ATX ブルー XSサイズ

ジャイアントの入門用マウンテンバイク、ATXです。

他ブランドの入門用MTBつったら、
フレームの設計がどう見てもクロスバイクだったりして見た目からして「なんか違う感」を醸し出すモデルばっかなんですが、

なぜだか、GIANTのATXはフレーム設計がバリバリMTBしてるし、やたらカッコ良く見えます。

ワイヤーがフレーム内蔵式なのもビビりました。

どう見ても定価¥52,000には見えません。。。

確かにホイールなんかは山でコケたら一発で曲がりそうなんですけど、、、カッコ良い。

ワイヤーはここからフレームの中通ります。

エスケープにはサイドスタンド別売りなくせに
なぜかATXには専用サイドスタンドが標準装備されてます。

クロスバイクよりかお買い得やん

まあ変速系とかTOURNEYなので、山でバリバリ走るっつ~わけにはいかんのですが、
ちょっと一回くらい山の中走ってみたいとかくらいなら十分イケますよ。

それにしてもカッコ良いなあ。見た目がエスケープとかよりも高そう(笑)

ただ一つ、最大の欠点として「デカい」です。
クランク位置(=ペダル位置)が高いんですよ。
(本格的MTBの設計は最低地上高を上げたいためそのようになってます)
よってクロスバイクに比べて、地面に足が付きにくい(届きにくい)です。

(先記のクソダサい、他ブランドの入門用MTBフレームの設計はこれを嫌ってクロスバイクっぽくなってるんですけどね。)

コイツは、ATXのXSサイズなんでホイールは26インチ規格なんですが、まだ一回りデカい。

でも、これがワイルドなMTBらしさである、ともいえるんで仕方が無いです。
我慢して乗りましょう!
それが、マウンテンバイクですわ。

ATX マットブラック

ジャイアントの入門用マウンテンバイク、ATXです。

他ブランドの入門用MTBつったら、
フレームの設計がどう見てもクロスバイクだったりして見た目からして「なんか違う感」を醸し出すモデルばっかなんですが、

なぜだか、GIANTのATXはフレーム設計がバリバリMTBしてるし、
今本格的なMTBで主流の27.5インチタイヤはめてたりで、やたらカッコ良く見えます。

ワイヤーがフレーム内蔵式なのもビビりました。

どう見ても定価¥52,000には見えません。。。

確かにホイールなんかは山でコケたら一発で曲がりそうなんですけど、、、カッコ良い。

ブレーキもメッチャ効く!!!!、、、と、言うわけではないんですけどDISCブレーキが付いてます。

エスケープにはサイドスタンド別売りなくせに
なぜかATXには専用サイドスタンドが標準装備されてます。

クロスバイクよりかお買い得やん

まあ変速系とかTOURNEYなので、山でバリバリ走るっつ~わけにはいかんのですが、
ちょっと一回くらい山の中走ってみたいとかくらいなら十分イケますよ。

それにしてもカッコ良いなあ。見た目がエスケープとかよりも高そう(笑)

ただ一つ、最大の欠点として「デカい」です。
クランク位置(=ペダル位置)が高いんですよ。
(本格的MTBの設計は最低地上高を上げたいためそのようになってます)
よってクロスバイクに比べて、地面に足が付きにくい(届きにくい)です。

(先記のクソダサい、他ブランドの入門用MTBフレームの設計はこれを嫌ってクロスバイクっぽくなってるんですけどね。)

ATXのSサイズと、エスケープのSサイズを比べると、、、ATXの方が一回りデカい。

でも、これがワイルドなMTBらしさである、ともいえるんで仕方が無いです。
我慢して乗りましょう!
それが、マウンテンバイクですわ。

(一応、2018年モデルからXSサイズは26インチになりましたんで少しマシにはなりました(笑))

TCR ADVANCED 2 ネオンレッド

そういえば、、、
2017年のツール・ド・フランスで総合優勝されたのは、、、
ピナレロを駆る、チームスカイのクリス・フルームでしたねえ。
いやあ、サスガです。

ところで、、、
2017年のツール・ド・フランスでポイント賞取ったのは、、、
チームサンウェブのマイケル・マシューズでしたね。TCR ADVANCED SL乗ってた。

