インダストリーナインのDH用前後ハブセットが特価で!

高級ハブで有名な、INDUSTRY NINEの前後ハブセット

定価¥72,000が完売しました

店頭在庫のブラック、レッド各1セットのみです!
(前20×110mm、後12×150mm)(後オプションで12×157mmに対応)

う~む、高級ハブはやっぱ渋い。
空中で「キャーン」鳴るのがたまらんです。

ちなみに、意外に知られていませんが、、、

インダストリーナイン(実測) 148+294g
↑     (カタログ値) 135+265g(笑)
キング様(カタログ値)    203+335g
セイント(カタログ値)    216+363g

ダウンヒル用ハブセットとしては重量だいぶ軽い!
おっさんダウンヒラ~は少しでも楽したいんで、軽さは大切。

このお値段で販売出来るのはこの2セットのみです!

ただ、、、
4月末、試乗車 私情車 のグローリーにどちらか投入される可能性高し。
5/6に開催されるCJ箱舘山へ向けて仕方がないので~す。

↓側壁60ノッチを、、、

6コの爪を2組に別けてビートを刻み、、、120ノッチ!

インダストリーナインの特徴としては、
ダウンヒル用ハブの中でもバツグンにOHし易い
なんてったって専用工具どころか工具無しでもバラせます!
(スプロケット外す工具は欲しいけど)
インダストリーナインなら、雨のレース後にご家庭でもフリーのOHが出来ます!

軽さの割に、、、意外に高剛性
ハブ胴体がアルミ削り出しなのも有りますが、良く見るとフランジに肉抜き穴が無い
フランジのたわみはホイールのたわみに直結します。ココでも剛性に差が出るのです!

良いとは判っていてもなかなか手が出ない高級ハブ。
滅多にセール品になることさえ少ないので、ぜひこの機会にどうぞ!

以下参考資料で~す。
↓フランジの肉抜き穴が有る

2018年5月16日 | Category : パーツ等 | Author : ishida

決勝用のホイール組みました

マウンテンバイクダウンヒルで使う、決勝用のホイール組みました。

と、

言っても、

ワタシの私用車にではなく、、、

GIANTの女性用ブランド、LIVのサポートを受けて活動されてる中川ヒロカさんのホイールです。

LIVオフィシャルHP

中川ヒロカさんHP

元のリムは、、、リム打ちでベッコリ凹んでてダメになっており、
輪心ジャージ着て、しょっちゅうコケてるヤツら共とは違い
あまり転倒でホイール壊すことは無いそうで、
練習、予選、決勝を通して使うとのことで、、、

(転倒で曲がったリムを無理やりテンションかけて治すマージンを残さず)
遠慮なくテンション高くして組みました!
アルミニップル使ってますし、後々フレトリするにもニップル緩めるしか方法が無い、
っていうくらいにテンション高めで~す。

赤いアルミニップルがカッコ良いと気に入っていただけたようで良かったです!

2018年シーズンも頑張ってください!


ついでにさり気なく、コソッと、ホイールに輪心ステッカーはっときました。
たま~に、ハブ胴体に輪心ステッカー貼ったりしますが、
中川サンのはリムサイドにしときました。

別に、、、

ダウンヒルの公式戦では、優勝者のバイクだけ表彰台の下に飾るのが慣例でして、
そのとき見える側がコッチだから、、、ぐふふ。

とか、コスいこと考えて貼ったわけではないです。

さり気なく貼っただけです。

中川サン、頑張ってください!
ぐふふ。

TCR ADVANCED PRO 1

2018年モデルのTCRアドバンスド・プロ1です。

フルカーボンフレーム、カーボンホイール、アルテグラコンポが付いて
定価¥340,000です。

カタログでは判りにくいですが、ツヤ有りのブラックに赤いロゴが入ってますね。
ツヤ有り、のブラックです。

写真の実車はお客様のオーダーでちょいちょい手を加えてあるため全体写真はお見せ出来ません。

PROグレードのカーボンフォーク、、、
乗り比べると(グレード下の)TCRアドバンスド2のカーボンフォークに比べてだいぶ硬く、
ハンドリングにしっかり感を感じさせてくれます。

