんけど!

ちなみに写真は納車前なのでバッテリーに保護シールを貼ったままですが、
このまま乗り続けるとギシギシ音の原因になったりしますので
乗る時は、保護シールをはがすことをおススメします。

油圧のディスクブレーキは、組みつけた状態でもう一度エア抜きしてあげた方が
ブレーキレバーのタッチが良くなります。

エスケープRX-E+で採用されている2ポットキャリパーはごく僅かな差にしかなりませんが
4ポットのディスクブレーキとかは絶対必要な作業だったりします。

まだカタログにも載って無い、2020年度から新規ラインナップされる、
MIKシステムに対応した、リアキャリア(¥7,000税別)とパニアバック(¥10,000税別)です。
これ、メッチャ便利ですよ!

パニアバック(左右一体型の自転車用カバン)は、防水ではないですけど非常にシッカリした生地で
中に予備のバッテリーをしまえるポケットが付いてます。
よって左右にそれぞれ予備バッテリーを持つと、225km×3=675km走行できる計算になりますね。

ちなみに正確には、225km走行後、バッテリーの残量が3%になって一度スイッチが切れます。
その状態でもう一度電源入れると、ECOモードのみですが0%になるまで走行できます。

そうなると、、、232km×3=696km走れる計算になりますね!

、、、って誰がそんだけ走るねん!
使わんやろ、このポケット(笑)
まあでも、通勤経路がもの凄い山岳地帯だったりする方だと使うのかな?

そしてカタログにも載って無い、ジャイアントオリジナルのMIKシステムは、
↓このキー(?)を、、、

ココにブチ込むとパニアバックの取り付けフックが外れます。
(パニアバックの場合、左右にゴム製フックが各一ヶ所ずつ外す必要が有ります)

↓取扱説明書です!

いやあ、便利!
ただし、このキー(?)は、、、マイナスドライバーでも代用出来ます(笑)
あくまでも持ち逃げを防ぐ程度とお考えくださ~い。

そいでもって、エスケープRX-E+の最大の欠点は以下の写真をご覧ください。
ハンドルを90度以上回すと、かならずブレーキレバーがフレームに当たります。
MサイズとSサイズは必ず当たります。XSサイズ以下なら当たらないです。

あと、コレは普段カンケーは無いかもしれませんが、、、

駐輪時に倒された時などに想像以上の悲劇をひきおこすかも知れません。
ピスト乗りの方にはアルアルなトラブルですな。

ワタシは怖いんでお気に入りのバンパーを取り付けることにしました。
(輪心からの無料サービスです)

ご購入有り難うございました、ステキな電気自転車ライフを!

TCR ADVANCED 1 SE(とりあえずパワーメーターで遊んでみたい編)

店主の妄想(シリーズ全3回)

第2回:とりあえずパワーメーターで遊んでみたい編

みなさまこんにちは、以前にFTPテストしたら150wだった木村です。
えっと、、、一般的な男性ロード乗りはだいたい200wくらい有るんでしたっけ?
ま、別にエエんですけど。

まあ最近はワタシ、通勤もランですからね。
3+3kmでトータル6kmだけですけど。

まあアレですよ。
ワタシも本気だしたらですね、
本気出したらFTP値くらいもっと上げれるんですよ?
例えばヒルクライムのイベント出るとかってなったら真面目に練習しますよ。
パワーメーターも買ってね?
オギノ式、、、あ、ちがったタバタ式インターバルでも気合い入れてやりますよ。
ただ、いま残念ながら忙しくて時間が無いんですよね~
いや、残念。

さて、ヒルクライムを楽しみたいロード乗りにはほぼ必須アイテムになってしまったパワーメーター、、、
ドラゴンボールのスカウターごとく乗り手の性能を数値化してくれるという、めっちゃ面白い機械なのです。
ただ、、、いかんせんお高い。
とりあえずパワーをワット数で表示してくれるだけのパワーメーターでも数万円。
ホントはやっぱし左右の脚それぞれでワット数見たいんですけど一気に十数万円。。。
おおう。。。

が、
ジャイアントには、
このパワーメーターがオマケで付いてくる、恐ろしい完成車が存在します。
それがこの、TCR ADVANCED 1 SE メーカー希望小売価格¥280,000(税別)です。

一応、フレームはブラックが基調で、ハンドル周りもブラックでまとめられてますが、

ブルーがアクセントで入ってたり、、、

蛍光グリーンもアクセントで入ってたり、、、

ダウンチューブの大きな「GIANT」ロゴはただのシルバーではなく、

アルミのような金属的なシルバーをしてます。
このフレームはカーボンフレームなので、アルミのステッカーを貼ったんでしょうか?