でもって、、、
2017年のツール・ド・フランスで山岳賞取ったのは、、、
チームサンウェブのワレン・バルキルでしたね。TCR ADVANCED SL乗ってた。

ジャイアントのフルカーボンロードで最も軽量なシリーズがTCR。
その中で105コンポフルキットで組みこまれたモデルが、、、TCR アドバンスド 2です。
定価は¥195,000です。

ちなみに、ツールドフランスでチームサンウェブが乗ってたTCR ADVANCED SLはT800相当のカーボンを使用し、
UCI規定ギリギリを狙える軽さと、プロも満足させるに十分な剛性を得ていましたが、
SLでない、TCR ADVANCEDはT700相当のカーボンを使用してSLよりも乗りやすさを重視したモデルとなっています。
生産は共にGIANT専用の同じ工場です。

ワイヤーの取り回しはヘッドチューブから出るタイプです。

このタイプはDI2(電動)にしたらキレイになるんですが(笑)
機械式ワイヤーだと取り回しがキレイにならないんすよね。。。

しかもワイヤーの長さに、なが~く、余裕を持たせとかんとイロイロ調子悪くなっちゃうんですよ。
自転車屋的にハンドル周りのワイヤーが長いと、、、ちょっとダサい。

なるべくカッコ悪くならないよう、

いったんバラして
変速ワイヤーの取り回し代えて、、、
アウターワイヤーの長さ換えて、、、
テフロン塗って、、、

お客さまにはお渡ししてま~す。

フレームの後方に向かうほどすべてのパイプがシュッとしていくデザインです。

シートステイをこれくらい細くできるってコトは、、、

それだけグレードの高いカーボン(東レのT700相当)を使ってるってコトですね。

プロペル・アドバンスドと比べてもしなやかなのが、TCRアドバンスドです。
でもコレはVARIANTシートピラーのおかげでそう感じるのかもしれません。

ちなみに、、、

2016 2月号のサイスポで

「これが今のミドルクラスの頂点でしょう」

と、言われたTCR ADVANCED PRO 1(35万円)と、、、

このTCR ADVANCED 2 は、、、

フレームだいたい一緒で~す

 

アドバンスド・プロの方は、ヘッド規格がジャイアントオリジナルに変更されているくらいの差です。

でも35万のに付いてるGIANT製カーボンホイール、だいぶん良さそうなんですよね~!

あのホイールは欲しくなるな~

 

でも値段差みたら20万のTCR ADVANCED 2が良いですよね~

だってこのTCR ADVANCED 2 XSサイズで実測7.9kgなんですよ~!

エスケープR3にセンタースタンド

エスケープR3にダブルレッグセンタースタンドを取り付けました。

自転車屋的に、、、
センタースタンドってあんまし好きじゃなかったんですよね~

見た目はしっかりしてるクセに、取り付け金具の寸法がテキトーすぎてすぐ壊れたりで
乗ってるうちにタイヤに当たってくるようなったりするんすよね~

例外的に、
IDIOMはフレーム側に台座がガッチリ溶接してくれてるんで大助かりなんですけど。

エスケープR3は残念ながら、、、
チェーンステイが短いデザインだったり、
フロント変速ワイヤーが下から回るデザインだったりで
センタースタンドには向かないモデルではあります。

しかし、今回はお客様のご要望でしたんで取り付けることになりました!
しかもダブルレッグのタイプ!!

でもGIANT製のダブルレッグキックスタンドは、、、廃盤なってるし!
(どちらにせよ、ダブルレッグキックスタンドの適応表見ると、エスケープR3は×なんですけど)

他ブランド(MASSROADのやつ)汎用品を手配しました。

案の定、ぜんぜんボルトの長さ足りてないし!
センタースタンド嫌いだ~

翌日、
出勤前にホームセンターよってM10ボルトを買ってきました。
あ~!コイツ、3/8インチサイズのボルトやんけ!
やっぱセンタースタンド嫌いだ~
言い訳すると、、、3/8インチボルトは、M10のナット(店頭に確認用として置いてた)に入るんですよ。

