IDIOM 1

IDIOM の中でもちょっと良い方の、、、イディオム 1です!
定価で¥75,000(税込)と。

安いほうのIDIOM 2(定価¥63,000税別)と比べて、、、結構違いますやん!!
IDIOM 1の方が、だいぶ完成度高いです。

お値段的に¥12,000違うんですが、
安いIDIOM 2はフロントシングルするんに、
ギヤ板はシングル用でなく、ダブル用アウターギヤを流用しているため、
たま~にチェーンが外れちゃうんですよね。。。
さらに、、、
フロントシングルなのを補うため、リア変速はMTB用のACERAを8速で使っています。

それが¥12,000お高いIDIOM 1はフロント2段変速なんで、
リア変速はロード用のSORAを9速で使ってます。
ロード用のSORAの方が断然に変速がスムーズで、レバー操作も軽い!
普通のクロスバイクよりも変速スムーズですやん。

2018モデルからワイヤー中通しになりました。

IDIOM 1のSORAコンポ。
やっぱ普通のクロスバイクに比べて、断然に変速がスムーズで操作も軽い!
全然違いますねえ。。。

ちなみにIDIOMシリーズは、折りたたみ自転車では有りません。
単に、、、
ハンドルを倒せる。
シートを下げれる。
だけです。

シートも良く上げ下げする前提で、シートポストに傷が行きにくいよう
フレーム内側の角を、「ゴーリゴリ」と削ります。

シートクランプの「しまり」も良くなります。

あ、
すいません、
ライトは付属しません。

ライトは付属しませんので、、、
↓今ならこのサル、¥1,000円で売ってますんで!

気のせいかしら、、、
IDIOMシリーズのやつらはかなりの確率で、、、
↓ボトルケージのネジんとこがおかしいです。

XTC JR 24+

ジャイアントのジュニア用マウンテンバイク、、、の中でも異彩を放つ、
XTC JR 24+(24プラス)です。

定価で¥60,000(税別)

そう、、、
子供用のファットバイク(笑)
しかも前後リジッドというファットバイクの正統派です!
フロントシングルギヤで、油圧ディスクブレーキも装備。

それにしても子供用なのにタイヤが太い。
このアンバランスなところが、、、なんかカワイイ。

24インチなのに、私の足と同じくらいの太さです。

子供用といえども、この本格的な造りをたたえ(何が?!)て、反射板とかは捨てちゃうとしましょう。

振れ取りするついでにリムテープ見たらナカナカしっかりしたものが入ってました。
無駄にココも本格派です。
ジュニア用のモデルって、たいていは弱そうなゴム製リムテープが付いてたりしますからねえ。。。

ハンドルは31.8mmオーバーサイズで、大人用のクロカン・ライザーバーを流用してます。
このハンドル幅が640mmと、ジュニア用にしては広い。
コレが大人版でいう800mmとか幅広ハンドルっぽくてイケてる!!

テクトロの油圧ブレーキは、たまにディスクローターをJOYとか食器用洗剤で洗ってあげると良い感じなのです!
むむむ。。。
考えたら、体重30キロも無い小学生なら、変にフルサス買ってもなかなかセッティング出ないし、
ファットバイクの方が乗りやすいんちゃいますかね?!

実はなにげに子供用マウンテンバイクって、、、大人が乗ったらメッチャ面白いんですよね~
重心低いんでスパスパ曲がるし、ポンポン飛べるし!
XTC JR 24+なんて、メッチャ面白いで!絶対。。。

でも、ホイールが弱いんで、エエ年こいたオッサン乗ったらすぐ曲がりますよ!
ま、ほどほどに、、、

FATHOM 1

ハードテイルMTBバイクの中で、少しオールマウンテン系(下り系)入ってるモデルが、
このFATHOM 1です。

定価で¥180,000(税別)

ヘッドアングルも67度とちょい寝気味でホイールベースも長いです。

フロントサスペンションのストロークもちょい長めな120mm。
シート高さをハンドルスイッチで可変できるドロッパーシートポストが最初から付いてるというのも大きなポイントです。
後から追加したら3万とか5万とかかかっちゃいますからね。

ワイヤー類はフレーム内蔵式でスマート。

チェーンステイの極太さがたまらんです。

カバーが何も付いてなかったんでとりあえずの保護ステッカーを貼りました。
変速ワイヤーも丸見えそのままだと、チェーンが当たってボロボロなりそうなんでこいつもカバー。

よくコケるオールマウンテン系モデルには勿体ない、¥6,000もするサドルですが座り心地も見た目もイケてます!