カタログで見るよりも、わりと目立つカラーリングですねえ。

↓そしてコレがパワーメーター用センサーです。
ちゃんと左右それぞれにセンサーが付属しているタイプで、

専用アプリで見ると、ちゃんと左右それぞれのパワーをワット数で表示されている上に
ペダルがどの位置で強く踏まれているかを「フォースアングル」の図で判りやすく表示してくれます。

そう!
実はこのパワーメーター、表示にスマートフォンを活用しているのです!!

なんせ他ブランドのパワーメーターだと、お高い機械を買った上に、
それを表示するための専用メーターや、ガーミン等のサイクルコンピューターを別途買わないとダメですからね。。。

それがこのジャイアントのパワーメーター(GIANT POWER PROっていう名前ついてます)だと、
お気軽にスマートフォンを使うので余計な出費が不要なのです。
ガーミンとか既にお持ちの方もご安心ください、ANT+の電波も同時に発信しておりますので
ガーミンとスマホを横に並べて同時に表示させることも可能です。

ご参考までに、充電も簡単で、
↓専用充電コードをマグネットでクランクに貼り付けるだけです。

えっ?
赤札??
赤札がどうかされましたか?!

ジャイアントのパワーメーター(GIANT POWER PRO)、、、
正直、細かいぺダリング出力のベクトル等の表示機能は無く、
日本製の超高級ブランドのものには負けるかもしれませんが、
POWER PROで見える情報でも、十分にご自身のぺダリング能力を確認することが出来ます。

それが28万の完成車にオマケで付いてるんですからスゴいです。
しかも今回、写真のSサイズだけ赤札付いてます。
ワタシが勝手にFTPテストしたから赤札付いてるわけちゃいますよ!
だれも乗って無い新車です。
ただ、、、ちょっと訳あって赤札付いてるんです。
ぜひ赤札見に輪心までご来店ください!

TCR ADVANCED PRO 1であさひ70周年特別記念モデルっていうのが発売されたんですね!

サイクルベースあさひさんが70周年記念モデルとして、すごい限定車出してますね!
なんとTCR ADVANCED PRO 1のオリジナルカラー仕様が
¥299,980(税込)ですって!
すごっ!

TCR ADVANCED PRO 1のノーマルだと、希望小売価格で¥378,000(税込)ですからね。。。
悔しいからリンクは貼りません(笑)
(↓画像だけどうぞ)

それにしても、、、70周年とはスゴいです。おめでとうございます!

じゃあせっかくなんで、、、
勝手に「あさひさん、70周年おめでとうございます」記念

ノーマルTCR ADVANCED PRO 1を輪心の在庫分のみ、
販売価格¥299,980(税込)
輪心にて販売させて頂きます。
(当店は通信販売に対応しておりません)
(7/5時点でS、M、MLサイズが在庫ございま~す)

うわ~
安っ
これウチ、儲かりませんわ。

でも、あさひさんが70周年ですからねえ。

ブラックにグリーンのラインが入ってます。

この辺のロゴは、、、

反射プリントになってます。
ちょっと擦れただけで剥がれちゃいますが気にしないで下さい。

ハンドル周りは、ワイヤーの取り回しを変更してからお渡しとなります。

このホイールは超軽量カーボンリムな上にチューブレスバルブを使用しているため、
バランス取りされることをお勧めします。

輪心では、専用デジタル機器にて調整してからのお渡しとなります。

あさひさんも70周年記念モデルを出すのはエエねんけど、
メーカー希望小売価格よか遥かに安いって!
すごいなあ、、、上場企業はお金持ってんなあ。。。

くっそ~

あ、
いや、
あさひさん、70周年おめでとうございます!