そういえば、前の職場でも同じ過ちをしてたな、オレ!
ムカつくぜ~!
(自分に)

さらに翌日、
出勤前にホームセンターよってM10のタップ先買ってきました。
スタンド本体をゴ~リゴリと削りまくり。
M10ボルトも現物合わせで60mmにカット。

おお、純正ボルトよりも建てつけ良くなったゼ。

このスタンドなら、エスケープR3でもクランクも回せるんですね~
たいていのセンタースタンドはペダル逆回転したら当たるのに。

変速ワイヤーはライナーに通して逃がしました。

なお、この記事は備忘録として自分のために書きました(笑)

PROPEL ADVANCED PRO DISCが出来ました その②

前のお話し
PROPEL ADVANCED PRO DISCが出来ました その①はこちら

新型プロぺルは後ろ姿もカッコ良いぜ~!

、、、あら?

よく見たら、アルテグラのディスクローター、、、
ステンレス層がメチャメチャ薄いですな!

シマノのディスクローターの中でも上級グレードのものは
放熱性を求めたアルミ層を中心に、
ブレーキパットと接触するステンレス層2枚でサンドイッチした構造になってるんです。

MTB用のブレーキローターは
「ステンレス層 ~ アルミ層 ~ ステンレス層」
の、3層は厚みが同じくらいでした。

んが、アルテグラのディスクローターは
「1割 ~ 8割 ~ 1割」
くらいにアルミ層がブ厚くなってます。軽量化狙いですかね?

新型アルテグラDi2レバーは、DURAACEグレードと同じく、
↓の位置に隠しスイッチがあります。
ノーマルだと、GIANT NEOS TRACK GPSメーターの操作スイッチになってますが
Di2の変速スイッチに変更しときました。

↓この大そうなハンドル回り、回すと、、、

↓このようなギミックで稼働します。

あと、専用のメーター等を装備出来る台座が付属してます。
コレがないとメーターもライトも取り付け出来ません。

ちなみにライトは、
シマノジャンクション用ねじ穴に、、、
GOPRO用を取り付ける台座を取り付けて、、、
GOPRO用のライト変換台座を買って取り付けてねっ!
という、ものすごく他力本願な構造になってます。

そう、新型PROPEL DISCはメーターが1個しか取り付け出来ません。

これは大問題です。

なぜなら、、、

2/28まで!

PROPEL ADVANCED PRO DISCをご注文いただいたお客様へ、、、

の、特典を想像していただくための資料その①

お客様「ちゃ~す!」
店 員「いらっしゃいませイ」

お客様「ねえ、知ってる?」
店 員「あの某アメリカンブランドがさあ?」
「ああ、こんど自転車ブランドのくせに、カスタムオーダーで靴の中敷き始めたトコっすか?」

お客様「なんでも、2019年モデルからトップグレードの●-WORKS系ロードをディスクブレーキのみにするらしいヨ?」
店 員「マジっすか?!」「でも●ペシャならやりかねないっす」

お客様「ついに世界的にディスクロードが爆発する時代になるのかな~」「よ~し、おれも1台ディスクブレーキのロード買うわ!」
店 員「ああ、それならPROPEL DISCがエエっす」
「エアロロードとしての性能は市販車トップクラスでフレーム剛性はTCR以上、旧プロぺル以上っす」
「従来のエアロロードと違うポイントとしては、横風の抵抗も考えられてるってコトっす」

お客様「へーコイツかあ、、、」「あれ?なんかハンドル位置たかくね?」
店 員「ノーカットで地面からハンドルまで915mmっす」
「専用ヘッドスペーサー55mm入ってるんで下げれるっすが、、、」
「実はヘッドスペーサー抜いた分、フロント油圧ブレーキのホースをカットする必要があるっす」

お客様「マジで?!やばいね、ソレ(笑)」
店 員「フルカバー・フル内装のためには仕方が無いっす」
「でも他ブランドと違うのはフツーのTCRとかと同じヘッドパーツを使ってるのと、フツーのTCRと同じステムで組めるってコトっす」
「専用パーツ無しでも組める汎用性を持ったトコが、さすがユーザーフレンドリーなGIANTっす」
「どっかのブランドみたいにフレーム生涯保証といいながら、(無いと組めない)専用ヘッドパーツが8年で生産中止っつ~コトは無いっす」

