PROPEL ADVANCED PRO DISC ③ハンドル周辺バラしてみたら

2018ジャイアントのプロぺル アドバンスド プロ ディスクです。
定価¥600,000(税別)

有り難うございます、完売いたしましたm(__)m

新型プロぺルのこの特徴的なハンドル周りですが、、、

↓ハンドル回すとこんな感じで稼働します。
トレックはフレームにこんなハッチが付いてましたが、プロぺルはステムにつくことになります。
ちなみにこのハッチ、、、カーボン製です。

上のハッチ部写真でもお判りの通り、ステムは下半分がアルミ製、
上半分はカーボン製のカバーとなってます。

ちなみに別に要らないんですけど、
↓の別部品を取っ払うと変速ワイヤーも通せるようになってます。
そう、一応は機械式のコンポでも組むことは出来るんです。

さて、話は戻りましてステムを外してみましょう。
なんと、単にヘッドスペーサーは2分割されており、
従来のヘッドスペーサーと同じ働きをするのは前半分のみ。ここもカーボン製です。

後ろ半分はゴムで造られたカバーなだけなのでした。

ステムを外してみた写真が以下です。
トップチューブ上から油圧のブレーキホースとDI2コードがブチ込まれてます。
まあでも、、、コレは旧プロぺルでも似たようなもんでしたからね。。。

ヘッドパーツは、、、実はTCRとかと同じ、OVERDRIVE2ヘッドパーツ使ってます。

フロントのブレーキホースは、フロントカーボンフォークのど真ん中から飛び出してます。
ココだけはさすがに特別な造りになってますね!

まあでも、BMXとかでも似たようなん有ったか。

↓ステム上のカーボン製カバーを裏から見た写真です。
まあ、カーボン製っつーか、
プラスチックにカーボンの粉を混ぜたエンジニアプラスチック製みたいな感じ。

バネでパカパカ動くだけです(笑)

↓なにげにキツキツだったんがこの辺のワイヤー周りでした。
ココにDI2のジャンクションもブチ込まなあかんのですが、DI2の細いコードが挟まりそうで心配で、、、

なお、メーター類は付属のメーター台座をご使用ください。
ガーミンもGIANT製GPSメーターも、コイツで取り付け可能です。
さらにオプション別売り部品は必要ですが、
メーター台座の下にライトやスポーツカメラも取り付け可能です。

さて、
実際にハンドル周りをバラしてみると、そんなに特殊規格も使われてないということです。
極端な話、ステムもハンドルも普通のパーツでも組むことは出来ます。
(内装は無理ですケド)

構造も良く見るとフツーですし。
つまり、、、
GIANTはカーボンフォークは10年保証、カーボンフレームは生涯保証です。
どっかのメーカーみたいに、生涯保証と言いながら、、、
専用のヘッドパーツ7年目で生産終了して結局乗れなくなり、、、
とはなりませんのでご安心を!

そして次回は最終回、整備についてです!

2018年6月12日 | Category : 2018 GIANT | Author : ishida