でも、TCRアドバンスド2のハンドル持ち上げて地面にたたき落とすと
「ドスン!」
と重たげな音で衝撃を吸収してくれるんですが

TCRアドバンスド・プロ1のハンドル持ち上げて地面にタタき落とすと
「トトン!」
と、やたら軽快な音で衝撃を吸収してくれます。

この音だけを聞くとTCRアドバンスド・プロ1の方が乗り心地良さそうなんですが、、、
完成車として見るとなぜだかお安いTCRアドバンスド2の方が乗り心地だけは宜しかったりします。

ちなみに、アドバンスド・プロ1に装備されてるGIANT製カーボンホイール、、、
たま~にハズレが有ります。

たま~にハズレ引くとどうなるかと言いますと、、、

、、、ワタシの作業が増えるだけです。

2018年5月16日 | Category : 2018 GIANT | Author : ishida

TALON 3

ジャイアントの本格的マウンテンバイクん中で、一番入門用のモデルが

定価で¥67,000のTALON 3です。

このお値段で油圧式ディスクブレーキが付いてるんですからスゴい。

全体的なシルエットは①グレード下の、ATXと同じなんですが、、、

フレームのデザインも1コ下の、ATXとおなじなんですが、、、

フレームの溶接痕を見ると、溶接の丁寧さが全く違います。
↓はTALON 3のヘッド回りでとても丁寧な溶接です。

フロントサスペンションにはロックアウトが付いてます。

山で一番引っかけるリアディレイラー周りにはプラスチック製のカバーを巻いてます。
コレでコケても怖くない!

TCR SLR 2

ジャイアントのアルミ製ロードバイク中、トップグレードのアルミフレームに105コンポで組んだ完成車が
TCR SLR 2です。

定価は175,000円。
アルミフレームのロードバイクですが、、、7.9kgです。

ジャイアントという会社にとって、アルミフレームは特別なものなのです。

過去、ジャイアントはアルミフレームを量産する技術に磨きをかけ、
それを武器にアルミフレームの下請け会社として着実に力を付けてきました。

その成長過程で、油圧整形を用いた量産技術は世界トップクラスに、、、
それが縁でOCLVカーボンの技術を買い取ることになり、
現在のジャイアントはカーボンフレームにおいても量産技術を世界トップクラスにまで成長することが出来たのですから。

SLRは、ジャイアントのアイデンティティなのです。

あ、ペダルは別売りで~す。

旧型のSLRフレームは、溶接痕を研磨させて、より美しい外見をもっていましたが、
この新型SLRフレームは研磨する余裕が無いほどに薄く造られているため研磨されなくなりました。
別に手を抜いたわけではないんです。

SLRのカーボンフォークは、、、
TCRアドバンスド・プロ(34万の方)と同じものを採用しています。

ホイールはアルミ製チューブレスレディ対応です。

基本、2017年モデルと同グレードなアルミホイールなんですが、、、
実はスポークの本数が少なくなりました!

写真を取り忘れましたが後輪の方がヤバいです。

ふれとりしながらチェックしていくと、ちょっとスポーク減らし過ぎてるような、、、?!
ガンガン乗ってるとコケてないのにフレてくるんちゃいますかねえ、、、

ちなみにSLRに限らず、、、たまにBBんとこハズレなやつが有ります。
たまたまコイツが判り易く、フレームとBBとの間に隙間が有ったんで写真を撮りました。
↓左側はBBとアルミフレームがくっついてますが、
右側がわずかに隙間が有ります。見えやすいように地面に白い紙を置いてます。

この隙間をいちいちチェックするんがメンドいんで、
輪心では全てのプレスフィットBBはクランク外して圧入し直してま~す。

どっかのブランドが「カーボンキラー」とかヌカしてますけど、
あんな不抜けたアルミの刃じゃ、SLRは殺せませんヨ。

あ、でも不抜けた雑魚カーボンは殺せるか、、、