ドロッパーポストのストロークは100mmだけで、ちょっとストローク短いかな?
って思ってましたけど慣れたら十分でした。
(ちなみに私の2017モデルは実測80mmくらいしか無いです)

油圧ブレーキはノーマルだと海外仕様の左レバーでフロントブレーキなんですが、、、

特にご指示が無ければ日本仕様の右レバーでフロントブレーキに組み変えちゃいます。
ついでに変速ワイヤーの取り回しも変えちゃおっと。

2017モデルはノーマルハンドルとノーマルステムに中途半端なXCっぽいやつが付いてたんで、
私はステム長50mm、ハンドル幅800mmのに速効交換しましたが、、、

2018モデルは最初っからステム長40か50mmの、ハンドル幅780mmのが付いてます。
これなら交換しなくて済みますね!

最近、私情車のFATHOMはすこぶる調子良いです!
ちょっとしたダートジャンプもパンプトラックもシングルトラックもそつなく遊べますよ!
思い切ってFOXの高級サスペンションに交換しましたが、
フロント周りの剛性もさらに向上し、さらにトバしても怖くない仕様になってしまいました。
ヤバい!シングルトラックの振り回しやすさがさらに向上してしまいました。
安全を考えるとノーマルのままで良かったかもしれませんねえ。。。
でも、そんなアップグレードにも応えてくれる良く出来たモデルですよん。

PROPEL ADVANCED PRO DISC ④ハンドル以外もバラしてみたら

2018GIANTのPROPEL ADVANCED PRO DISCです。
定価¥600,000(税別)

有り難うございます、完売いたしましたm(__)m

さて、新型プロぺルのために造られたカーボンホイール、、、

チューブレスレディなんで振れ取りが手間なんですよね~!
専用リムテープを剥がしてポイしないと、内蔵ニップルが回せません。

あ、そうそう、、、
リアホイールのリムの幅は、26.3mmでした!
太っ!

そういや、GIANTオリジナルのチューブレスレディ用タイヤ、、、
ビートんとこがやたらブ厚い!
空気圧パンパンしないとビートが出ませんぜ。
古い設計のチューブレスホイールだと使えないかも。

でもチューブレスレディとしては良く出来てます。

GIANTのカーボンホイール、ハブのメンテナンスが、、、チョー簡単!
専用グリスさえあればお家でもフリーのお掃除出来ます。

まあ、スプロケット外す工具は有った方がエエくらい。

こんだけディープなカーボンホイールなんで、バランス取りはした方が良いですね!

シマノ製BBが最初っから入ってます。

念のため再圧入、、、
GIANT、ちょいアマいやつがたまにおる。。。

GIANTはフレーム直付け台座でフロントディレイラーの角度を変えれます。
まあPROPELはアウター52Tなんで角度変えなくてええんですケド。

んで、ブレーキオイルの整備して、、、

DI2の設定して完了です!

アルテグラDI2はココ↓にも変速スイッチ付いてます!

PROPEL ADVANCED PRO DISC ③ハンドル周辺バラしてみたら

2018ジャイアントのプロぺル アドバンスド プロ ディスクです。
定価¥600,000(税別)

有り難うございます、完売いたしましたm(__)m

新型プロぺルのこの特徴的なハンドル周りですが、、、

↓ハンドル回すとこんな感じで稼働します。
トレックはフレームにこんなハッチが付いてましたが、プロぺルはステムにつくことになります。
ちなみにこのハッチ、、、カーボン製です。

上のハッチ部写真でもお判りの通り、ステムは下半分がアルミ製、
上半分はカーボン製のカバーとなってます。

ちなみに別に要らないんですけど、
↓の別部品を取っ払うと変速ワイヤーも通せるようになってます。
そう、一応は機械式のコンポでも組むことは出来るんです。

さて、話は戻りましてステムを外してみましょう。
なんと、単にヘッドスペーサーは2分割されており、
従来のヘッドスペーサーと同じ働きをするのは前半分のみ。ここもカーボン製です。

後ろ半分はゴムで造られたカバーなだけなのでした。

ステムを外してみた写真が以下です。
トップチューブ上から油圧のブレーキホースとDI2コードがブチ込まれてます。
まあでも、、、コレは旧プロぺルでも似たようなもんでしたからね。。。

ヘッドパーツは、、、実はTCRとかと同じ、OVERDRIVE2ヘッドパーツ使ってます。

フロントのブレーキホースは、フロントカーボンフォークのど真ん中から飛び出してます。
ココだけはさすがに特別な造りになってますね!