お客様「よ~しオレ、PROPEL ADVANCED PRO DISC買うわ!」
店 員「あざっす」
「ちょうど今なら特典でなんかオマケするっす」

お客様「じゃあGPSメーター欲しーわ」
店 員「じゃあハイ」

NEOSTRACK \23,760 3つ
CAD/SPD センサー ¥4,860 3つ
ハートレートセンサー ¥5,940 2つ

「まとめてセットっす」

お客様「GPSメーター3つもいらね~し」
店 員「センサー3つ有るんで3台、付けられるっす」
お客様「ソレでも乳バンド2つはいらね~ワ」

あっ、メーター1個しかつかないってことがネタに入ってない。。。

輪心でご購入いただいた油圧ディスク付きロードバイクディスク調整・エア抜き等の再調整を無料サービスとさせていただきます。

PROPEL ADVANCED PRO DISCが出来ました その①

PROPEL ADVANCED PRO DISCが遂に完成しました!

2018年モデルGIANTの中でもっとも気合いの入ったニューモデルといったら新型PROPEL DISCでしょう!

その中でもこのグリーンのモデルはセカンドグレードの「PRO」です。
完成車のみの販売で定価は¥648,000(税込)。

油圧ディスクブレーキでDI2コンポ前提のロードバイクなんで、
最高級DURAACE仕様と、このULTEGRA仕様との2グレードしかないという、、、
もの凄く割り切った仕様ですねえ。。。

実は新型PROPEL DISC、機械式のワイヤー引きコンポでも組めることは組めるんです。
海外では機械式ULTEGRA仕様の完成車も発売されています。
しかし、ど~しても機械式ワイヤーだと取り回しが特殊過ぎて変速の調子が新品でもイマイチだったんで
日本では割り切ってDI2コンポ仕様のみでの発売となったようです。

過去の記事で組み立て途中の内容はご確認頂くとして、、、

PROPEL DISCの過去記事まとめページはこちら

横から見てケーブル類が見えるのは油圧ディスクブレーキのホイール側末端と、リアディレイラーのコード末端のみです。
(シートポスト後にペロンと見えてるコードは、輪心のレジスターのものです。紛らわしくてスイマセン)

前から見たら、、、こんな感じ。

クイックレバーと、、、クランクがはみ出てますね。
クイックレバーはオプションで外せます。

クランクは、、、外せません!

フロント周りから後になるにつれ、だんだんと細くなっていくでざいんはTCRと同じですね。

ハンドル回りはホント、なんもないです。
あまりに何もなくて、、、なんかロードバイクっぽくないな~
って思ってたら、昔っからピスト乗っておられたお客様に
「実に良いっ!」
と、大絶賛でした。

ピスト乗りから言わすと、ロードはケーブル類がゴテゴテしてるのが美しくないそうで(笑)
そりゃそうですね、なるほど。
「ホントはブレーキレバーも要らな、、、」
すいません、ソレは無理です!

前から見えるワイヤーは、ホントここだけです。
ワイヤー自体の表面積は小さいものの、乱気流をつくりだし表面積以上の空気抵抗をつくりだしてしまうのです。

↓新型PROPEL DISC専用に新しく開発された、
フロント42mm高ディスクブレーキ専用のカーボンチューブレスホイールです。
横から見ても判りませんけど、横風にフラれにくい断面になってます。

そういえば今度、GIANTから42mm高のキャリパーブレーキ用カーボンホイールが発売されるらしいですね。
断面はコレみたいになってるのかな?

ちなみに、下の写真はホイールバランスを調整した後で、、、
バルブの正反対から少しずれて、バランス用ウェイト貼ってますけどコレは間違えたんちゃいますよ~!

