TCR SLR 2

ジャイアントのアルミ製ロードバイク中、トップグレードのアルミフレームに105コンポで組んだ完成車が
TCR SLR 2です。

定価は175,000円。
アルミフレームのロードバイクですが、、、7.9kgです。

ジャイアントという会社にとって、アルミフレームは特別なものなのです。

過去、ジャイアントはアルミフレームを量産する技術に磨きをかけ、
それを武器にアルミフレームの下請け会社として着実に力を付けてきました。

その成長過程で、油圧整形を用いた量産技術は世界トップクラスに、、、
それが縁でOCLVカーボンの技術を買い取ることになり、
現在のジャイアントはカーボンフレームにおいても量産技術を世界トップクラスにまで成長することが出来たのですから。

SLRは、ジャイアントのアイデンティティなのです。

あ、ペダルは別売りで~す。

旧型のSLRフレームは、溶接痕を研磨させて、より美しい外見をもっていましたが、
この新型SLRフレームは研磨する余裕が無いほどに薄く造られているため研磨されなくなりました。
別に手を抜いたわけではないんです。

SLRのカーボンフォークは、、、
TCRアドバンスド・プロ(34万の方)と同じものを採用しています。

ホイールはアルミ製チューブレスレディ対応です。

基本、2017年モデルと同グレードなアルミホイールなんですが、、、
実はスポークの本数が少なくなりました!

写真を取り忘れましたが後輪の方がヤバいです。

ふれとりしながらチェックしていくと、ちょっとスポーク減らし過ぎてるような、、、?!
ガンガン乗ってるとコケてないのにフレてくるんちゃいますかねえ、、、

ちなみにSLRに限らず、、、たまにBBんとこハズレなやつが有ります。
たまたまコイツが判り易く、フレームとBBとの間に隙間が有ったんで写真を撮りました。
↓左側はBBとアルミフレームがくっついてますが、
右側がわずかに隙間が有ります。見えやすいように地面に白い紙を置いてます。

この隙間をいちいちチェックするんがメンドいんで、
輪心では全てのプレスフィットBBはクランク外して圧入し直してま~す。

どっかのブランドが「カーボンキラー」とかヌカしてますけど、
あんな不抜けたアルミの刃じゃ、SLRは殺せませんヨ。

あ、でも不抜けた雑魚カーボンは殺せるか、、、

2018年5月16日 | Category : 2018 GIANT | Author : ishida