まあでも、BMXとかでも似たようなん有ったか。

↓ステム上のカーボン製カバーを裏から見た写真です。
まあ、カーボン製っつーか、
プラスチックにカーボンの粉を混ぜたエンジニアプラスチック製みたいな感じ。

バネでパカパカ動くだけです(笑)

↓なにげにキツキツだったんがこの辺のワイヤー周りでした。
ココにDI2のジャンクションもブチ込まなあかんのですが、DI2の細いコードが挟まりそうで心配で、、、

なお、メーター類は付属のメーター台座をご使用ください。
ガーミンもGIANT製GPSメーターも、コイツで取り付け可能です。
さらにオプション別売り部品は必要ですが、
メーター台座の下にライトやスポーツカメラも取り付け可能です。

さて、
実際にハンドル周りをバラしてみると、そんなに特殊規格も使われてないということです。
極端な話、ステムもハンドルも普通のパーツでも組むことは出来ます。
(内装は無理ですケド)

構造も良く見るとフツーですし。
つまり、、、
GIANTはカーボンフォークは10年保証、カーボンフレームは生涯保証です。
どっかのメーカーみたいに、生涯保証と言いながら、、、
専用のヘッドパーツ7年目で生産終了して結局乗れなくなり、、、
とはなりませんのでご安心を!

そして次回は最終回、整備についてです!

PROPEL ADVANCED PRO DISC ②専用部品について

2018ジャイアントのプロぺル アドバンスド プロ ディスクです。
定価¥600,000(税別)

有り難うございます、完売いたしましたm(__)m

あ、、、

さて、、、

この、、、PROPEL ADVANCED PRO DISCですが、、、

PROPELのために開発されたカーボンホイールですが、

フロントはリム高42mm高でDISCブレーキ専用で割り切ったため
ノーマル(キャリパー)ブレーキ用とは全く異なる、ものすごく複雑な断面をしたホイールなのです。
断面を例えるなら、、、横から見たお魚、またはカギ穴形状と申しましょうか、
内側先端は丸く(尖っていない)、
中央で薄くなり、
タイヤ付近でまた広がっている、、、
という形状で、アルミだと成形出来ない
カーボン製だからこそDISCブレーキ専用だからこそ成り立つ、そんな形状なのです。

風洞実験の結果、この形状だと横風で全然フラ付かなくなるそうです。

文章で説明すると難しいんで、よう判らんわ~!って方はぜひ見にくるしか無いですね。

リアホイールはリム高65mm高、これまたDISCブレーキ専用なんですが形状は割とフツーです。
でも、やたらワイドリムです。
ノーマルブレーキだとブレーキ側の問題でここまで太くは出来ないんちゃいますかね?!
後ほど、振れ取りするときにリム幅測ってみます。

フロントフォーク内側に僅かにチラリと見えるのは、フロントの油圧ディスクブレーキに繋がっている油圧ホースです。
ココだけが残念ながら見えてますが、フォーク内側なので空力上で最も抵抗にならないようデザインされています。
2019に出てくるトレックのマドンもほぼ同じ位置に油圧ホースが露出しています。

横から見るとディスクブレーキのホースは全く見えません。
ところで、、、どっかのメーカーがフロントフォークに縦スリットを入れてましたが
アレは空力上全く意味がないそうで。。。(でもめちゃめちゃカッコ良かった(笑))

残念ながらGIANTは縦スリット入れてません。

↓のPROPEL専用ステム、、、
PROPEL ADVANCED PRO DISCに付属しているのはアルミ製で、
PROPEL ADVANCED SL DISCに付属しているのはカーボン製です。

このプロぺル専用アルミ製ステム、、、激重です!
カタログ値290gとなってますが、、、絶対ウソだっ!
ぜったい500g近く有るわ。。。

バラしたとき重量測ったろ~!
、、、

って思ってたら忘れてました、スイマセン。
でも見た目以上に重たくてびっくりしましたよ。

と、言うことで次回でPROPELをバラしてみましょう!