↓リアもこれまた、新型PROPEL DISC専用に新しく開発された、
65mm高ディスクブレーキ専用のカーボンチューブレスホイールです。
横から見ても判りませんけど、もの凄いリム幅ブ厚いです。
25Cの太いタイヤはめたら、リムサイドと「ツライチ」です。
フロントホイールも太いですが、リアほどではありません。

ちなみに、下の写真はホイールバランスを調整した後で、、、
これもバルブの正反対から少しずれて、バランス用ウェイト貼ってます。

輪心にある、最高級(?)最新式(?)のデジタル式(ホント)ホイールバランサーは
理論的には、0.05gまで計測することが出来る、、、はずです。

(長いんで続く)
PROPEL ADVANCED PRO DISCが出来ました その②

PROPEL DISCがついに! その③

PROPEL ADVANCED PRO DISCを、、、コツコツ組んでます。

BBもシマノ製アルテグラグレードのものでした。
ジャイアントの圧入式BBはすべてシマノ製なのでトラブルもなく、安心です。

まあ、シマノで唯一造られてる圧入式BBの規格はトレックとジャイアントのために造られたようなモンですからね。

ジャイアントのロードバイクって、
たまにBBの圧入がアマいやつがあるんですよね~!

んで、フロントディレイラーを外して、、、ちょっと細工をしま~す。
ジャイアントのカーボンフレームは実によく出来てますな。

そしてディスクブレーキを調整後にエア抜きを。
この新しいST-R8070、ジョウゴの角度がメンドクサイです!

特に、最新のエアロロードには必ず付いてくる
エアロハンドルはハンドルだけシャクッたり出来ませんからねえ。。。

まあ油圧ブレーキはMTBで10年以上使ってますんで慣れてますけど。

自作のホイールバランサーを使ってバランス取りしました!
特にリア側はリムハイト65mmも有るんでズレてますね。
大きく分けて2か所にウェイトを貼りました。

小さい方は1gです。
ちなみにGIANTのカーボンホイール、シマノ製よりずっと優秀です。
ウェイト少なくて済みました。

と、いうことでほぼ完成。
パソコンつないで設定を変更。
工場出荷時はフロントギヤの設定は53-39Tのままでしたんで52-36Tに。

あとはサイクルコンピューター操作用のボタンを変速で使えるようにしました。

そういえば!

今後、油圧のディスクブレーキはロードバイクでも、ますますユーザーが増えていくことでしょう。
特に、GIANTはディスクブレーキを流行らしたいみたいで、ディスクロードの完成車をエントリーモデルでも発売してます。

しかし、「油圧のブレーキって、、、なんか心配」と、お考えじゃありませんか?

そこで輪心では、その不安をぬぐい去れるよう考えました!
輪心でご購入いただいた油圧ディスク付きロードバイクは
ディスク調整・エア抜き等の再調整を
無料サービス対象作業とさせていただきます。

早い話が、ブレーキパット交換にならん限りはメンテナンス代は頂きませんっつ~コトです。

これなら少しは安心して油圧ディスクブレーキを単能して頂けるかと。

いざ、トラブルのときもご安心を。

ジャイアントの完成車に関係する、シマノとテクトロ製の油圧ディスク系スモールパーツは在庫で持ってます。
工具もひと通り所有してますし、企業秘密の小道具も隠し持ってま~す。



ちなみに、シマノ純正ブレーキオイルは一本の定価¥1,301しますが、、、

なんでか今なら輪心、¥324で売ってます。

PROPEL DISCがついに! その②

PROPEL ADVANCED PRO DISCをボチボチ組んでます。

ほうほう、コレがベクターウィングか!

ちなみにGIANTのヤツはこのように動きます。

↓組んでて、あれ、なんじゃコレ?
と思った穴ですが、、、コレ使ってワイヤー式の変速コンポでも組むことが出来ます。
海外では油圧ディスクで機械式変速コンポって仕様も発売されてるみたいですね。

↓メーター類は付属のフロントブラケットで取り付ける事が出来ます。
外付けDi2ジャンクションもココに付ける事が出来たり、
Di2ジャンクション台座用の取り付けアタッチメントを追加すれば
下にライトをぶら下げたりも可能です。

↓いつも腑に落ちないのが、、、GIANTのカーボンホイールは全てチューブレスレディ対応です。
そんでニップルが全て(30mmハイトのやつも)内蔵式なんで
新品を振れ取りするとき必ず、、、