なお、輪心はあさひさんとはまったく関係ございません(笑)

FATHOM 2(試乗(私情)車のFATHOMをサイズ替えてみたい編)

店主の妄想(シリーズ全3回)

第1回:試乗私情車のFATHOMをサイズ替えてみたい編

先日、箕面市で開催されたMTBの大会、楽しかったな~
ワタシは2017モデルのFATHOM1 XSサイズで走りました。


photo by フッチーさん

この私情車を手に入れた時はジャンプでも遊んでみたいな、、、
と、XSサイズをオーダーしましたが
こういうコースだともっと大きいフレームサイズの方がエエやろな。。。と思いながら走ってました。

そんなことを思い出したのは↓コイツ組んでたからです。

2019モデルFATHOM 2 Mサイズです。
メーカー希望小売価格は¥140,000税別

輪心の販売価格はお問い合わせください

クランクは流行りのシングル30T、
リアは11-42Tのデオーレ10速。
ジャイアントのMTBとしては珍しくフロントフォークもチョッパー気味
ホイールベース長めで後乗りポジションにも対応
ノーマルタイヤ2.4インチ幅ですが2.6インチ幅にも対応
ドロッパーポストも最初から付いてます。

実は、、、
それが、、、

なんと、、、

↓キズが有ったんです。
え?
見えませんか??

↓ホラ!

キズだああ~!

速効GIANTに電話して値切り交渉(笑)

無事にちょっとだけマケてくれました。

現品限りMサイズちょっとキズ有り特価はお問い合わせください

ジャイアント有り難うございま~す!

さて、
とりあえず店頭に展示してますがそのうち私情、、、
いえ、試乗車になっちゃうかも!

店主の妄想(シリーズ全3回)

第2回:とりあえずパワーメーターで遊んでみたい編(予定)
第3回:現時点で最高のアルミ製ロードバイクをどっぷり味わいたい編(予定)

ESCAPE RX -E+の充電所要時間についての実験(笑)

さて、ジャイアントのフルパワー電気自転車のエスケープRX-E+を充電してみましょう!
とか考えたものの、、、なんせ満充電で225km以上走れてしまうエスケープRX-E+、
バッテリーが全然減りません。

とりあえず今回は無駄に通勤で使ったりして、86%まで減らすことが出来ました。
バッテリーだけ本体から外して店内に持ち込むことも出来ますが、
今回はバッテリーは本体装着のまま充電器につなげてます。

↓充電開始15分経過しました。
86%から5%増えて91%になりました。
と、いうことは、、、
0%から100%まで充電するには5時間かかるという計算になりますね。

カタログにはバッテリーの満充電までに5時間30分ほどかかると記載されてますんでこんなモンでしょう。

↓さらに15分(充電開始から30分)待ちました。
91%から4%増えて95%になりました。

↓さらに15分(充電開始から45分)待ちました。
95%から4%増えて99%になりました。

↓さらに1分(充電開始から46分)待ちました。
99%から1%増え100%になりました。

と、いうことで今回の充電にかかった所要時間をまとめると以下のようになります。

充電開始からの所要時間(分) バッテリー残量(%)
0 86
15 91(5%増)
30 95(4%増)
45 99(4%増)
46 100(1%増)

 

本当はバッテリーを0%まで減らしてから実験するのが一番正確なんでしょうけど、、、そんなメンドいことはやってられません。
今回の実験で判ったことは以下となります。

バッテリーの充電は90%くらいまでが一番、時間の効率が良い。

よって、エスケープRX-E+で充電器を持ってサイクリングをするとき、少しでも走行距離を伸ばしたい場合、、、

  1. バッテリー残量を85%以下になるまで走る
  2. バッテリーを充電しながら(例:15分)休憩する
  3. 充電され(5%で11.25km)長く走れるようになる。

    充電後、バッテリー残量が90%以下程度で終わらすのがポイントです。

と、いうワケですね~!

あと、ご注意頂きたいのは充電器の取り扱い!

充電器は振動にとても弱いのです。
よってエスケープRX-E+にリアキャリア付けて充電器を縛り付けて持ち運ぶ、、、
っていうことは絶対ダメです!