PROPEL ADVANCED PRO DISC ①概要編

2018ジャイアントのプロぺル アドバンスド プロ ディスクです。
定価¥600,000(税別)

有り難うございます、完売いたしましたm(__)m

カタログで見ると、旧モデルや37万のPROPEL ADVANCED PRO 1とフレームが大体一緒に見えるかもしれませんが
PROPEL ADVANCED PRO DISCのフレームは全くの新設計です。
実物を見るとフレームの形状も全く異なります。

一応、PROPELの名前を使うんでシルエットくらいは、、、旧モデルと似せたのかもしれませんね。

現物でSサイズ、実測7.9kgでした。

フレームと部品構成・部品形状はトップグレードのPROPEL ADVANCED SL(125万)と全く同じため、
このPROPEL ADVANCED PRO DISC(60万)とエアロ性能は全く同一と考えて問題ないでしょう。

あ、PROPEL ADVANCED SLはホイール留めるクイックレバーの出っ張りが無いんでした、その分の違いのみです。

同等の設計はスペシャライズドとかでも造られていますが全て100万を余裕でブッチ切るお値段の完成車ばっかり。
2019年度はトレックも新型マドンを出してきますがお値段はおそらく、、、

つまり、、、

  • 専用エアロフレーム
  • 専用エアロハンドル・ステム
  • 前後異型ホイール(さらにカーボン製)
  • 前後ディスクブレーキ
  • DI2コンポ
  • ワイヤー類全て内装

という、、、現時点で世界最高のエアロ性能が100万円を大きく割る、たった60万で買えてしまうのが
このPROPEL ADVANCED PRO DISCなわけです。

う~む。
↓ハンドル回りを後から見たら、、、潜水艦みたい。

正面から見たら、これだけシュッとしてます。
シュッと(笑)

ハンドル位置は地面から90cm以上とかなり高いポジションで組み上げてますんで
専用ヘッドスペーサーが10枚くらい重なっとります。
でも、それがますます潜水艦っぽい。

続きは後日。

DISCブレーキ仕様のロードのためにカーボンホイール組みました

DISCブレーキ仕様のロードバイク乗ってるお客様からホイールのご相談を受けました!

ご希望は以下。

  1. ある程度、、、エアロっぽく見えて欲しい(最低30ミリハイト以上)
  2. 山も登るんで、、、そこそこ軽く
  3. 現在は前9ミリクイック、後135ミリ幅クイックなんだけど、後々に本体を買い換えても流用できるようにしたい
    つまり最新の規格、前12ミリスルーアクスル、後142ミリ幅仕様にも改造出来るものにしときたい
  4. 可能な限り安く!

とのこと。

とりあえず完組ホイールもお調べ致しましたがDISCブレーキ仕様のロードに使えるホイールって、、、ほとんど無いし。

意外にラインナップ有るんがGIANT製ホイールでした。
例えば、、、

SLR 0 42 DISC 定価26万 重量1478g 42ミリハイト チューブレスレディ対応
SLR 0 30 DISC 定価22万 重量1406g 30ミリハイト チューブレスレディ対応
SLR 1 30 DISC 定価15万 重量1615g 30ミリハイト チューブレスレディ対応

性能的にはSLR 0 42 DISCがサイコーなんですが、26万は無理。
SLR 1 30 DISCは、、、出来ればもう少し軽く。

と、言うことでやっぱ手組に。
計算上の重量とお値段でいろいろなご提案をさせていただきました結果、、、

12万切り 38ミリハイトのカーボン チューブラー仕様

そして、、、

気になる重量は、、、

前後セットで1396gでした!

まあ、チューブラータイヤがそこそこお高いんですが、
それでも完組ホイール組むより

安くて、
軽くて、
リムハイトも高い!

ただ欠点もございます、、、

  1. ホイール全体の剛性がGIANT製ホイールに比べると柔らかい。
  2. チューブラータイヤの取り扱いがどうよ?
  3. 組むのがメンドクサイ

1.はお客さま体重軽いし、ケイデンスとぺダリングテクニックでカバーすることで解決!
2.は最近いろいろ便利なパーツも出てきてるし、昔はチューブラーが普通だしOK!

と、いうことで残された問題は「3」だけ!
しかも今回、扱いに神経使うカーボン製リムのうえにニップル内装式
タイヤ貼るのもリムセメント使う昔ながらの方法を選択したので「3」の問題は倍増です。

、、、

は?

どうかされました?