NEOS TRACKって、、、

さて、、、

現在、輪心では¥23,760(税込)で
スピード/ケイデンスセンサーがオマケで付いてる!
NEOS TRACK GPSサイクルコンピューター

ですが、、、

現時点で判明している、他GPSサイクルコンピューターとの相違点です。
・GARMIN EDGE520J
・bryton RIDER 530
・bryton RIDER 310
・GIANT NEOS TRACK
以上4モデルを比較してみると、、、

GIANT NEOS TRACKの特徴

●良いとこ

1.液晶がデカい(EDGE520J、RIDER310Cよりも)
(白黒だけど解像度も高くて見やすい)
2.シマノDI2のギヤ位置・バッテリー残量表示ができる
(何気にシマノDI2の残量表示が%で表示されるのは助かります)
(RIDER310Cが表示出来無い)
2.限りなくシンプルな、ルートナビ機能は付いてる
(RIDER310Cが無い)
3.データー転送にWifiが使える
(EDGE520J、RIDER310はbluetoohのみでデーター転送が死ぬほど遅い)
4.スピード/ケイデンスセンサーがほぼ全てのロードバイクに取り付け出来る
(EDGE520J、RIDERシリーズのケイデンスセンサーがフレームに当たって使えない場合がある
5.バッテリー駆動時間最大33時間とものすごく永い
6.ボタンが使いやすい
(bryton RIDER 530は乗車中にOK(進む)/No(戻る)のボタンが、、、信号待ちでも押せない)
7.輪心でご購入いただくとと、、、安い
GIANT NEOS TRACK+スピード/ケイデンスセンサーセットで¥23,760(税込)
ハートレートセンサー(¥5,940)加えても¥29,700(税込)

●悪いとこ

1.液晶がカラーでない
(とはいうものの地図表示がないので白黒の方が見やすい)
2.オープンストリートマップが使えない
(NEOSTRACK、bryton RIDER 530はメモリ約16MBしかないので物理的に不可能)
(GARMINシリーズの中でメモリ少ないとバカにされてるEDGE520でも実はメモリ約100MB有る)
3.給電使用が出来ない
(なぜかRIDER 530は給電使用出来る)
(でも33時間は、持つ)
4.スピード/ケイデンスセンサーの見た目が古い
(EDGE520、RIDERシリーズのスピードセンサーはハブに巻きつけるタイプ)
(でもGIANTの上級機種には、もっとカッコ良いRIDESENSEセンサーが使える)

なお、一見とりあえずお安いbryton RIDER 310ですが、、、
付属品何もない本体のみで¥12,744(税込)
ケイデンス用センサーとのセットで¥15,444
さらにスピードセンサー(¥4,860)を加えると¥20,304
しかし、、、エクステンションマウント(¥3,132)まで買っちゃうと¥23,436!
さらに、、、ハートレートセンサー(¥7,452)まで買っちゃうと¥30,888!!
と、ハートレートセンサー使わないとしてもエクステンションマウント別売りだし、
なんだかんだでお金かかっちゃうんですよね。

ご参考までに、
↓GIANTのスピード/ケイデンスセンサーです。


そういえば、以前、、、
GARMIN EDGE 520Jのセンサーセット買ったんだけど
クランクに付けるセンサーキットがフレームのチェーンステイに接触して使えず、、、

BLUETOOTHとANT+両方に対応するケイデンスセンサー探したら、、、
GIANTのスピード/ケイデンスセンサーが一番安かったんで買いに来たっていう、
イチバンかわいそうな、最悪パターンのお客さまがおられました。

それは泣けますなあ。

GIANT NEOS TRACK GPS

おおっ?!
 ついにって遅いわ!新型GPSサイクルコンピューター 「NEOS TRACK」の日本版が出荷されるとの連絡がきました!
 まあ、GIANTのサイクルコンピューターはどっかのOEM製なんですけどね。
OEM元は企業秘密ですって。
といっても、、、
OEM元製 定価¥21,300なのに対して、
NEOS TRACK 定価¥22,000なんでモノは一緒で¥700も高いっ!
う~ん。
そうなるとNEOS TRACKだれも買わんし。
、、、でも初回入荷分だけはちょっと違います。
{D178AA2A-FE48-429E-8A4B-479AFBFA66A3}

ちなみに、基本性能はOEM製と同じです!

 

  • 2.6インチ大画面
  • 最大12項目表示
  • バッテリー駆動時間最大33時間
  • 72機能以上
  • ナビゲーション機能(スマホかパソコンでルート作成)
  • トレーニングをカスタマイズ可能
  • STRAVAへのオートシンク対応
  • TRAININGPEAKSへのオートシンク対応
  • 「Bryton APP」で走行データを自動同期で管理、、、

あ、間違えた、、、

  • 「NEOS TRACK APP」で走行データを自動同期で管理

ですね!

 

まあ、GPSメーター専門企業として超ビッグなOEM元が造ったオリジナルモデルがすでに完成度バツグンなんで、別に手を加える必要もないんですけどTEAM SUNWEBがオリジナルモデルをトレーニングでテストしてみて、ちょっとだけ操作ボタンの配列等をかえてるそうです。

 

ちなみにNEOS TRACKは、、、

 

輪心に10/24到着予定です。

初回入荷分には、、、なんか特典お付けします。

 

う~ん

特典どうしよっかな~

 

スピード・ケイデンスセンサー(¥4,500の汎用ね)が輪心に何個か余ってるんで、それオマケにすっか。

 

ANT+とBLUETOOTH両対応の便利なやつですわ。

ええ、もちろんZWIFTにも対応してますよ!