クッションに巻いて、バックパックに背負うのが好ましい持ち運び方法となります。

ATX ブルー(ガルフカラーとはちょっと違う)

ジャイアントのマウンテンバイク、ATXのブルーです。
希望小売価格¥54,000(税別)

前後ディスクブレーキ
ワイヤーはフレーム内装式
専用スタンド付いてる
¥5000のサドル付いてる
という、実はエスケープR3よりもお買い得だったりするモデルです。

写真の現物はMサイズで、お客様のご予約分がやっと入荷してきたものです。
良い意味でジャイアントらしく無いカラーリングでめっちゃカッコ良いですね!

組み立ててたら当店の経理部(うちの妻)がこのカラーがイケてるというので
店頭展示用に、もう一台予約しときました。
(6月入荷予定です)

XSサイズをご予約中のお客様は、もうしばらくお待ちくださいm(__)m

ポルシェのガルフカラーに近い配色ですが、、、
本家ガルフカラーに比べてオレンジが明るく、
ブルーもエメラルドグリーンっぽい感じで、
より明るめな雰囲気です。

テクトロ製のワイヤー引きのディスクブレーキです。
ワイヤーにシリコン塗ったらやたら動き良くなります。

ワイヤー先端のエンドキャップをブルーに換えたのはワタシの趣味です。
このカラーリングを気に入ってご予約いただいたお客さまなら、きっと気に入って頂けるかと!

サドルは定価で¥5,000もするサドルが付いてます。
手触りが実に良い。

そして、フレームに直接ボルト留めされてる専用のサイドスタンド。
このスタンドが標準で付いてます。

フレームサイズがSとMサイズのATXには、27.5インチの55ミリ幅タイヤが装備されてます。
歩道もドカドカ走れて安心です。

ペダルもマウンテンバイク用プラスチックペダルが付属してます。
アルミ製ペダルの方が靴底滑りにくいんですけど靴をガリガリに痛めちゃうんで
プラスチックペダルで問題無いです。

↓は、ノーマル状態のワイヤーの取り回しです。
ワイヤー内装式なのにワイヤーが無駄に長いのはダサいんで、、、

ワイヤーの長さをそれぞれ現物合わせてカットしました。
実にスッキリして激シブ。カッコ良いですな。

ESCAPE R3 ホワイト

2019モデルのジャイアント エスケープR3、ホワイトです。
メーカー希望小売価格で¥52,000(税別)です。

HPに載せるのすっかり忘れてたんで、今さらですけど写真上げときます!
最近のシティサイクルは「ステンレスハンドル」と書いていながらも余裕で錆びたりしますが、
エスケープのハンドル部分はほとんど「アルミハンドル」なので茶色く錆びたりしませんよ~

2019モデルのホワイトは、つや消しのホワイトです。

つや消しホワイトは、汚れたらメラニンスポンジでさっと拭いてあげるとキレイになりますんでお掃除楽ちんです。
ちなみに、ツヤ有りのフレームをメラニンスポンジで磨くと少々ツヤが無くなってきますので。

ジャイアントのクロスバイクは、溶接痕をみると細かくしっかり造られているのが目で見て判ります。
伊達にフレーム生涯保証付いてませんゼ。

写真の現物はもうご注文いただいてる車体なので、ブレーキワイヤーにライナー被せてます。

エスケープR3のタイヤは700*28cと言いながら実寸31mm幅です。
また、最高空気圧は6気圧でこれくらいのタイヤが歩道走りやすいんですよ。

CROSTARとかについてるタイヤは、重量が軽いんですけど最高空気圧8気圧以上もあり
クッション性が悪く、歩道走りにくいんでワタシはあまり好きでは無、、、

フロントブレーキはノーマルではワザと制動力を弱くなるよう造られてます。
それがワタシの好みでは無いので改造してガッツリブレーキが利くようにしてます。
よって、輪心でご購入頂いたエスケープR3の場合、ブレーキレバーは指1本か2本で引くようおススメしてます。

この改造を後で行おうとするとワイヤーを交換しないと出来ないんで新車のときから改造しちゃいます。

後ろのブレーキは、少し強めにトーイン調整つけてます。

エスケープR3のブレーキは、、、残念ながらシマノ製ブレーキに性能面で負けちゃうんですが
トーイン付けて組み立ててあげれば負けてないブレーキに仕上がります。

FORMA フォーマのXSサイズはこんなの

GIANTのクロスバイクというかフラットバーロードに近い、フォーマのXSサイズの写真です。
メーカー希望小売価格で¥74,000税別で、XSサイズで適応身長は155~165cmくらいになります。