↓2000円もする専用リムテープを、必ずはがしてゴミにしてからホイール調整する必要が有ります。
なんか勿体ないのですヨ。。。

リアホイール太っ!
このプロぺルディスク専用に開発されたリアの65mmハイト・カーボンディープホイール、、、
幅が26mmもありますよ!
25cタイヤはめたら見事なツライチになります。こりゃ25c専用ですな。
なお、リアホイールの横側はフツーに真っすぐですが、
フロントの42mmハイト・カーボンホイールは一度凹んでから、また膨らむ形状でZIPPとかと同じようなデザインです。
断面は、、、たい焼きみたいと言いましょうか。
横風が吹いても飛ばされにくい形状なのです。

リアハブのフリーはDT製の3爪型で
スポークは1:2でサピム製のエアロ・ストレートのものです。
外したフリーとアルミシャフトにはグリス塗っときます。

アルテグラのDISCローターはアルミ製冷却フィンがついてます。
落車時に指を突っ込んだりしないという安全性も考えられているのでしょう。
このDISCローター、、、冷却用アルミをステンレスプレートではさむという2重構造になってます。
ベンチレーテッドディスクみたいなもんすね。

カーボンのディープリムはたまに重量バランスが大きくズレているモノがあったりしますが
GIANTのカーボンホイールはどうなんでしょうね?
チューブレスタイヤを取り付けた後でチェックしてみよっと。。。

(続く)

PROPEL DISCがついに! その①

GIANTストアとかには、すでに12月に入荷してたそうですが…

プロペル ディスクが弱小小売店にも入荷しました!

んが…

バラして…遊んでます!

さすがジャイアント!

こんだけすごい形してても構造はシンプル。

10年後に専用部品が製造中止なったとしても、汎用品を使って組めるよう考えられています。

PROPEL ADVANCED PRO DISCがもうすぐ?

下の写真は去年のGIANT2018年モデル展示会のときに撮った写真です。

2018 GIANT PROPEL ADVANCED PRO DISC
定価は¥648,000(税込)

ついに、Sサイズが輪心にも入荷してくるそうです。
(予定は未定)
(ちなみに今、予約しても納期5月!)

フランスでぺダリングするダミー人形まで造って風洞実験した、新型プロぺル。

新型プロぺルのために専用ステムとハンドルも発売されます。

なんで油圧DISC仕様しか発売されないのかというと、、、
風洞実験の結果、キャリパーブレーキを装備するより
油圧DISC、Di2にして、前面のホース類を全て内蔵にするデザインが最も空気抵抗が少ない、
と、いう結果が出たからだそうで、、、
ブレーキの制動力うんぬんという理由ではなく、
「空気抵抗が少なかったからDISC」
という理由だそうで(笑)

なお、この専用ハンドルとステムを使用して下さいとの事です。

「え?普通のハンドルとステムは使えないの?」

って思ったら、風洞実験によって判ったのは、、、

「普通のハンドルとステムを付けたPROPELは、乗る意味が無い」
んだそうです。

PROPELに限らず、空気抵抗削減を目的とするエアロロードにとってハンドルとステムはもの凄く重要だそうで、
専用ハンドルとステムはディープリムと同じくらい大切な役割があるそうです。

、、、あれ?


2018年モデルで、、、

どっかのアメリカンブランドが、、、

「専用ハンドルとステムを止めてトライアスロンにも使いやすくなりました!」
「専用ハンドルとステムを使わないことによって、¥510,000からとお求めやすくなりました!」

って言われてましたが?!
「すげー!51万でマドン買えるンか!」とビビったけど意味無いんですかね?

ちなみに、PROPEL ADVANCED 「PRO」 DISCのフレームで採用されてる東レのやつと、
51万の普通のハンドルとステム使ってエアロロードっぽく仕上げたモデルで採用されてる東レのやつは同じグレードです。

展示会でちょっと心配になったのは、、、
↓リアホイールを留めるシャフトが、クイックレバー付いてなかったことです。

えっ?!さすがにロードバイクでクイック付いてないのはマズいんじゃ?!

空気抵抗削減のため、消されたそうです。

、、、

あ、六角レンチ持ち歩けば良いそうです!
みなさん、携帯工具くらい持ってるでしょ?