エスケープRXシリーズのXSサイズと、トップチューブ長は同じなのでまたがると小さく、
シート高さえあえば女性でも乗りやすいですよ。

さすがにトップチューブは水平とはいかず、少しスローピング(前上がり)してますが
XSサイズながらデザイン的には非常に完成度高めでカッコ良いです。

このFORMAも、リアディレイラーのトコにあるワイヤーが短い気がします。
ワタシの好みで無いため、輪心では組立時にシリコン塗るついでに長いものに交換してます。

そんなフォーマも完売サイズが出てきました。
4/20現在、、、
マットシルバーのXSサイズがごくわずか
マットシルバーのSサイズがごくわずか
マットブラックのMサイズが最後の1台

それ以外の仕様は全て完売です。。。

ESCAPE(エスケープ)RX-E+のって六甲山最高峰で記念撮影

●●●令和記念●●●
ジャイアントのフルパワーEバイク、ESCAPE(エスケープ)RX-E+が令和記念で

と、いうことは、、、エスケープRX-E+が定価¥302,400(税込)から
3万円お値引きの¥272,400(税込)で!

またまたジャイアントのフルパワーEバイク、ESCAPE(エスケープ)RX-E+の実験に最適なモルモットお客さまが!

え?!
今日はヒザがイタい?

大丈夫です、そんな時こそ電気自転車ですよね!

ええ?!
ヒザに先週ヒアルロン酸打った?

大丈夫です、なんてったってフルパワーEバイクですから!

と、いうことで六甲山頂まで行ってらっしゃいませ!
ロードバイクはちゃんとお預かりしときますんで。

ただ、今回バッテリーの充電時に判ったことがありました。

前の晩に、バッテリー残量98%だったので100%にしとこうと充電器つなげておいたら、、、
次の朝は、バッテリー残量98%のままでした。

なんと、エスケープ専用充電器の電圧測定が正確すぎて、
98%も残量が残ってれば過充電をふせぐ安全装置が働いて充電出来ないようになっているのです。

さらに、一晩つなぎっ放しでも残量がまったく増えてないということは待機電流もほとんど流れていないのでしょう。
すばらしくバッテリーのコンディションに気を使っている充電器です。
さすがパナソニック製ですな!

武庫川沿いに北上中です。
すでにバッテリー残量98%なのが確認出来ます。
この辺の平地区間で感じられたのは、、、
「スピードが出ない(笑)」

そう、平地では時速22~23キロで巡行するのが最も快適で、30キロで巡行するのはもの凄くシンドいのです。

ただ、今回ついでに調べて判ったんですが海外仕様のEバイクでも、、、
ヨーロッパ仕様で時速25キロくらいで巡行するのが最も快適で、
北米仕様で速いモデルでも時速32キロくらいで巡行するのが最も快適なのだそうです。

あ、そうなんだ。
海外仕様なら時速50キロとか出せるのかと思ってました。

さて、
そしてエデンの園を時速14キロで抜けて、、、

芦屋の有料道路入り口を時速14キロで通り過ぎ、、、

はい、六甲山最高峰でパシャリ!

なんと直前のグレーなコンクリート敷き道路でも
時速14キロで登れたそうです!すごい!
距離だと30mくらいしか無いかも知れませんがあの斜度は何度あるのでしょうか?!
20度くらい??

と、いうことで輪心に無事帰ってこられました。
有り難うございます、お疲れさまでした!

あ、全然疲れてないそうです。

輪心に帰ってきた時点で走行距離バッテリー残量は58%でした。
走行距離は33.4kmと。

今回わかった大切なことは以下です。
「エスケープRX-E+なら、登り坂の傾斜に関係なく時速14キロで上れる」

まあ、時速14キロというスピードは個人差が有るのでしょうが、一定のスピードで激坂でも登っちゃうのはスゴいですな。
ちなみに今回のモルモットお客さまは軽いほうのギヤ3枚は全く使わなかったそうです。
つまり六甲山程度ならフロント50T-リア23Tで登れると。。。

↓過去の記事もご参考下さい。

ESCAPE(エスケープ)RX-E+で六甲山の一軒茶屋まで

ESCAPE(エスケープ)RX-E+で六甲山の一軒茶屋まで

●●●令和記念●●●
ジャイアントのフルパワーEバイク、ESCAPE(エスケープ)RX-E+が令和記念で

と、いうことは、、、エスケープRX-E+が定価¥302,400(税込)から
3万円お値引きの¥272,400(税込)で!

 

先日、暇つぶしにご来店頂いたお客さまが「あ~、明日も休みだし、久しぶりに六甲イこうかな~!」
と、おっしゃってるので、、、ちょうど良い実験台だわと
「Eバイクで上ってみませんか??」
と、お願いしたら引きうけて頂けました。

いやあ、助かります!

と、いうことで、、、

翌日の朝イチ。

よろしくお願いしま~す!

さて、このエスケープRX-E+。
平地や少しの上り坂くらいだとフルパワーモードでも最大出力までいかないんで、
省エネモードで走ってもシンドサはあんまし変わりません。
ゼロスタートはどのギヤに入ってても踏んだら鬼加速で30キロまですぐに到達。

ただ、、、
30キロ巡行は無理です。車体重量20.1kgが効きますわ。
じょじょに減速していき20~23キロあたりでのんびり走るのがもっとも快適。

せっかくなんで逆瀬川駅の踏切からタイム計測開始。
ココから山頂までフルパワーモードしばり、変速はシッカリおこなっていただきました。
ご参考までに、お客さまはロードでストラバ58分台の脚です。

残念ながら交差点の信号につかまってしまい、
途中で工事中の信号にもガッツリつかまってしまいました。。。
おしい。。。

それでも余裕の楽勝で一軒茶屋まで到着!
さすがEバイク。
激坂区間でも一番軽めのローギヤに入れなくとも全然いけたそうで、それなりに重いギヤ使ったとのこと。
おそらく一番軽いローギヤ使ったら、
汗一つかかずに六甲山のぼれるだろう
とのことです。
また、GIANTの話だと積極的にローギヤをお使い頂いた方がバッテリー消費も減らすことが出来るんだそうです。

と、いうことで無事に輪心まで帰ってこられました。
お疲れ様でした。

あ、全然疲れてないそうです。

さて、バッテリーの残量は、、、

64%でした。
メーター読みで内訳は以下です。

輪心 ~ 逆瀬川駅がほぼ平坦で3.5km(24m上ってます) 3%を消費
逆瀬川駅 ~ 一軒茶屋 ~ 逆瀬川の往復で22km(838m上ってます) フルパワーモードで30%を消費
逆瀬川駅 ~ 輪心帰りの3.5km(24m下ってます)でも3%を消費

と、いうことは逆瀬川駅から一軒茶屋までの往復を走ろうと考えたら、
ユニットの性能にもよりますが36Vだと4.14Ahが必要で、
ママチャリ系の25.2Vだと5.91Ahのバッテリーが最低必要だということですね。

エスケープRX-E+だと上りのペースをおさえて
ゆっくり走れば3往復はイケるわけですな。
ダメですよもう、調子乗ってペース上げたら。

え?

けっきょく逆瀬川の踏切からのタイムはなんぼだったのかと?

知りたいですか?

ふふふ。

信号2回停まって、37分台。

ノンストップなら35分台でイケただろうとのことです。
ストラバには上げてないと、お客さまは自己申告されております。
有り難うございました、とても貴重なデーターでした。

ふーむ。
でもまあ、
Eバイクの正しい使い方としてはしっかりローギヤ使って1時間30分くらいのペースで汗かかずに上り、
景色と空気を楽しんで帰ってくるというサイクリングですよね!

今回わかった大切なことは以下です。
「エスケープRX-E+なら、散歩気分で六甲山に上れる」

スバらしい。
サイクリングの楽しみは、ピチピチのジャージ着てケイデンスと心拍数を見ながら走る方たちだけではもったいないです。
もっと気楽に遠くに行けるということをエスケープRX-E+ならどなたでも楽しめちゃいますね!